どーもです。

ピンのニューモデル「G410」シリーズですが、今日からは3モデルをライナップいしているFWを紹介しましょう。FWは「STD」「SFT」「LST」をラインアップしていますが、前作「ストレッチ3」FWが「LST」に変更されています。まずはベースとなる「G410 STD」FWから紹介しましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインはドライバーを踏襲してします。また、先代に対してヘッド体積は10cm3ほど小振りになっていましたが、ソールを見る限りでは先代との差は感じませんでした。

フェースはコンパクトですね! ピンのFWは「UTかっ!!」というくらい小振りに感じます。

ボディもコンパクト。形状的には、先代とそれほど大きな差を感じませんでしたが、ネックが短くなっている分低重心化も意識したモデルのように感じました。

後ろ姿ですが、先代に比較するとややトゥ側にボリュームがある形状が今回の特徴かな。つかまりを意識してですかね!?

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投映面識はやや小振りですね。先代は逃げ顔系でしたが、「G410」はほぼスクエアといえると思います。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB RED」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角14.5度、ライ角57.5度、長さ43インチ、総重量314.4g、バランスD1。ヘッド体積171cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.5、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めですね。でも、ドライバー同様グリップはいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様、Sフレックスでもやや柔らかめでした。ワッグルしてヘッドが動く感覚もほぼ一緒ですが、素振りしてみると気持ち手元がしっかりしているようなイメージでした。

実際に打ってみると、あら、ビックリ!! いきなり1発目が「G410プラス」ドライバーの弾道と見まがうほどの出球でした。高さ、スピン量と似たようなイメージで、打ち出し方向については「ドライバーよりもいいじゃん!!」って(笑) ただし、気になるのは見た目なんですよね。FWにやや苦手意識のあるボクとしては、ちょっと小さいかなって。小さいほうが直打ちでも抜けがいいのは分かっているのですが、もう少しだけ投影面積を増やしていただけると、若干安心感も出るんですけどね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.0m/s、初速61.7m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量2862.5rpm、サイドスピン-488.1rpm、飛距離239.2y
【ベスト】
HS41.9m/s、初速61.4m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量2710.2rpm、サイドスピン-389.8rpm、飛距離240.1y

打感は、限りなく弾き感が強いソリッド系かな。今回のフェースですが、同じマレージングでも、〝フォージド〟マレージングに変わっています。おそらくフェースの厚さも変更されていると思います。擬音で「よく分かりません!」と指摘される「シャコッ!!」とした感じですが、これも芯を外すと全く打感が変わります。音は、中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、文句なしの高弾道です。「G410プラス」ドライバーと何ら遜色のない弾道でした。そして何より、ロースピンです。「G410プラス」に対しロフト角的には4度寝ていますが、それで約300rpm程度しか変わらないわけですからね。これはすごいFWですわ~!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。「G410」の「STD」よりはちょっとつかまるイメージでした。

シャフトフィーリングですが、ドライバー同様Sにしては柔らかめなイメージです。でも、実際に打ってみると、やや手元剛性が増していたように感じました。とはいえ、切り返しからダウンにかけて中間がクセ無くしなるニュートラル系のイメージでした。他を試していないのでわかりませんが、思うに、この季節でのヘッドとのマッチングは、おそらくベストだと思います。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。基本性格的には扱いやすさを前面に出したモデルですが、もう今年何度この表現を使っているのか分かりませんが、〝ぶっ飛び〟FWです。こうなると、まだ打っていないキャロウェイ「エピックフラッシュ」FWも気になりますよね。こちらも早く打たないとですね(汗) 話を戻すと、「G410プラス」よりも若干叩けるイメージもありましたが、それでもこのシャフトとのマッチングは、かなり受け入れ間口の広さを感じさせるフトコロの深さがあるでしょうね。ある程度使い手を問わないフトコロの深さを兼ね備える、ぶっ飛びFWがこの「G410 STD」FWだと思います。

<ピン「G410 STD」FW>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=フォージドマレージング綱C300
■ロフトバリエーション:3W=14.5度、5W=17.5度、7W=20.5度、9W=23.5度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB RED」(X=62g/3.5、S=54g/4.5/中調子、SR=49g/5.0/中先調子、R=44g/5.4/先調子)。「PING TOUR 173-75」(X=76g/2.8/手元調子、S=70g/2.9/中元調子、R=64g/3.3/中調子)。「PING TOUR 173-65」(X=62g/3.2/手元調子、S=57g/3.4/中元調子、R=53g/4.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(38g/5.9/先調子)。「The ATTAS」(6S=63g/3.6/中調子、5S=54g/5.6/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅤ」(661S=66g/3.7、569S=59.5g/4.5/先中調子)。「TENSEI CK Pro Orange」(70S=72g/2.9、60S=64g/3.5/手元調子)。
■価格:「ALTA JCB RED」「PING TOUR 173-75」「PING TOUR 173-65」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本4万2000円+税。「The ATTAS」「Speeder EBOLUTIONⅤ」装着モデル各1本5万4000円+税。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本5万7000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日