どーもです。

今日からはクリーブランドのウエッジ「RTX4」シリーズのレポをお届けします。「RTX4」シリーズ58度モデルはソールの削り方で4タイプがラインアップされています。「FULL」「MID」「LOW」「XLOW」の4タイプですが、昨日の宣言通り、せっかくなのでそれぞれ紹介したいと思います。レンジ試打なので、その差がわかりにくかったという事実もありますが、その中でボクが感じたそれぞれをレポしたいと思います。まずは、「FULL」からいっていましょう!

まずは4タイプのソールですが、左から「FULL」「MID」「LOW」「XLOW」です。その差は、一目瞭然ですよね!

まずは見た目から。

今回の「RTX4」ウエッジですが、基本的には先代「RTX3ブレード」ウエッジがベースになっているようです。ツルンとしたバックフェースは、気を引き締めてくれそう!

フェースは、小振りでした。先代に比較すると、ネック側の縦幅が確保されているように感じます。また、リーディングエッジのラウンドも、若干強くなっていたように思いました。

ソールですが、この「FULL」はプレーンなV字ソールでした。

ネックは、ストレート。こうしてみると、意外とバンス感はないですね! V字ソールの自然な感じだけでした。

構えてみると、こんな感じ。小顔ですね!! リーディングエッジのラウンド感があって、いかにも球を拾ってくれそうですね。なお、コンクリートの上で構えると、結構フェースが閉じたがる動きをしていました。

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの58度。スペックは、ロフト角58度、バンス角9度、ライ角64度、長さ35インチ、総重量477g、バランスD5。シャフトスペックは、重量119g、トルク1.2、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはしっかり重めでした。グリップもしっかり太め。でも、バランスD5というわりには、それほどヘッド重量を感じなかったんですよね。素振りしてみても、バランス的にはD2~D3感覚でした。また、総重量のわりには思った以上にシャープに振り抜けるイメージでした。

まずはフルショット。距離的には、ほぼボクのイメージ通り。バンスの跳ね感はなかったですね。マットの上ですが、「マルっ!!」とソールが滑ってくれる感覚でした。これなら芝でも抜けは良さそうですし、多少ダフッてもクラブがなんとかしてくれそうな雰囲気でした。ワイドソールですが、若干ラウンド気味なのと、バンスの関係が絶妙なイメージでしたね! スピン量を見る限り、重さからか、フルショットでは若干ダフり気味だったかもしれません。感覚的には、そんな感じはなかったんですけどね・・・(汗)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS26.2m/s、初速31.7m/s、打ち出し角32.2度、バックスピン量7847.7rpm、サイドスピン-1128.8rpm、飛距離82.3y

打感は、これまたカッツリ系(笑)昨日も書きましたが、ウエッジ特有だと思います。イメージ的には「弾き系」ですが、「カツッ!!」という感じでした。音もそんな感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

続いて50yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS23.6m/s、初速23.1m/s、打ち出し角31.1度、バックスピン量6335.0rpm、サイドスピン-423.2rpm、飛距離49.1y

最後に15yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS12.7m/s、初速12.5m/s、打ち出し角31.6度、バックスピン量3266.0rpm、サイドスピン-261.4rpm、飛距離15.5y

50yはボクがもっとも苦手とする距離ですが、この「RTX4」FULLでこの結果!! 若干引っ掛け気味ですが、悪くないですよね! 昨日の「RTX フォージドⅡ」と違ってストレートネックですが、やはり〝慣れ〟なのか、こっちのほうが安心感はありました。15yでも弾道がそろっていましたしね! ストレートネック育ちなので、安心感は断然「RTX4」かな。でもスピン量は「RTX FフォージドⅡ」とほぼ一緒でしたね。

今回は4モデルともマン開きのロブショットも打ってみました。その動画はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

「FULL」は開きやすいけど、若干ネック側のバンスがきついのかな・・・って感じちゃいましたが、この動画はダフっています、はい! でも、開いて打つエクスプロージョンショットにはよさそうですね。

今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低でもHS45~46m/sは欲しいモデルかと思います。まぁその辺はシャフトを変えればいいんですけどね! このソールは、やはりダフリ傾向がある方におすすめですね。最後にまとめますが、この4モデルでは最もダフリのミスに強いモデルだと思います。また、最もオールマイティであらゆるライに対応してくれそうなモデルにも感じました。この「RTX4」シリーズ自体は、基本性格的にはある程度操作性を意識したウエッジで、多才なショットやアプローチの具現化をしてくれるモデルでしょう。その中でもこの「FULL」が最も扱いやすさ、オールマイティさを意識したモデルだと思います。

<クリーブランド「RTX4(FULL)」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽スピン性能:9.5▽操作性:9▽抜けの良さ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄
■ロフトバリエーション(バンス角):48度(8度)、50度(10度)、52度(10度)、56度(FULL、MID=10度、LOW=8度)、58度(FULL、MID=9度、LOW=6度、XLOW=3度)、60度(9度)※48~52度、60度はMID
■シャフト(重量/トルク/調子):「ダイナミックゴールド」(S200=119g/1.2、X100=120g/1.9/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(X=110g/1.6、S=106g/1.7/中元調子)、「NSPRO950GH」(S=96g/2.0、R=93g/2.3/中調子)。
■価格:「ダイナミックゴールド」「NPRO950GH」装着モデル各1本1万5000円+税、「NSRO MODUS3 TOUR120」装着モデル各1本1万6000円+税。