どーもです。

千葉・野田市パブリックゴルフ場けやきコースでの打ち初めラウンドレポートの後編をお届けします。前半は素ダボスタートながらバーディも来て「41」。パットはなんと12パットと、なんかいい感じでしたが、果たしてこのまま好調を維持できるのか? というわけで早速いっていましょう。

とその前にいつもならランチ紹介ですが、な、なんと写真を撮り忘れました・・・(汗) なんか、最近必ずなにか忘れるんですよね・・・。50歳と半世紀を迎えましたが、なんか劣化がヒドイっすね。で、この日は年甲斐もなく「豚しょうが焼き&唐揚げ」というガッツリメニューを頂きました。

後半は結構風が強くなっていました。

1番は517y、左ドッグレッグのロング(右グリーン)。

風はアゲで、左OB右1ペナです。G30ティショットはもう打ち出しから右で、隣のホールのティグラウンド前でした。はい、1ペナです。で、1ペナゾーンから2クラブレングスにドロップしても林の中ですが、なんとか出せました。

4打目残り224y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン周り、上は歩測距離)X HOT 3Wショットは、プッシュアウトで再び1ペナ。残り48y地点にドロップで6打目でやっとピン奥7yにやっとオン。2パットでトリプルボギーでした。

2番は271yミドル(右グリーン)。

風はアゲで、左はずっとOB。G30ティショットは、またもやプッシュアウトで右の林。残り100yですが狙えないので、#6で1度脱出。68y58度ショットはバンカー。このバンカーショットは出ただけ。ピンまで9yパター#9転がしも軽くダフってショート。4yを2パットで素ダボ。

なんか、ヤバイ・・・!!

3番は156yショート(右グリーン)。

風は右から左。#6ショットは当たりが薄かったけど、おかげでピン手前4yにオン。しっかり当たっていたら・・・!! 2パットで無事パーセーブ。

4番は283yミドル(右グリーン)。

風は左から右。ロマロUTショットはまずまずでFWキープ。

残り53y58度ショットはピン奥5y。下りでかなりスライスしそうなラインをふくらませすぎて2yオーバー。返しも沈められず、3パットでボギー。これ、痛いかも!!

5番は185yショート。ここは1グリーンでした。

風はフォロー。#5ティショットは、腐れフックでOB!! 打ち直しはピン奥12yにオン。3パットでトリプルボギーっす・・・(涙)

6番は303y、左ドッグレッグのミドル。

風はなぜか感じませんでした。ロマロUTティショットはいい感じでしたが、行ってみるとこんな感じ。

もっと左を狙わなければいけなかったのねぇ~。残り117y#6で低く出した球はグリーン手前のバンカー。しかもかなり縁によっていました。ピンまで11yバンカーショットは打ちすぎでグリーンオーバー。思ったよりも砂が少なかったっす。で、奥からピンまで18y#9転がし寄せがピンに絡んでくれて、1パットのボギー。

7番は435y、ストレートなロング(右グリーン)。

風はアゲ。G30ティショットはいい感じでFWキープ。

残り203yX HOT 5Wショットは当たりが薄かったわ~。残り38yは58度を開いてログショットを選択もショート。ピンまで11y#9転がし寄せも4yショート。2パットでボギーでした。

8番は248yと距離が短いミドル(左グリーン)。

風は左から右。スコアを崩していたということもあって、ここはG30で1オン狙い。結果は・・・

グリーンオーバー・・・

こういう時に限って、いい当たりなんですよね・・・。ピンまで26y52度寄せは、下の土が軟らかくてショート。ピンまで9y#9転がし寄せは2yでしたが、結局2パットでボギー。

9番は153y。ここも1グリーンになっていました。

風はややアゲ。#7ティショットはまずまずの当たり右4yのバーディチャンス。ですが結局打ち切れず、2パットのパーでした。

後半のアウトコースはショートホールが3つという変則のパー35で、結局バーストしてしまい12オーバーの「47」。パットも19パットと、前半「あれ、ピンを立てたままの方がいいのかな?」なんて思っていたのが、勘違いだったと認めざるを得ない結果となりました。とはいえ、トータル「88」の31パットは、ボクとしては、90切りの最低限はクリアできたかなって・・・

コース的には、距離が短い分どのホールも左右にOBか1ペナが絡むので、距離よりもショットの正確性を優先すればスコアは出せるかもしれません。あとは、見た目にも狭く見えるような木のレイアウトだったりが、結構プレシャーにもなりました。また、グリーンが小さいです!! 昔ながらの2グリーンなので小さめですが、大きすぎる1グリーンよりはいいかも・・・とか思ったりして!!

今回、旗竿を抜かずにパッティングしてみましたが、確かにプレーファストにはつながりそうですね。それは実感できました。個人的には苦手だった1mから50cmあたりのショートパットですが、ピンが立っていたほうが、ボクは気持ち的には安心感があったように感じました。ボクは、カップの向こう側に当てて入れるような強気なパットができません。ジャストタッチで流し込むようなイメージのパッティングで、ピンに当てるつもりでも1発も当たりませんでしたし(笑) 前後半であまりにも違いすぎるので、現段階ではどちらがいいのかの判断は難しいですが、今回ラウンドした限りでは、ボクは旗竿を抜かなくていいメリットはプレーファスト面、パッティング面の双方でメリットがあったように感じました。