どーもです。

ミズノの新製品「ミズノプロ」シリーズのウッド系ですが、今日はFWを紹介しましょう。このFW、見た目的にはソール後部にミゾがかなり特徴的でした。おそらくフェース下部に当たっても高い打ち出し角を実現するためだと思いますが、予想通りなのかも含めてレポしたいと思います。では、いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、昨日紹介したドライバーと同様ですね。ですが、「モデルS」のようなディープ系ではなく、もう1つの「モデルE」のイメージかな。

フェースは「モデルS」のイメージからすればシャローですが、一般的なFW的にはややディープ気味にも感じました。

ボディはかなり特殊!! ソールはフラットですが、クラウンはこんもりしています。そして、実はストレッチバック系でした。これは「モデルS」よりも「モデルE」を意識したのかもしれませんね。

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。クラウンの投影面積自体は小さめにも感じましたが、ボディを見る限りストレッチバックなんですよね。これ、不思議でした!! 

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD GM-1 F」SRフレックス装着モデルの3W。スペックは、デフォルト値の15度、ライ角未発表、長さ42.75インチ、総重量317g、バランスD2。ヘッド体積195cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク5.1、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ったみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。ですが、今のモデルなら標準的ですかね。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバーと同じくSRですが、ドライバーほどしなる感じはなく、気持ちしっかり感のあるイメージでした。しなりポイントもドライバーのような中間より先ではなく、ちょうど真ん中あたりがしなりポイントでした。素振りしてみると、総重量的な軽さはありますが、まずまずの振り心地でした。

実際に打ってみると、イメージ通りというか、イメージ以上の高弾道でした。下目に当たっても高さを確保してくれるのは、僕らアマチュアゴルファーにとっては何よりもうれしいですね。特に直打ちでも使うFWですからね。例えミスヒットしてもしっかりクラブが球を上げてくれる安心感があるのは、実戦でもメンタル的にいい影響だと思います。そういう意味では、かなり実戦を意識したモデルかなとも感じました。そしてなにより、このFWもスピン量が少ないんです!! ロフト角15度で約3000rpmはかなりのロースピンモデルです! 吹け上がりに悩んでいるかたは、ぜひ1度お試しください!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.1m/s、初速58.3m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量2916.3rpm、サイドスピン-626.2rpm、飛距離225.1y
【ベスト】
HS40.0m/s、初速58.2m/s、打ち出し角19.3度、バックスピン量2696.3rpm、サイドスピン-668.0rpmm、飛距離226.9y

打感は、弾き系。カッチリ感のある弾き系でした。チタンっぽくないと思って素材を確認すると、マレージングでした。納得です!! 音はやや高めかな!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、文句なしの高弾道!! ティアップしていますが、直打ちでもガッツリ球を上げてくれました。前述していますが、とにかくスピン量が少ないんですよね!! もう空気を切り裂いて、グングン前に行く感じでした!

出球傾向ですが、ボクのスイングで、軽いドロー系。動画は若干トゥ側に当たっているのでいつも通りの右に打ち出してからのドローになっていますが、まぁ、これがボクにはイメージ通りなんですけどね(汗) 10数球打ちましたが、ボク的にはほぼストレートと言える、直進性の強いモデルでした。

シャフトフィーリングは、ドライバーと違って素直に中間がしなる中調子系のイメージでした。イメージ的には、弾き感のある振り心地かな。総重量が軽いせいか、ボクの場合、切り返しで力んでしまう傾向があって、その分HSがいつもよりも低めですが、シャフト的にはいわゆる払い打ち系にオススメのシャフトかもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。特筆点は2つ。高い打ち出し角と低スピンです。これはソール後部のあの青いミゾに秘密があると、ボクは思っています。ミズノのテクノロジーをしっかり感じられるFW。それがこの「ミズノプロ」FWだと思います。このスペックでこれだけの弾道を得られるのであれば、総重量的な軽さはありますが、いわゆるハードヒッターでもこのままで使えそうなイメージです。この日のボクの状態のせいでデータ的にはいまひとつですが、実際のラウンド時以上の結果は出ていました。いわゆる〝ぶっ飛び〟系ではありませんが、ミズノらしい堅実なモデルだと思いました。

<ミズノ「ミズノプロ」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:7.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(SUS630)、フェース=高強度マレージング(NSSHT1770M)、ウエート=ステンレススチール(SUS304)、アルミニウム合金(AL6061)
■ロフトバリエーション:3TS=13~17度、3W=13~17度、5W=16~20度、7W=19~23度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD GM-1 F」(S=58g、SR=56g、R=54g/5.1/中調子)。
■価格:1本3万8000円+税。
■発売予定日:2019年2月22日