どーもです。

クリーブランドのウエッジ「RTX4」シリーズですが、今日紹介するのは「LOW」です。「FULL」「MID」に比較すると、ソールが半月型に削られているが特徴ですね。トゥ・ヒールがしっかり設定されているので、フルショットはもちろん、グリーン周りでフェースを開いての寄せにも良さそうですね。では、早速いっていましょう!

念のため4タイプのソールは連日掲載しておきましょう。左から「FULL」「MID」「LOW」「XLOW」です。

まずは見た目から。

バックフェースですが、この「LOW」はネック側にドットが1つ配置されています。バックフェース下部のミゾですが、「MID」よりも幅が広くなっていました。

顔は、小顔です。形状的には、「FULL」「MID」と同じですね。

ソールですが、トゥ・ヒールはそのままにリーディングエッジ側が半月型に削られている感じです。

ネックは、ストレート。ソール下部の形状が「MID」とは別モノですね。また、ミゾの上部が落とされていますが、ソール下部の形状の差から推測するに、より低重心化を意識した結果かな思います。

構えてみると、こんな感じ。見た目的には「FULL」「MID」と一緒ですね。コンクリートの上で構えると、フェースは開こうとしました。

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド」S200フレックス装着モデルの58度。スペックは、ロフト角58度、バンス角6度、ライ角64度、長さ35インチ、総重量477g、バランスD5。シャフトスペックは、重量119g、トルク1.2、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはしっかり重めで、グリップもしっかり太め。この辺の感覚は、「FULL」「MID」と同じですね。

まずはフルショット。ん~、レンジ試打では、やはり大きな差を感じませんでした。弾道的にも、見た目ではほぼ変わりません。距離的にもほぼボクのイメージ通りですね。重箱の隅をつつくようですが、バンス感はありませんでした。ただボクの場合、現場ではちょいダフリ気味さえも感じていませんでしたが、データのスピン量を見る限り、多少ダフリ気味になっていたのかもしれませんね。58度で8000rpmに届かないのは、いくらなんでもですよね。ボクがヘタクソってことで許してやってください・・・(汗)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS25.4m/s、初速32.1m/s、打ち出し角33.2度、バックスピン量7577.0rpm、サイドスピン-1050.3rpm、飛距離83.7y

打感は、カッツリ系ですが、若干マイルド感もあったような・・・。とはいえ、基本的には「カツッ!!」という感じで、音もそんな感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

続いて50yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS23.2m/s、初速22.6m/s、打ち出し角32.8度、バックスピン量6258.9rpm、サイドスピン-359.6rpm、飛距離47.8y

最後に15yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS12.4m/s、初速12.2m/s、打ち出し角30.4度、バックスピン量3391.7rpm、サイドスピン-211.3rpm、飛距離14.4y

基本的に「RTX4」は操作性の高いモデルですが、このソールの削り方でよりその性格が強調されていたように感じました。フルショットでは感じませんが、50y、15yのコントロールショットになると、その差を体感します。かなり開きやすいので、ともすれば意識せぬままに開いていることもあります。操作性が高い分、その辺はしっかり意識する必要がありそうです。グリーン周りで多才なアプローチを具現化してくれるモデルですが、そこをしっかり意識できるレベルでないと、グリーン周りでけがもつきまといそうなソールでした。

マン開きのロブショットですが、弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

開きやすい分、開きすぎてしまう傾向もありそうです。まぁ、これもボクの技術的な問題なんですけどね・・・。でも、バンスが少ない分開いてもリーディングエッジの浮きを感じないので、いわゆる「歯にあたりそうな感じ」がないのはいいかもです。でも、トレーリングエッジがしっかり設定されているので、バンス替わりになり、バンカーではしっかりエクスプロージョンショットに寄与してくれそうな感じでした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低でHS45~46m/sは欲しいモデルですね。「FULL」「MID」「LOW」の3モデルの中では、もっとも操作性を意識したソールだと思います。構えた時も、フェースが開きたがります。特にグリーン周りの寄せでは、想像力あふれショットを具現化してくれそうです。ただし、その操作性が仇にならないレベルの人にとってはという限定要素も付帯しそうな気配は、プンプンに匂いました。

<クリーブランド「RTX4(LOW)」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽スピン性能:9.5▽操作性:10▽抜けの良さ:10▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:8
■ヘッド:軟鉄
■ロフトバリエーション(バンス角):48度(8度)、50度(10度)、52度(10度)、56度(FULL、MID=10度、LOW=8度)、58度(FULL、MID=9度、LOW=6度、XLOW=3度)、60度(9度)※48~52度、60度はMID
■シャフト(重量/トルク/調子):「ダイナミックゴールド」(S200=119g/1.2、X100=120g/1.9/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(X=110g/1.6、S=106g/1.7/中元調子)、「NSPRO950GH」(S=96g/2.0、R=93g/2.3/中調子)。
■価格:「ダイナミックゴールド」「NPRO950GH」装着モデル各1本1万5000円+税、「NSRO MODUS3 TOUR120」装着モデル各1本1万6000円+税。