どーもです。

今日は、昨年発表されたリョーマゴルフのニューアイアン「リョーマアイアン」を紹介しましょう。木村拓哉氏をイメージキャラクターにしたモデルとしても話題を集めていますが、その実力もすごかったです。マジで打ちやすかったです! というわけで、早速いってみましょう!!

まずは見た目から。

構造的には、いわゆるポケットキャビティアイアンです。が、そのポケットがかなり深いですね。さらに、トゥ・ヒールバックにウエートが振られているので、見た目からもミスヒットの寛容性の高さが想像できるモデルです。

フェースはミッドラージだと思いますが、ミッドラージの中でもやや大きめに感じました。若干、トゥ・ヒール方向に面長なイメージでした。

ソールはセミワイドですが、ツヤ消し部分のトレーリングエッジがしっかり設定されています。顔の大きさに対して、適当な幅だと思います。

ネックは、限りなくグースに近いセミグースといった感じ! ボディが唯一無二ですな~!! いかにも低深重心といった見た目でした。

構えてみると、こんな感じ。思った以上に顔が面長に感じるのと、トップブレードが厚めなので、安心感がありますね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD リョーマアイアン」SRフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角62.25度、長さ37.25インチ、総重量379g、バランスD1.5。シャフトスペックは、重量66g、トルク3.5、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽め。でも、グリップはいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、素直に中間がしなる感じでした。SRですが意外としっかり感があって、ごく一般的なSとほぼ変わらないイメージでした。素振りしてみると、バランスのわりにはヘッドを感じやすいイメージでしたね。

実際に打ってみると、まず驚いたのは、とにかくミスヒットの寛容性が高いことです。極端なことをいってしまえば、フェースに当たりさえすればあとはクラブがなんとかしてくれそうなイメージでした。特にフェース下部、ミゾの1本目当たりは普通のアイアンならトップになりそうなイメージですが、その辺に当たってもしっかり球を上げてくれました。しかも、飛距離的にもそれほど大きく変わらないって・・・。どんな仕組みなんでしょうね・・・!? とはいえ、いつもの感覚で打つと、若干スピン量が多めにも感じましたね。ダウンブローでしっかり打ち込めるタイプよりも、レベルブローの方がしっかり飛距離を出せるモデルのようにも感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.7m/s、初速50.9m/s、打ち出し角18.7度、バックスピン量3895.4rpm、サイドスピン-756.1rpm、飛距離172.5y
【ベスト】
HS40.3m/s、初速51.6m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量4118.7rpm、サイドスピン958.2rpm、飛距離176.0y

打感は、マイルド系。ボールのつぶれ感満載で、ムニュっとした感じです。さすがにフェースの下の方に当たるとムニュまではいきませんが、それでも他のアイアンに比べるとかなり柔らかいと思います。音も違和感のない、中音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、文句なしの高弾道ですね。とにかく、しっかり球が上がります!! この辺はさすがですね。見た目の期待通りです。が、スピン量が多めですね。ボクの打ち方の問題なのか、シャフトの影響なのか、原因は1つに特定できませんが、29度でこのスピン量はちょっと多めかなと。でも、弾道を見る限り、吹け上がり系には見えなかったんですけどね~!

出球傾向は、ボクのスイングで、軽いドロー系。基本的に直進性が高いモデルにも感じますが、いかんせん頑固な腐れフッカーですので・・・(汗)

シャフト挙動と振り感ですが、今回SRにしたのは、前回Sを打って若干ハードに感じた部分があったからです。SRですが、Sと表記してもいいかなという感覚もありましたが、実際に打ってみると結構しなり感を感じました。挙動的には素直に中間がしなる感じで、しなり戻りもクイックなイメージでした。シャープに振り抜けるモデルだと思いますが、SRだと若干ヘッドが走るようなイメージがあったのも事実です。しっかりウォームアップしてから打つなら、Sでもいいのかなとは感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメですが、総重量的にやや軽めなのが気になるところですかね。少なくともSRフレックスは、ダウンブローに打つ込めるヒッタータイプよりも、レベルブロー向けに感じました。とにかく、打ちやすいです!! 前記通り、フェースにさえ当たれば、あとはクラブがなんとかしてくれそうなイメージです。おそらく、ボクには想像もつかないテクノロジーが盛り込まれた結果だと思いますが、こだわりが強いリョーマゴルフが、満を持して世に送り出したアイアンだけあって、ボクの想像を上回る打ちやすさでした。1度試打してほしいモデルです!

<リョーマゴルフ「リョーマアイアン」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8.5▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール+高比重17タングステン、フェース=チタン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーADリョーマアイアン」(S=92g/2.5、SR=66g/3.5、R=57g/3.7、R2=51g/4.5、L=39g/5.0/中調子)
■価格:7本(#6~PW、AW、SW))セット21万6000円+税、5本(#6~PW)セット18万円+税、単品(#5~PW)各1本3 万6000円+税、(AW、SW)各1本2万8000円+税。