どーもです。

今日紹介するのはピンのニューモデル「G410」シリーズのFW、「G410 LST」FWです。先代は「STRETCH3」の名でラインアップされていたモデルですが、「G410」シリーズでは、それまでのロースピンモデルも標榜していた「LST」の名称を引き継ぎました。「SFT」よりは「STD」に近いコンセプトだと思いますが、その実力の程はいかに。早速レポしましょう。

まずは見た目から。

ヘッド的には、「STD」をベースにしたモデルかと思われます。

フェースは、「STD」同様やや小振りですかね。先代は明らかにディープ化していましたが、「G410」はそれほど差が分かりませんでした。

ですが、ボディは意外にもディープ化していました。フェースからは「STD」と同じイメージを想像していたので、意外な結果になりました。

後ろ姿です。おっと、「STD」同様若干トゥ側にボリュームがありましたね。ラインは赤ではなく、白になっていました。また、ウエート位置は、「STD」よりも若干ヒールよりになっていました。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は小さめで、「STD」に近いイメージでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB RED」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角14.5度、ライ角57.5度、長さ43インチ、総重量315.0g、バランスD1。ヘッド体積159cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.5、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽めですね。でも、グリップはいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、これまたやはりSフレックスでもやや柔らかめでした。ワッグルしてヘッドが動く感覚も「STD」に近いイメージかな。素振り感覚ですが、確認しないと分からないくらい「STD」とほぼ同じイメージでした。

実際に打ってみると「STD」とほぼ同じような強弾道を味わえますね! 先代「SRETCH3」FWは、実はティアップしても打てる気がしなかったのですが、今回「G410 LST」はなんか打てました。ただし、やはり見た目でヘッドが小さい分、シビアさは感じてしまいますね。でも、信じて打てば、結果が伴う感じでした。弾道の見た目的には「STD」となんら変わりがなく、正直「STD」と何が違うのって感じでした。ボクが試打した限りでは、その差が全くわかりませんでしたが、スカイトラックでデータを確認すると、しっかりスピン量が減っていました。3球平均で「STD」に対して約195rpm減っていました。これ、ぶっちゃけ、アマチュアゴルファーにとっては誤差レベルで、絶対わかんなよね~w

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.6m/s、初速61.0m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量2666.6rpm、サイドスピン-378.7rpm、飛距離238.3y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速61.4m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量2518.5rpm、サイドスピン-662.3rpm、飛距離238.7y

打感は、「STD」「SFT」とほぼ同じ。限りなく弾き感が強いソリッド系で、「シャコッ!!」とした感じ。さらに、芯を外すと全く打感が変わるのも同じでした。音は、中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、これまた文句なしの高弾道。この見た目でしっかり球が上がるのは、うれしいかもです。スピン量ですが、「STD」の動画データとほぼ変わらない約2700rpmでした。何球かの平均にすればスピン量の少なさを実感できるのかもしれませんが、ベストショットでは「STD」と大差ないような気もしました。

出球傾向は、ボクのスイングで、ドロー系。「STD」に比較すると、スイングに対してややシビアなイメージもあって、よりスイング通りの出球だったように感じました。

シャフトフィーリングですが、ドライバーに対しFWの手元剛性がやや高めなのは、全て同じように感じました。ですが、この「LST」はヘッドが小さい分。よりシャープに振れるようなイメージもありましたが、これも見た目からくる先入観ですかね。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。正直な感想をいえば、「STD」でいいのかなって。ボクレベルでは、「STD」で十分ロースピンモデルですし、「LST」と打ち比べてみても、その差を体感できませんでした。データ的にスピン量少なめという結果も出ましたが、アマチュアゴルファーにとっては誤差レベルでしょう。なんていったら、各方面から怒られそうですけど・・・。ただし、先代「STRETCH3」FWに比較すると、確実に打ちやすくなっていると感じました。これだけは、胸を張って言えます!! 見た目的にはややシビアさを感じさせるモデルかもしれませんが、実際に打ってみると、意外と打てます!!

試打会等で実際に打ってみて、「STD」と「LST」の違いに気付いた方はぜひコメントを書き込んでください。「違いの分からない男」からのお願いでした!

<ピン「G410 LST」FW>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=フォージドマレージング綱C300
■ロフトバリエーション:3W=14.5度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB RED」(X=62g/3.5、S=54g/4.5/中調子、SR=49g/5.0/中先調子、R=44g/5.4/先調子)。「PING TOUR 173-75」(X=76g/2.8/手元調子、S=70g/2.9/中元調子、R=64g/3.3/中調子)。「PING TOUR 173-65」(X=62g/3.2/手元調子、S=57g/3.4/中元調子、R=53g/4.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(38g/5.9/先調子)。「The ATTAS」(6S=63g/3.6/中調子、5S=54g/5.6/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅤ」(661S=66g/3.7、569S=59.5g/4.5/先中調子)。「TENSEI CK Pro Orange」(70S=72g/2.9、60S=64g/3.5/手元調子)。
■価格:「ALTA JCB RED」「PING TOUR 173-75」「PING TOUR 173-65」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本4万2000円+税。「The ATTAS」「Speeder EBOLUTIONⅤ」装着モデル各1本5万4000円+税。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本5万7000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日