どーもです。

本間ゴルフのニューモデル「TW747」シリーズで、唯一の試打できなかったモデル「455」ドライバーを試打できました。 「TW747 460」ドライバーと同じロフトかつ同じシャフトの試打にしましたが、試打時期がずれたことに加え、「スカイトラック」の飛距離設定が変わっていたこともあり、今回単純に飛距離では比較できませんが、飛距離以外の数値とフィーリング面は比較できるので、可能な限りお伝えしたいと思います。では、いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインはほぼ同じですが、ウエートに位置が全く違いました。「460」がソール中央の前後に配置されていたのに対し、「455」はなんとトゥ側のソール後部。ここにウエートを配置しているモデルって、あまり記憶にないかも・・・

フェースはセミディープですね。ボクには「460」とほぼ同じような形状に見えました。

ですが、ボディは別モノ!! 「460」はシャローバックでしたが、「455」はセミディープ系で、ある程度ボディの厚みが確保されたモデルになっていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ん~、「460」とほぼ同じ大きさに見えるんですよね~。同じタイミングでの比較ではないのがなんですが、ボクの記憶と写真を見る限りはそれほど大差ないと思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「VIZARD FP-6」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、 長さ45.25インチ、総重量317.5g、D2.5。ヘッド体積455cm3。シャフトスペックは、重量64.5g、トルク4.0、手元調子。試打ポジションは、「TW747 460」同様の「FL」です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールでした。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはいい感じ。でも、なぜかグリップが太めに感じました。「TW747 460」はいい感じの太さと書いていますが、今回はなぜか、結構太めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、それほどしなりません。気温もありますが、かなり硬めでした。素振りしても、手元の重量感があって、素振り程度ではあまりしなり感を感じませんでした。

実際に打ってみると、ん~、今のボクにはかなりハードに感じるモデルでした。「TW747 460」も「叩く必要のあるモデル」としていますが、「455」も同じようなイメージでした。また、これは意外でしたが、ヘッドが小さめのこの「455」のほうがなぜかつかまらないというか・・・。プッシュアウトからのフェード、もしくはスライスを連発しました。気温が低い中での試打というのも一因かもしれませんが、これはもしかしたら、シャフトとの相性なのかもしれません。「460」では叩けばつかまるイメージでしたが、この「455」は叩いてもつかまらないというか、ボクレベルではかなり手首を返すイメージでいかないと、ボク的に理想なドロー系にならないイメージでした。比較とはいえ、シャフトがきつすぎましたわ!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.1m/s、初速62.4m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量2196.4rpm、サイドスピン-77.2rpm、飛距離241.9y
【ベスト】
HS42.3m/s、初速63.0m/s、打ち出し角14.5度、バックスピン量2128.9rpm、サイドスピン-244.4rpm、飛距離243.4y

打感は、マイルド系でした。「460」はソリッド系と書いていましたが、「455」を打った限りはかなりのマイルド系に感じました。音はやや高めで、この辺は「460」と同じようなイメージかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、中弾道です。球の上がり方は「460」のイメージと同じかな。しかも、見た目もかなりロースピンイメージで、スカイトラックで確認してみても約2100rpmと少なめでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで、プッシュアウトからのフェードもしくはスライス。叩きにいくイメージだと振り遅れてドスライスだし、普通に打ってもプッシュアウト。確実に、ボクにはオーバースペックでした・・・(汗)

シャフトフィーリングですが、ん~、硬いっす!! ハードっす!! かなり振れる人でしかも叩く人向けでしょう。「460」で感じた時よりもさらにハードに感じたのは、寒さのせいかもしれませんけど・・・

今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低でもHS45m/sは欲しいでしょうね。「460」同様、かなり叩けるモデルですが、逆を言えば叩く必要のあるモデルです。今のボクには、もうちょっとしなりを感じられるシャフトがよかったかもしれませんね。なお飛距離ですが、「460」の動画弾道は265yです。260~280yは12%アップなので、これを補正前の数値に換算すると、約236.6y・・・。あれ、飛んでる!? まぁ、ボクのドライバー飛距離としては妥当な飛び方でした(汗) 特筆事項は、スピン量の少なさです。でもメーカーのHPによれば低スピンは「460」の売りです(汗) まぁ、こういうこともありますよね!!

<本間ゴルフ「TW747 455」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:8.5▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=Ti6-4、クラウン=カーボン(ET60)、フェース=Ti6-4
■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD for TW747 50」(S=54.5g/4.85、SR=53g/4.90、R=51.5g/4.95/中調子)。「VIZARD FD6」(X=65.5g/3.85、S=62.5g/3.95、SR=61.0g/4.00/中先調子)。「VIZARD FP6」(X=67.5g/3.90、S=64.5g/4.00、R=63.0g/4.05/手元調子)。
■価格:「VIZARD for TW747 50」装着モデル1本7万5000円+税。「VIZARD FD6」「VIZARD FP6」装着モデル1本8万5000円+税。