どーもです。

クリーブランドのウエッジ「RTX4」シリーズですが、今日は「MID」を紹介しましょう。昨日紹介した「FULL」の後部3分の1をそのままトレーリングエッジとして削ったようなイメージが「MID」です。より接地面が少なくなるので、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識したソールでしょうね。では、早速いっていましょう!

念のため4タイプのソールは連日掲載しておきましょう。左から「FULL」「MID」「LOW」「XLOW」です。

まずは見た目から。

バックフェースは「FULL」とほぼ変わりませんが、ネック側にドットが2つ配置されています。ただし、ソール下部の後部のラウンドがより強くなっているように感じたのと、ミゾっぽく削られていました。

顔は小顔で、形状的には「FULL」と同じでした。

ソール幅は「FULL」と変わりませんが、「MID」は最も高いところが「FULL」よりもトレーリングエッジ側ですよね。

ネックは、ストレート。ソールの差が一目瞭然ですね! また、バックフェースにミゾが刻まれていますが、これは余剰重量をどこかに配置しているって感じかな!?

構えてみると、こんな感じ。感覚的には「FULL」と一緒です。なお、コンクリートの上でも構えても、ビタッと止まる感じで、座りがよかったです!

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの58度。スペックは、ロフト角58度、バンス角9度、ライ角64度、長さ35インチ、総重量477g、バランスD5。シャフトスペックは、重量119g、トルク1.2、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた感覚ですが、「FULL」同様重量的にはしっかり重めで、グリップもしっかり太め。また、バランスD5というわりには、それほどヘッド重量を感じませんでした。素振りしてみても、総重量のわりには思った以上にシャープに振り抜けるイメージでした。

まずはフルショット。レンジで試打する分には、正直その差をフルショットで感じることはできませんでした。弾道的にも、見た目ではほぼ変わりません。また、距離的にもほぼボクのイメージ通り。バンスの跳ね感も感じませんでした。ソールの抜け感もそれほど大きく変わった感じはありませんでしたが、強いていうなら「FULL」ほど「マルっ!!」とソールが滑ってくれる感覚はなかったと思います。それでも、多少ダフッたとしても、クラブがなんとかしてくれそうな雰囲気はありました。技も使いたいけど、ミスしたときにはある程度クラブにカバーして欲しいというゴルファー向けかな!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS24.9m/s、初速31.5m/s、打ち出し角33.4度、バックスピン量7674.9rpm、サイドスピン-1101.0rpm、飛距離81.5y

打感は、これもカッツリ系(笑) イメージ的には「弾き系」ですが、「カツッ!!」という感じでした。音もそんな感じ!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

続いて50yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS23.5m/s、初速22.9m/s、打ち出し角31.9度、バックスピン量6057.2rpm、サイドスピン-459.8rpm、飛距離48.8y

最後に15yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS12.4m/s、初速12.2m/s、打ち出し角30.7度、バックスピン量3138.3rpm、サイドスピン-342.1rpm、飛距離14.8y

50yが意外と打ちやすかったですね。若干打ち込む意識を持って打っても、抜けてくれるイメージでした。ただし、ボクの場合、打ち込むイメージだとダフる傾向もあるので、結果的にダウンブロー気味の打ち込んでも抜けると思った方がよさそうです。あっ、でも、多少ならダフッてもなんとかしてくれますので!!

マン開きのロブショットですが、弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

感覚的には「FULL」と同じかな。開いて打つ分には、「FULL」との差は感じませんでした。この動画はしっかりコンタクトしていますが、おそらくダフリ気味でもクラブがフォーローしてくれるでしょう。バンカーでのエクスプロージョンショットは、「FULL」と変わらず打てると思います。

今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低でもHS45~46m/sは欲しいモデルかと思います。途中に結論めいたことを書きましたが、結果としてダウンブローに打ち込んでも抜けてくれるウエッジでしょうね。ボクらアマチュアは、どうしてもスピンをかけようと思うと、「インパクトを強めに!」なんて思ってしまいますが、(もちろんそんなことはないんですけどね!)、それを意識してその通りに打てても、結果的にダフり気味でも、どちらでもクラブがカバーしてくれそうです。それから、とにかく座りがいいです!! ここ、意外と重要ポイントかもい!

<クリーブランド「RTX4(MID)」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽スピン性能:9.5▽操作性:9▽抜けの良さ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:軟鉄
■ロフトバリエーション(バンス角):48度(8度)、50度(10度)、52度(10度)、56度(FULL、MID=10度、LOW=8度)、58度(FULL、MID=9度、LOW=6度、XLOW=3度)、60度(9度)※48~52度、60度はMID
■シャフト(重量/トルク/調子):「ダイナミックゴールド」(S200=119g/1.2、X100=120g/1.9/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(X=110g/1.6、S=106g/1.7/中元調子)、「NSPRO950GH」(S=96g/2.0、R=93g/2.3/中調子)。
■価格:「ダイナミックゴールド」「NPRO950GH」装着モデル各1本1万5000円+税、「NSRO MODUS3 TOUR120」装着モデル各1本1万6000円+税。