どーもです。

ミズノ新製品「ミズノプロ」のウッド系ですが、今日紹介するのはUTです。このUTもソール後部のミゾがかなり深くて特徴ですが、昨日紹介したFW同様の結果を期待しますよね。しかもこのUTは直打ちです。どんな結果になるのでしょうか。さっそく、レポしてみましょう!

まずは見た目から。

フェース下部のすぐ後ろにガッツリ刻まれたミゾが、かなり特徴的ですね!! ヘッドの形状的には、トゥ側にボリュームがある今風の形状でした。

フェースは、セミディープ系だと思います。トップライン中央部がこんもり盛り上がった感じも特徴的ですね。

ボディですが、かなり特殊!! ミゾがずごくないですか!? これは唯一無二。今までに見たことの無い形状でした!

後ろ姿です。

構えてみると、こんな感じ。結構シビアそうな見た目かなって・・・(汗)

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD GM-1 U」SRフレックス装着モデルの4U。スペックは、デフォルト値の22度、ライ角未発表、長さ39.25インチ、総重量348g、バランスD2。ヘッド体積105cm3。シャフトスペックは、重量63g、トルク3.8、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽め。総重量よりも軽さを感じたのはなぜなんでしょうか? 寒いと重く感じそうですけど…。グリップはやや細め。「ミズノプロ」シリーズのウッド系は総じて、やや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバーと同じSRでも結構しっかり感がある感じでした。しなりポイントは、FW同様ちょうど真ん中あたり。素振りしてみると、まぁ、総じて軽めな分ボクの場合、切り返しで力みそうなイメージはありますが、シャープに振れそうなイメージでした。

実際に打ってみると、打ち出し角的にはまずまずでした。でも、正直思っていたイメージほどでなかったです。FWがかなりの高弾道だったので、勝手にそのイメージを持ってしまい、ボクの中でハードルが高くなっていた分、普通に高弾道ですが、イメージとしては「あれっ!?」となってしまったのは確かです。また、UTらしく、かなりつかまりの良いモデルでしたね。腐れフッカーのボクには、ちょっとつかまりすぎのイメージだったのも事実です。ドライバー、FWが直進性の高さがあった分、UTへの期待も勝手に上がっていましたが、そのイメージは勝手なものでした。そういう意味ではドライバー、FWとはイメージが違うのは気になるところですが、UT単体で見た場合、かなりつかまりがいい、UTらしいUTだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.6m/s、初速54.5m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量3526.3rpm、サイドスピン-703.6rpm、飛距離191.0y
【ベスト】
HS37.7m/s、初速54.6m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量3359.5rpm、サイドスピン-532.3rpmm、飛距離194.3y

打感は、弾き系。FW同様の弾き感に「もしかして!?」と思ったら、やはり素材はマレージングでした!! 音もかなりFWに似たやや高めの音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、十分高弾道と言えるでしょう。スピン量的には、ロフト角に対して適量だと思います。ドライバーやFWほどロースピンではなかったです。

出球傾向ですが、ボクのスイングで、結構強めのドロー系。それでもフックと言わないのがボクです(笑) ヘッドも小さめなので、かなりつかまりの良いモデルだと思います。

シャフトフィーリングですが、素直に中間がしなる中調子系の挙動だと思います。どんなスイングでも対応してくれるフトコロの深さのあるモデルですが、その分スイング傾向がしっかり出球に反映される部分もあると思います。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメかな。ドライバー&FWの直進性の高さを鑑みると、若干このUTだけ性格が違って、いわゆるつかりが良い、UTらしいUTのイメージでした。とはいえ、190~195yをこれだけラクに打てるのはうれしいですね。「ミズノプロ」ウッド系でそろえる場合、ボク的には若干この性格の違いが気にあるところではありますが、フェード系を持ち球とするプレーヤーが単品で仕込むのもありなモデルだと思います。個人的にはシャフトを「NSPRO950GH」あたりで試してみたいモデルでもあります。UTらしい個性を発揮したモデルでした。

<ミズノ「ミズノプロ」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(SUS630)、フェース=高強度マレージング(NSSHT1770M)、ウエート=ステンレススチール(SUS304)、アルミニウム合金(AL6061)
■ロフトバリエーション:3U=17~21度、4U=20~24度、5U=23~27度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「ツアーAD GM-1 U」(S=65g、SR=63g、R=61g/3.8/中調子)。
■価格:1本3万5000円+税。
■発売予定日;2019年2月22日