どーもです。

連日紹介してきたピンのニューモデル「G410」シリーズですが、いよいよ今日紹介するアイアンがオオトリです。新製品発表会では、大きな変更があったとのことでしたが、果たしてそれはボクでも体感できるのでしょうか。また、最後ということで、ボクなりの総括もちょこっとだけ書かせてもらいます。というわけで、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

先代で採用されていた「コア・アイ・テクノロジー」ですが、その象徴であったバックフェースの円形が「G410」ではなくなりました。が、同テクノロジーを捨てたわけではありません。しっかり継承しつつ、重量配分を見直しているようです。

フェースはセミラージ。形状的には先代とは別モノで、より三角形を意識させるような形状でした。トゥが立っていて、よりつかまりそうなイメージも受けますよね。

ソール幅は、ちょうどいい感じ! ここは先代とも変わっていないのかもしれません。トレーリングエッジは、先代以上にはっきりと設定されていました。

ネックはグースネックでした。「G410クロスオーバー」同様グース度合いは、より大きくなっているように見えました。また、ファットなボディぶりは変わりませんが、「G410」にはウエートも装着されていました。

構えてみるとこんな感じ。なんか若干シャープになったような印象を受けました。トップブレードが気持ちシャープになっているのかな!?

今回試打したのは、スチールシャフト「AWT2.0 LITE」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量410.5g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.6、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的には気持ち軽めだったかな。最近「ダイナミックゴールド」の重量帯がきつくなってきたので、今回は重量を下げてみましたが、若干軽めでした。でも、グリップはいい感じの太さでした。素振りしてみると、かなりシャープに振れそうな雰囲気でした。

実際に打ってみると、「んっ!? なんか飛んでないか?」って。奥のネットまで届いているような感じでした。そう思ってスカイトラックを確認すると、いきなり180y超え! ロフト角30度でこの飛びは、ちょっと驚きでした。先代「G400」は飛距離設定がコースボールでもMAX165yでしたからね。1年前の試打で総重量もやや重めでしたが、それでもこれだけの飛距離を記録すると、ちょっとうれしかったりして!! また、弾道も見た目では明らかにロースピンぶりがわかります。データで確認してみても3球平均で約4000rpmとかなり少なめでした。高い打ち出しからロースピンの棒球でドーンと大きな弾道は得られるアイアン。まさに「G」シリーズが掲げるコンセプトを具現化していたように感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS36.4m/s、初速52.3m/s、打ち出し角20.5度、バックスピン量4039.6rpm、サイドスピン-717.3rpm、飛距離181.1y
【ベスト】
HS36.2m/s、初速52.6m/s、打ち出し角20.7度、バックスピン量4007.7rpm、サイドスピン-402.1rpm、飛距離183.5y

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、かなりの高弾道です。とにかくガッツリ球が上がります! 先代の打ち出し角を確認すると18度でしたが、「G410」は20度と、同ロフトなのに2度も高くなっていました! 最近のモデルの中でも、ロフト角30度のイメージは打ち出し角18度なので、かなり上がりやすいモデルだと思います。おまけにスピン量も少ないっす!! なかなかのアイアンですな!

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。先代よりもオートマチックにつかまるイメージでしたね。ボク的には、インサイドアウトで右に打ち出して、いい感じのセンターに戻ってくるイメージでした。

シャフトフィーリングですが、このAWTシリーズってかなりいいイメージがありました。適度なしなり感と、しなり戻り感のバランスが良く、以前打ったイメージが脳裏にあったので、今回このシャフトでオーダーしました。でも、ボクが思っていたイメージとは若干違うところもありましたが、まぁ、この「G410」とのマッチングはかなりいいと思います。以前打ったモデルが何かは忘れてしまいましたが、若干しなり感がなく、気持ち硬さを感じました。まぁ、年齢のせいかもしれませんけど・・・w

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメです。「G」シリーズアイアンらしいモデルで、基本性格はオートマチック系です。しっかりクラブが球を上げてくれるし、しっかり球をつかまえてくれます。スイングタイプは問わないイメージもありますが、持ち球的にはフェード系のほうがより合いそうかな。かなり球がしっかり上がるので、レベルブロー系の人だったり、コックが早めにほどけてしまうアーリーリリースタイプでもしっかり球が上がると思います。クラブを信じて振り切れば、あとはクラブがなんとかしてくれるという安心感のあるモデルでした。

「G410」シリーズ総括ですが、「G400」シリーズに対して、ボク的には全体的にスピン量がおさせられたモデルに感じました。これは、ウッド系はもちろん、アイアンも含めシリーズ全体に言えることです。前作「G400」シリーズではドライバー購入も視野に入れての試打でしたが、スピン量の多さから購入には至りませんでした。今回「G410」ドライバーは、「LST」こそまだ出ていませんが、「G410」ドライバーですでにボクの中の合格ラインはクリアです。あとはシャフトですが、これはフィッティングを受けるしかないでしょうね!! FW、アイアンも打ちやすい上に、かなりの飛距離も期待できるモデルに進化していました。

<ピン「G410」アイアン>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ハイパー17-4ステンレススチール
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「AWT2.0LITE」(S=98g/1.6、SR=93g/1.8/中調子、R=87g/1.9/中先調子)。「NSPRO ZELOS 6」(68.5g/3.0/先調子)、「NSPRO ZELOS 7」(S=77.5g/2.6、R=74g/2.8/先調子)。「NSPRO950GH」(S=98g/1.9、R=94.5g/2.0/中調子)。「NSPRO MODUS3 TOUR105」(X=112g/1.6、S=106.5g/1.7、R=103g/1.9/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR120」(X=120g/1.6、S=114g/1.7/中元調子)。「ダイナミックゴールド」(S200=129g/1.6/元調子)。カーボンシャフト「ALTA J CB RED」(X=69g/2.9、S=60g/3.4/中調子、SR=55g/3.6/中先調子、R=50g/3.6/先調子)。「PING FUBUKI」(R=43g/5.7/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル各1本1万8000円+税。カーボンシャフト装着モデル各1本2万1000円+税。
■発売予定日:2019年3月21日