どーもです。

今日から「ジャパンゴルフフェア2019」ですね。そんな中ですが、すでに発売されているキャロウェイのニューモデル「エピックフラッシュ」シリーズのウッド系と「APEX」2モデルのアイアンを紹介しましょう。「エピックフラッシュ」シリーズは、「AI」導入で開発した「フラッシュフェース」が最大のポイントのようですね。ボクの周りでもすでに何人か購入している方もいますが、ボクなりのレポをお届けしましょう。まずはドライバーですが、今回「エピック フラッシュ スター」「同サブゼロ」「エピック フラッシュ」の3モデルを用意しています。まずは「「エピック フラッシュ スター」からいってみましょう。

まずは「AI」(人工知能)投入の件ですが、これは人間による開発&修正は、同社によれば多くて8~10回しかできないようです。しかし、「AI」を導入することで、な、なんと1万5000回の実行を可能にしたようです。こんなところにまで「AI」の波が押し寄せているわけですね。見ることができませんが、フェースの裏面は左右非対称で波打つ独特な凹凸を持つ「フラッシュフェース」になっているようです。ボール初速を最大化することを目的に、AIが自己学習を繰り返して導き出した形状なんですって! なんか、すごい!!

1モデル前は「ローグ」シリーズでしたが、おそらく先代は「GBBエピック」シリーズですよね。というわけで、今回は「GBBエピック スター」と比較してみようと思います。

というわけで、まずは見た目から。

「JAILBREAKテクノロジー」「ペリメーティブ・ウエィティング」はしっかり引き継いでいますね。パッと見た感じでデザインの変更はありますが、外観から大きなコンセプト変更はなさそうにみえました。

フェースですが、形状的には「GBBエピック スター」とほぼ同じに見えました。もちろん、今回の大きな変更はこのフェースですが、その変更は裏側の肉厚のようです。さすがに外観からの視認は不可能ですね。カットモデルを確認したかったかも!

ボディは丸みを帯びたディープボディですね。これも「GBBエピック スター」と同じようなイメージかな。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じでした。クラウンが、より後部に長いストレッチバック形状になっていたように感じました。そう考えると、より重心深度が深くなっているのかもしれませんね。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.75インチ、総重量293g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク5.6、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚はやや軽め。ですが、なんか最近この重量に慣れてきたかも。グリップは気持ち細めかな。で、今回持ってみてまず思ったのが、「あれっ!? 長くねぇ?」でした。45.75インチですが、それ以上に長さを感じました。キャロウエィの表示って60度測定法でしたっけ!? なんか今まで以上に長さを感じました。シャフトを手でしならせてみると、Sでもやややわらかめ。しなりポイントは中間よりもやや手元側に感じました。シャフトの見た目で若干細さも感じましたが、その辺の影響もあったかもしれません。ワッグルしてみると、中間から先にかけての動きが大きめでしたね。素振りしてみるとしなり感はニュートラルで、振り心地は悪くないイメージでした。

実際に打ってみると、まず印象的だったのは、ぶっちゃけ音ですね。これは先日紹介した美浦GCのレンジでも感じたことですが、かなり高く大きな音でした。壁がない美浦GCのレンジで感じたくらいですから、反響する壁がある環境での音たるや、まぁ~でかいです!! 以前、音で話題になったナイキとは違う音ですが、存在感のある音という意味では思い出してしまいました。

で肝心な弾道ですが、まぁ~ロースピンの強弾道です!! ラウンドレポでも書きましたが、ボクのスイングでも曲がりが少ないのはいいですね。打ち出した方向に高弾道かつロースピンの棒球でドーンと大きな弾道が誰でも得られそうな雰囲気でした。飛距離も申し分なしですね。3球目は若干芯を外した感じでしたが、それでもスカイトラックで240y表示はなかなかです!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.6m/s、初速63.5m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2873.3rpm、サイドスピン-485.3rpm、飛距離243.9y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速63.9m/s、打ち出し角15.3度、バックスピン量2627.1rpm、サイドスピン-771.7rpm、飛距離247.0y

打感は弾き系。芯を食ったときは若干柔らかさもありますが、それでも弾き系かな。それから1つ気付いたのは、音が大きいときは芯を若干外し気味だったときだったように感じました。トゥ側なのか、ヒール側なのかは分かりませんが、傾向として芯を外したと感じた時に「音でかっ!!」って! その音ですが、高音系でしたね。ナイキの某モデルが「ポコ」もしくは「カン」とすると、若干金属的な「キン」だったように感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、文句なしの高弾道。球はガッツリあがります。そしてスピン量が少なめです。かなりロースピンのイメージでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでも、打ち出し方向に対してほぼストレート! 曲がり幅はかなり少ないイメージでした。実際のラウンドでも、打ち出し方向の問題はありますが、曲がりは少なかったですね。

シャフトフィーリングですが、Sでもやや柔らかめかな。かなりしなり感を感じます。切り返しからインパクトにかけて、結構ヘッドが走るイメージもあって、ボク的には先中調子系の挙動にも感じましたが、動き的にはニュートラルなイメージの勝ちですね!! あまりタメないほうが結果的には良さそうな雰囲気でした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。一言で言うなら「曲がりの少ないドライバー」です。これは、我々アマチュアゴルファーにとってはうれしい1本ですね。この組み合わせは使い手を選ばない間口の広さを感じましたが、タメて叩くタイプだと若干ヘッドが返りたがる動きがきになるかもしれないので、そういう意味ではコックが早めにほどけてしまうタイプで、持ち球はフェードやスライスの方によりおすすめかもしれませんね。個人的に気になったのは、あの音ですね。まぁ、使っていれば慣れるということもあるでしょうが、ぜひ次は「AI」に心地よい打音も指令を与えてみては・・・なんて、どこから目線の意見なんだか(笑) ですが、実戦で250yマークはうれしいかも!

<キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、トライアクシャル・カーボンクラウン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for CW」(S=52g/5.6、SR=51g/5.7、R=49g/6.1/中調子)。「ツアーAD VR5」(S=57g/4.5/中調子)。「Speeder569 EVOLUTIONⅤ」(S=59.5g/4.5/先中調子)。
■価格:「Speeder EVOLUTION for CW」装着モデル各1本7万7000円+税。「ツアーAD VR5」「Speeder569 EVOLUTIONⅤ」装着モデル各1本9万4000円+税。