どーもです。

今日紹介するのはテーラーメイド「M6」シリーズのFWです。このFWも、マジぶっ飛び!! 試打日はちょっとだけ温かかった日ですが、それだけでこんなに飛ぶとは思えません。これは、クラブの性能でしょうね!! ここまでハッキリその飛びを実感できるモデルも、少ないと思います。驚愕のぶっ飛びFWを紹介しましょう!

まずは見た目から。

ソールデザインですが、基本的には「M6」ドライバーを踏襲した感じ。「M5」FWのような可変ウエートはありません。先代「M4」FWとも全くの別モノで、基本コンセプトの見直しがあったことを想像させられました。

フェースはちょうどいい感じの大きさですが、意外にも「M5」FWよりもややディープで、その分有効打点距離が長めに感じました。もちろん、「ツイストフェース」搭載です!! 

ボディは、意外にもシャロー系です。「M5」FWもそうでしたが、「M5」FWに比べると気持ち丸みを帯びた形状に感じました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ヘッド体積が「M5」FWに対して大きい分、クラウンの投影面積も大きめでした。これくらいの大きさがあれば、ボクには安心かもありました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUBUKI TM5 2019」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角57度、長さ43.25インチ、総重量314g、バランスD2.5。ヘッド体積184cm3。シャフトフレックスは、重量50g、トルク4.6、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めでした。グリップも気持ち、細めでしたね。シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様やはり全体的にしなやかです。手元のゆったり感もありますが、それはドライバーほどではなかったように感じました。素振りフィーリングは、なんかシャフトがしなやかにしなるイメージでした。

実際に打ってみると、まぁ、まずその弾道にビックリ!! 「なんじゃこの強弾道ぶりは!?」でした。ちょっとしたドライバーと変わらないイメージでした。スカイトラックでデータを確認してみても、ちょっとしたドライバー並みに飛距離です。ドライバー並みのHSを記録しているのにビックリですし、これはタイミング的にボクのスイングにこのマッチングが合っているという証拠でしょうね。これは、暗に「そろそろFW、変えた方がいいんじゃないの?」というメッセージにも聞こえたりしますが・・・w 最近のFWの進化振りには、目を見張るモノがありますね。もうドライバー替わりにFWを入れて、その分ウエッジを増やすなんてセッティングになる日も、そう遠くはないのかな・・・なんて、改めて思ってしまいました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.2m/s、初速62.2m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量2189.0rpm、サイドスピン-647.8rpm、飛距離242.7y
【ベスト】
HS42.2m/s、初速62.9m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量2114.5rpm、サイドスピン-789.0rpm、飛距離245.5y

打感はソリッド系ですが、ドライバー同様ややマイルド感強め。音も、ドライバー同様、サスティンが短めで小気味のよい中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、これまた文句無しの高弾道です!! ガッツリ球を上げてくれますし、ある程度球をつかまえてくれます。いずれも「M5」ほどシビアさは感じませんが、これはシャフトとの相性もあるかもしれません。

出球傾向ですが、ボクのスイングでイメージ通りのハイドロー系。これ、マジ、ボクの理想的な弾道です。ちょっと右に打ち出して戻ってくるのは、ボクのイメージ通りでした。

シャフトフィーリングですが、しなり方はドライバーと同じイメージ。全体的にしなやかなしなりで、「M5」FWに比較すると手元がしなやかですね。でも、クセがなくしなるイメージで、切り返しからインパクトにかけてのしなやかさとしなり戻りの速さが印象的でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメですね。ドライバーの飛距離から考えみると、いかにこのFWがぶっ飛び系なのかが実感できると思います。「M5」FWに比較すると、オートマチック感が強いことを実感できるでしょう。また、確実にいえるのは「スピン量が安定している」ということ。これは操作性に関わることかもしれませんが、「M5」FWは打ち方によって約2600rpmもあれば約3300rpmもありました。でも、「M6」FWは約2000~2300rpmと、スイングが安定しないボクレベルでもスピン量が安定していました。いっても約2600rpmですから、これはもうちょっとしたドライバー並みのスピン量ですよね! 「M6」ドライバー同様、使い手を選ばない受け入れ間口の広いモデルだと思います。

<テーラーメイド「M6」FW>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=450ステンレスチール、クラウン=グラファイト・コンポジット、フェース=455ステンレススチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI TM5 2019」(S=50g/4.6、SR=48g/5.0、R=46g/5.2/中調子)。「VR-6」(S=65g/3.2/中調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」(S=66g/3.7/先中調子)。「Diamana DF60」(S=64g/3.8/中元調子)。
■価格:「FUBUKI TM5 2019」装着モデル各1本3万8000円+税。「VR-6」「Speeder661 EVOLUTIONⅤ」「Diamana DF60」装着モデル各1本5万7000円+税。