どーもです。

ピンのニューモデル「G410」シリーズですが、今日紹介するは「「G410 SFT」ドライバーです。ピンユーザーであれば説明不要でしょうが、「SFT」はよりつかまりを意識してモデルです。新製品発表会の説明では「G410プラス」のドローポジションよりもつかまりがいいということでした。というわけで、腐れフッカーのボクが打つとどうなるのか、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

クラウンの形状、デザイン的には、昨日紹介した「G410」とほぼ同じです。が、ウエートの関係からソール後部の処理は違います。

フェースは、「G410」同様やや小振りに感じました。「G410」との違いすが、トゥ側にややボリュームを持たせることで、アップライト気味な顔つきになっていたように感じました。

ボディですが、意外にもこのSFTのほうがほんの少しだけディープだったよにも感じたのですが、気のせいかな!?

後ろ姿です。ウエートレールがない分、先代でも採用されていた空力システム「VORTEC」が採用されていました。

構えてみるとこんな感じ。つかまりを意識したモデルですが、フェースが被っているとかは一切無く、「G410」とほぼ同じようなイメージでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB RED」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.75インチ、総重量300.5g、バランスC9.5。ヘッド体積455cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、総重量的にはやはりやや軽め。でも、グリップは、ボクにはいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、「G410プラス」同様、Sフレックスにしては柔らかめでした。しなりポイントもちょうど真ん中あたりです。ワッグルしてヘッドが動きそうな感覚ながらも、素振りしてみると意外とニュートラルなのも一緒のイメージでした。

実際に打ってみると、はい、つかまります!! メーカーの言葉に偽り無しでしたw 「G410プラス」に比較して、ヘッドが返るやすいイメージも、シャフトで先端がしなるイメージもないのですが、同じイメージで打って出球はしっかりストレートもしくは左に出ます。なので、その辺を意識してインサイドアウトを意識したスイングになっていたようにも思います。結果、再度スピンが増えて曲がり幅が増える、もしくはガッツリつかまって飛距離は出るけど右に行ったままという傾向が強かったです。これは(腐れ)フッカーの宿命でしょうね。でも、フッカーってつかまらないクラブは嫌なんですよね・・・w そんなわけでボクの場合、つかまらないヘッドにややつかまるシャフトを組み合わせることで解決している次第ですが、これは完全に余談ですね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.7m/s、初速63.3m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2753.5rpm、サイドスピン-594.6rpm、飛距離245.6y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速63.5m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量2566.8rpm、サイドスピン-520.3rpm、飛距離248.4y

打感は、ゴルフ体験主義でいうソリッド系。この辺のフィーリングは「G410プラス」とほぼ一緒でした。音も「キンキン」「カンカン」はなく、違和感のない高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的にはこれも文句なしの高弾道で、ガッツリ球が上がります。スピン量もいい感じでした。

ですが、出球傾向はボクのスイングで、強めのドロー系。「G410プラス」の「ドロー」ポジションでの試打時よりも、確実につかまります。特に右手で叩くイメージだと、確実の腐れフックが出ました。でも、そんなにヘッドが走るような感覚がないのが謎、だったりします。

シャフトフィーリングですが、やはりSにしては柔らかめなイメージですね。バランスの数値以上に切り返し時にヘッド重量を感じられないので、その分のボクは力んでしまう傾向があったように思います。その辺もフックの要因かもしれません。とはいえ、切り返しからダウンに素直に真ん中がしなるイメージは「G410プラス」と変わらないんですよね。不思議ですわ~!

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメです。基本性格的にはピン「G」シリーズらしい、扱いやすさを前面に出したモデルで、「G410プラス」との違いは〝つかまり〟です。振り感的には「G410プラス」と変わらないけど、同じイメージでガッリつかまります。ボクが鈍感なだけかもしれませんが、そんな風に感じました。というわけで、持ち球的には断然フェード系およびスライス系にオススメで、ヒッタータイプよりもスインガータイプにオススメですね。

<ピン「G410 SFT」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=フォージドT9Sチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB RED」(X=60g/4.4、S=55g/4.7/中調子、SR=50g/5.2/中先調子、R=45g/5.9/先調子)。「PING TOUR 173-75」(X=80g/2.8/手元調子、S=75g/2.9/中元調子、R=68g/3.3/中調子)。「PING TOUR 173-65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子、R=57g/4.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(40g/5.9/先調子)。「The ATTAS」(6S=63g/3.6/中調子、5S=54g/5.6/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅤ」(661S=66g/3.7、569S=59.5g/4.5/先中調子)。「TENSEI CK Pro Orange」(70S=72g/2.9、60S=64g/3.5/手元調子)。
■価格:「ALTA JCB RED」「PING TOUR 173-75」「PING TOUR 173-65」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本6万9000円+税。「The ATTAS」「Speeder EBOLUTIONⅤ」装着モデル各1本8万1000円+税。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本8万4000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日