どーもです。

若干ですが気温も上がり、春の訪れを感じさせる今日このごろです。ゴルファーにとっては絶好のゴルフシーズンもまもなくですが、花粉症の方にとっては花粉との戦いのシーズンになりますよね。幸いボクは花粉症ではありませんが、ボクの周りもチラホラと対策を講じている方が目につくような季節になってきました。そんな中ですが、筒康博氏のコラム「これってギアで解決?それともレッスン?」をお届けしましょう。春の本格シーズン前に、1度自分がやりたいゴルフとクラブの相性を確かめてみるといいかもしれません!! そんな内容になっていますので、ぜひご一読ください。

スイング理論も「AI」時代に!? 

現在大ヒット中のキャロウェイゴルフ「EPIC FLASH」ドライバーの話ではありません、ペコリ。今回は、ざまざまな「新しいスイング理論」を上手く取り入れるためのマネージメント術のお話です。

最近は、ゴルフ雑誌よりYouTube動画やネット記事でスイングを勉強する人も多くなりました。また、僕がヘッドティーチャーを務める「インドアゴルフレンジKz亀戸店」のように、じっくりレッスンを受ける環境も増えつつあります。
そんな中で「〇〇理論がブーム!」が出た時に、チェックしていることがあります。それは「歴史」を含めた統計学です。

例えば、「スイングプレーン」を最初に唱えたB・ホーガン。大きなドローボールをフェードボールに修正する際に、彼がクラブの使い方で使ったのが、スイングを後方から見た時に首の付け根とボールを結んだガラス板「ホーガンプレーン」です。彼の「場合は」、バックスイングからインパクトまで「ガラス板を突き破らないように」するとイメージ通りの打ち出し方向が得られた、という「私の方法」。加えて、インパクト時にハンドファーストにすることでフェードボールが打ちやすく、トップでは少し左手首を凹ますと「彼の場合は」やりやすかったという話です。

現在では、トップで左手首を凹ませるとインパクトまでにハンドファーストが作りづらくなり「誰もができるわけではない」ことが分かり、現代のプロ達は(逆に)トップの時点でハンドファーストの状態を作る手首の「シャットフェース」「内屈」の成功者の方が多くなっています。

スイングの中身に「古いor新しいってあるの? 

僕がリスペクトしているJ・ニクラウス選手のスイングは「アップライト」「ヒールアップ」など、個性的なデザインばかりが印象に強いスイングでした。世界的に有名な著書「ゴルフマイウェイ(私の方法)」のタイトル通り、「自分はこの方法をこういう理由で採用した」という「カスタマイズ」の意味でチェックしています。どんなところをチェックしているのか?というと、

①歳を重ねても大きく変わらず実行できるか?
②道具の変化によって得手不得手が出ていないか?
③大きな怪我をしていないか?
④極端な柔軟性や筋力を必要としなくてもできるのか?
⑤パターイップスなどの好不調が出ていないか?
⑥健康に良いか?
⑦飛距離が出るのか?
⑧毎日猛練習を行わなくても維持できるか?

です。

この連載をご覧い頂いている皆さんは、40歳代くらい以上の方でしょうか。にも関わらず、カラダが柔軟で体力充分な若いプロのスイングを真似しようと思っても、無理があります。また、飛距離が欲しい女性ゴルファーの皆さんに、パワー満点の男子プロが見つけた「曲がらない方法」をオススメしたりしません。

また、ヘッドスピードが近いという点でシニアゴルファーの皆さんに女子プロのスイングを「そのまま真似」する事も、僕の場合はしません。「腕っぷしに頼らずに〝女性的なリズム〟でドライバーを打ってみませんか?」みたいなことは言いますが。

「統計的(AI?)」に見た場合に、10〜60歳代でも、太っても痩せていても、パーシモンもチタンのデカヘッドも、スチールもカーボンも使いこなし、大きな怪我もせず、イップスにもならず、L字パターもデカパターも使い「あくまで私の方法(マイウェイ)」としか言わなかったJ・ニクラウス選手のスイングにおける「身体とクラブの動かし方」を僕は、リスペクトしています。

現代のプロと比べたり参考にする場合は、両足(スネ)が作る「逆Aの字」と上半身の「Iの字」のバランスを見て欲しいです。大きな「A」のバランスの中で、躍動的にバランス良くフルに使いきっていることがわかると思います。これって「AI」軸!? もし機会があったら古書を見つけてみて下さい。「〇〇打法って、50年前にココに書いてあるじゃん!」が見つかると思います(笑)

■「カラダの動き」+「クラブの動き」=「スイング」

上の写真は、なんと30年以上前のT・ワトソン選手のスイング写真。僕はこの写真を見て、現PGAトップ選手J・トーマス選手を思い出してしまいました。ちなみに、下の写真は同じく米PGAトップ選手の「GEARS」計測時のインパクト。「シャフトが下方向にしなる「トゥダウン」などの「クラブの動き」と、伸びたり縮んだりの「カラダの動き」が合わさって、結果として「スイング」になる事が分かります。

もし皆さんが真っ直ぐ行かなかったり、飛距離が出ないからといって、「自分が下手」「クラブがダメ」とは限らないという事です。自分がやろうとしている事とクラブが合っていない可能性を疑って、「自分に最適な(マイウェイ)か?」を専門家に診てもらって下さい。プロゴルファーですら、無理に型にはめず「自分に合う方法」や「最適なクラブ」を探しているのですから。

文・構成/猿場トール

■筒康博 ギア&スイング両方に深く精通し、有名プロのコーチをはじめ8万人以上にアドバイスを経験。「PCM Labo」「PCMアカデミー」ヘッドティーチャー、イベント&セミナー講師、フィリピン・セブ島「LILOAN GOLF」アンバサダーなど活動は多岐に渡る。
クラブPCMサイト LILOAN GOLFウェブサイト インドアゴルフレンジKz亀戸店