どーもです。

マジェスティゴルフ「マジェスティ プレステジオ10」シリーズですが、今日紹介するのはUTです。昨日は同社独自コンセプトモデルのユーティリティフェアウエーウッド(UF)を紹介しましたが、今日はUTを紹介します。実はこのUT、なぜかボクには今ひとつ合わないというか、今日まで紹介してきたウッド系と若干趣が違うような印象がありました。それが何かはいまひとつハッキリしていませんが、その辺も含めレポします。

まずは見た目から。

ソールはこのUTもゴールドですね! そして形状的には、UFとほぼ同じように見えました。

フェースですが、UFに比較すると確実にディープです。一般的なUTの中でも、セミディープに位置づけできると思います。また、ミーリング部分は、UF同様ツヤ消しになっていました。

ボディは、UFよりもディープかつコンパクトとなっていました。そのせいか、若干ハイバックにも見えました。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの形状とグースネックに見えるフェースの切り方はUF同様ですね。でも、UFで感じなかったフェースのバルジ(トゥ・ヒール方向の曲面)がより強くなっていたように感じました。構えての第一印象が、「ん!? バルジ、キツいな~!」でした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「マジェスティLV730 for U」Sフレックス装着モデルの5UT。スペックは、ロフト角22度、ライ角58.5度、長さ39インチ、総重量329g、バランスD1。ヘッド体積123cm3。シャフトスペックは、重量45g、トルク4.9、全体しなり。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には軽めですね。でもグリップはまずまずの太さで、この辺は昨日までに紹介したウッド系とほぼ同じイメージでした。シャフトを手でしならせてみると、このUTは他のウッド系に比べると気持ちしっかり感があるようなイメージでした。もちろん、長さが短いという問題もあるかもしれませんね。しなりポイントは、このUTも中間でした。素振りしてみた印象は、素直に振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、弾道的の見た目も、スカイトラックのデータ的にも申し分ない結果ではありますが、なぜかしっくりこない印象でした。構えたときの見た目のところで「バルジ」が写真以上にきつく、若干気になると書きましたが、その辺の影響なのかなぁ・・・。出球的にも自然なドローですし、弾道的にも、データ的にも文句なしの結果ではありますが、なぜか違和感というか、しっくりこない印象でした。見た目がメンタルに及ぼす影響なのでしょうか・・・。結果だけを受け入れれば、オートマチックに打ちやすいモデルだし、飛距離的にもロフトを考えれば、ボクのイメージ通りをしっかり打てるモデルでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.9m/s、初速56.8m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量4304.4rpm、サイドスピン-474.1rpm、飛距離198.4y
【ベスト】
HS40.1m/s、初速55.9m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量3109.8rpm、サイドスピン-723.5rpm、飛距離205.3y

打感は、弾き系。昨日紹介したUF同様やや硬さを伴う弾き感でした。音も甲高いけど、金属音は一切ありませんでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、文句なしの高弾道です。クラブがしっかり球を上げてくれるので、プレーヤーは振り切ることさえ意識すれば、後はクラブが仕事をしてくれるイメージでした。スピン量は、これまでのウッド系のイメージからすると、やや多めにも感じましたが、まぁ、許容範囲でしょうね。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。バルジの見た目がキツい印象のわりには、トゥ・ヒールヒットでも曲がりが少なかったです。

シャフト挙動と振り感ですが、このUTも素直に中間がしなるイメージでした。長さの影響からか、UFよりはしっかり感が増していたイメージもありましたが、そのわりにはスピン量が気持ち多めにも感じました。しっかり感を感じたために体が無意識に反応したのかな!? 振り感自体はシャープに振り切れるイメージでしたが、いかんせん得体の知れぬ違和感が・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメですかね。まぁ、実際には±2~3m/sは充分に使えると思います。性格的には、オートマチック系UTで間違いないと思いますが、個人的にはなんかしっくりこない印象で、原稿を書くに当あたっていろいろ考えてみても、その正体がつかめないままでした。ただ1つ、パッと構えた瞬間に「バルジ、キツいな~」と思ったのは確かです。でも、それだけなら他のUTでも過去に経験がありますからね~。結果には満足しつつも、なんか正体不明の違和感が残る試打になりました。

<マジェスティゴルフ「マジェスティ プレステジオ10」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7.5▽上がりやすさ:8.5▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=カスタム450+タングステンウエート、フェース=TSP950チタン
■ロフトバリエーション:5UT=22度、6U5=25度、7UT=28度
■シャフト(重量/トルク/調子):「マジェスティLV730 for U」(S=45g/4.9、SR=43g/4.9、R=41g/4.9、R2=34g/5.0/全体しなり)
■価格:1本9万5000円+税