どーもです。

今日紹介するのはピン「G410クロスオーバー」HBです。昨日の紹介したウッド型の「G410」HBに対して、今日紹介するクロスオーバーはアイアン型です。実はボク、アイアンは好きですが、アイアンタイプのHBは苦手なんです!! 打ちやすいモデルのはずなんですが、「アイアン型HB=難しい」という先入観があるのか、とにかく苦手なんです。とはいえ、そんなことをいっても始まらないので、挑戦してきました。そんなレポですが、お付き合いいただけると幸いです。

まずは見た目から。

形状ですが、先代とは別モノですね。先代はシャローでいかにもといった感じでしたが、「G410」はよりアイアンに近い形状で、トゥトップが立ったイメージでした。また、トゥ側バックにボリュームがある形状になっていました。

フェースは、セミラージかな。バックフェースで振れたとおり、先代とは全くの別モノです。ほぼアイアンと言っていいような顔になっていました。

ソール幅は、限りなくノーマルに近いセミワイド。先代よりは幅が狭くなっていました。トゥ側にウエートが装着されていたのは、先代と一緒です。

ネックはグースネック。グース度合いは、より大きくなっていたように見えました。

構えてみるとこんな感じ。先代に比較すると、トップブレードも薄めでした。見た目的には、よりアイアン感覚をイメージさせてくれました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB RED」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角23度、ライ角59.9度、長さ39.13インチ、総重量353.3g、バランスD0。シャフトスペックは、重量60g、トルク3.4、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、総重量的にはやや軽め。でもグリップはいい感じの太さでしたね。シャフトを手でしならせてみると、1番のしなりポイントは中間からやや先あたりに感じました。ワッグルしてみても、中間から先あたりからヘッドが動くイメージ。素振りしてみると、これもヘッドバランスのせいか、かなりシャープに振れるイメージでした。

実際に打ってみると、やはり苦手意識の影響からか、根本的に振れていません。HSがHBの3球平均39.6m/sに対して、クロスオーバーは38.0m/sとなっていました。長さが短いというのもありますが、おそらく大きな原因はメンタルですわ~! その影響か芯を食っていたのかも怪しい当たりばかりだったのと、当然ですが、飛距離も「もっと飛んでもいいかも」と思わせるような結果となってしまいました。今回は挑戦していませんが、ティアップしてなら打てるかもしれませんw アイアン型HBを使う人は、おそらくアイアン好きな人で、ある程度球筋を操りたい人だと思いますが、そういう意味でこの「G410クロスオーバー」は同ロフトのアイアンに比べれば打ちやすさは、確実にあると思います。ですが、〝弾道を操りたい〟という意味では、そこまで操作性の高さは感じらなかったかもしれません。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.0m/s、初速55.1m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量3033.8rpm、サイドスピン-643.0rpm、飛距離193.4y
【ベスト】
HS37.8m/s、初速54.7m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量3219.7rpm、サイドスピン-652.3rpm、飛距離194.1y

打感はムニュッとした感じのマイルド系ですが、意外とどこに当たっても(というと語弊がありますが)そんな感じなんですよね。この辺がウッド系とは違うイメージでした。音は、サスティンが短めで小気味の良い中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、まぁ高弾道と言えるでしょうね。先代よりもわずかではありますが、球は上がりやすくなっていたように感じました。スピン量は「G410」HBに対してもロースピンでしたね。「G410」HBよりも気持ち強弾道を味わえるモデルでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。つかまえればつかまる感じではなく、オートマチックにつかまるイメージでした。アイアン型HBとしては、これは意外だったかな!

シャフトフィーリングですが、これもSフレックスでもやや柔らかめなイメージでしたね。ボク的には切り返しからインパクトにかけて、意外と中間から先がしなるイメージでした。メーカー的には中調子ですが、ボク的には先中調子系の挙動に感じられました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメかな。基本性格ですが、意外にもアイアン型HBにしてはオートマチック系でした。操作性という意味では、それほど高くないようなイメージでしたね。でもその分クラブが仕事をしてくれるイメージでした。そうなると、このアイアン型HBの存在意義が曖昧にもなってくるような気が…。オートマチック系で扱いやすさを打ち出すならウッド系の「G410」HBでいいのかなって。ちょっと思っちゃいました。ではこのクロスオーバーの存在意義はなにか? ボクがたどり着いた結論は、「アイアン好きな方が、同ロフトのアイアンよりも打ちやすく」ではないかということです。って、ボクが、アイアン型HBが苦手だからというだけなのかもしれませんけど・・・w

<ピン「G410クロスオーバー」HB>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:7▽上がりやすさ:8▽操作性:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:7
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレススチール、フェース=マレージング綱C300
■ロフトバリエーション:#2=17度、#3=20度、#4=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「ALTA J CB RED」(X=69g/2.9、S=60g/3.4/中調子、SR=55g/3.6/中先調子、R=50g/3.6/先調子)。「PING TOUR 173-85」(X=87g/2.2/手元調子、S=82g/2.3/中元調子、R=73g/2.8/中調子)。「PING FUBUKI」(R=43g/5.7/中調子)。スチールシャフト「AWT2.0LITE」(S=98g/1.6、SR=93g/1.8/中調子、R=87g/1.9/中先調子)。「NSPRO ZELOS 6」(68.5g/3.0/先調子)、「NSPRO ZELOS 7」(S=77.5g/2.6、R=74g/2.8/先調子)。「NSPRO950GH」(S=98g/1.9、R=94.5g/2.0/中調子)。「NSPRO MODUS3 TOUR105」(X=112g/1.6、S=106.5g/1.7、R=103g/1.9/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(X=120g/1.6、S=114g/1.7/中元調子)。「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万3000円+税。スチールシャフト装着モデル各1本2万9000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日