どーもです。

ピンの新製品発表会で、「G410」シリーズが発表されました。前作「G400」を購入しようと思いましたが、ボクには若干スピン量が多めだったので購入には至りませんでした。紆余曲折を経て、現在もエースドライバーは「G30」となんだかんだで、もうかなり前のモデルになっていますが、果たして新作はどんなシリーズに仕上がっているでしょうか? 軽くですが、紹介しましょう。

「G410」シリーズのラインアップですが、この日発表されたのは「G410 PLUS」「同SFT」の2種類のドライバーに加え、「STD」「SFT」「LST」と3種類のFW、UTは(ピンはハイブリッドですね)ウッド型ハイブリッドとアイアン型ハイブリッド「クロスオーバー」の2種類とアイアンで1モデルとなっていました。

前作「G400」でラインアップされていたドライバーの「LST」は、どうやら間に合わなかったようで、後日追加発表されるとのことでした。

まずは「G410」ドライバーですが、「G410 PLUS」の大きな変更点はソール後部のウエート位置で、重心距離が変えられるモデルに進化したということです。ちなみに、ウエートポジションは「STD」「DRAW」「FADE」の3カ所でした。

また、9000g・cm3超の超高慣性モーメントモデルとなり、〝ブレずに飛ばす〟がコンセプトのようです。ヘッド体積は455cm3になっていました。ソールはこんな感じで、

フェース

クラウンはこんな感じでした。タービュレーターの形状が変わっていますよね!! 空気抵抗も見直されたようです。

カットモデルはこんな感じでした。サウンドリブも確認できますね!!

続いて「G410 SFT」ですが、見た目的には「G410 PLUS」とほぼ変わりませんが、ウエートはネック側に固定されていました。ちなみに、「G410 PLUS」の「DRAW」ポジションよりも「G410 SFT」のほうがつかまりがいいそうです。フェース

クラウンはこんな感じでした。

「G410 PLUS」の「STD」ポジションを「TENSEI CK Pro Orange 60」Sで数球打ちましたが、データ的にはスピン量が若干多めでした。もちろんボクの打ち方の問題もあると思いますが、データを見る限り弾道的にはドロー系で、バラケはなかったのですが、スピン量が3球平均で約3400rpmと多めなのはちょっと気になるところですかね。しかもこのシャフトでとなると・・・。そうそう、打音は「G400」に比較すると、やや低くなっていて、落ち着いた感じだったかな。発表会試打会場だけでの判断はまだ速いと思いますが、第一印象的にはそんな感じでした。

続いてFWですが「STD」がこんな感じ

こちらが「SFT」

最後は「LST」です。

お気付きの方も多いと思いますが、「ストレッチ3」が「LST」と変更なっていました。

UT(米メーカーのピンの呼称は「ハイブリッド」)はウッド型がこんな感じで

アイアン型のクロスオーバーはこんな感じ。アイアン型はかなり小顔化されていて、ボッテリ感がなくなっていたように感じました。もともと中上級者向けでしょうが、よりシビアさを感じさせる見た目になったような気もします。でも、イメージ的にはかなり抜けが良くなったような印象でした!! 個人的には、ちょっと興味ありだったりします!!

最後はアイアンですが、バックフェースにドーンと存在感が強かった「コアアイ」テクノロジーを象徴する丸型がなくなっていました。ですが、同技術を捨てたわけではなく、キッチリ進化させているようです。同社発表によれば、「G400対比12%のたわみが増えている」とのことでした。

フェース

クラウンはこんな感じ。ピンらしいグースですが、それでも若干オフセット度は減っているようです。ボクにはわかりませんが・・・(汗)

カットモデルを見る限りでは、かなりディープアンダーカットモデルなのと、コアアイテクノロジーの進化を確認できますね!!

アイアンも打ってみましたが、打感がいい感じでした!! 試打シャフトはスチールシャフトでしたが、何だったか忘れてしまいました。で、結果は持ち球の腐れフック連発でした・・・(汗) でも、感覚的には悪くないイメージでしたね!

試打クラブを手配でき次第で、レポートします!! 若干時間がかかってしまう可能性もありますが、気長にお待ちいただけるとうれしいです。

<ピン「G410」シリーズ>
◎ドライバー ※「G410 PLUS」「同SFT」共通
■シャフトラインアップ:「ALTA J CB RED」「PING TOUR 173-65」「同173-75」「ALTA DISTANCE」「The ATTAS」「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」「TENSEI CK Pro Orange」
■価格:「ALTA J CB RED」「PING TOUR 173-65」「同173-75」「ALTA DISTANCE」装着モデル各1本6万9000円+税、「The ATTAS」「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」装着モデル各1本8万1000円+税、「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本8万4000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日
◎FW
■ロフトバリエーション:(STD)3W=14.5度、5W=17.5度、7W=20.5度、9W=23.5度 (SFT)3W=16度、5W=19度、7W=22度 (LST)3W=14.5度
■シャフトラインアップ:「ALTA J CB RED」「PING TOUR 173-65」「同173-75」「ALTA DISTANCE」「The ATTAS」「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」「TENSEI CK Pro Orange」※全て共通
■価格:「ALTA J CB RED」「PING TOUR 173-65」「同173-75」「ALTA DISTANCE」装着モデル各1本4万2000円+税、「The ATTAS」「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」装着モデル各1本5万4000円+税、「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本5万7000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日
◎UT
※HB
■ロフトバリエーション:2U=17度、3U=19度、4U=22度、5U=26度、6U=30度
■シャフトラインアップ:カーボンシャフト「ALTA J CB RED」「PING FUBUKI」「PING TOUR 173-85」。スチールシャフト「AWT2.0 LITE」「NSPRO ZELOS 6」「同7」「NSPRO950GH」「NSPRO MODUS3 TOUR105」「同120」「ダイナミックゴールド」
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万6000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本3万2000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日
※クロスオーバー
■ロフトバリエーション:2U=17度、3U=20度、4U=23度
■シャフトラインアップ:カーボンシャフト「ALTA J CB RED」「PING FUBUKI」「PING TOUR 173-85」。スチールシャフト「AWT2.0 LITE」「NSPRO ZELOS 6」「同7」「NSPRO950GH」「NSPRO MODUS3 TOUR105」「同120」「ダイナミックゴールド」
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万3000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本2万9000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日
◎アイアン
■シャフトラインアップ:カーボンシャフト「ALTA J CB RED」「PING FUBUKI」「PING TOUR 173-85」。スチールシャフト「AWT2.0 LITE」「NSPRO ZELOS 6」「同7」「NSPRO950GH」「NSPRO MODUS3 TOUR105」「同120」「ダイナミックゴールド」
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本2万1000円+税、スチールシャフト装着モデル各1本1万8000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日