どーもです。

キャロウェイのニューモデル「エピックフラッシュ」シリーズですが、今日紹介するのはまさにその「エピックフラッシュ」ドライバーです。名前的にはブランドのデフォルトですが、限定生産モデルなんですよね。これは「ローグ」シリーズでもそうでしたね。ヘッドを見る限り、「エピックフラッシュ スター」と「同サブゼロ」の中間のように感じましたが、その実力やいかに。早速、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールを見る限り、フェース後部にウエートが無いことから、コンセプトとしては「サブゼロ」よりも「スター」に近いことが想像されますね。

フェースは「スター」に近い形状ですが、ほんの気持ちだけディープになっていたようにも感じました。

ボディはセミディープですが、3モデルの中では1番おしりの位置が高かったように見えました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。見た目的には「スター」と「サブゼロ」のちょうど中間といった感じかな!

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW」SRフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.25インチ、総重量301g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量48g、トルク5.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めだったかな。シャフトは「エピックフラッシュ スター」と同じ「Speeder EVOLUTION for CW」ですが、今回試打モデルSRフレックスでした。ですが、長さ的に45.25インチで0.5インチ短くなっていて、「エピックフラッシュ スター」のような〝長っ!!〟は感じませんでした。シャフトを手でしならせてみると、しなりポイントはやはり中間よりもやや手元側に感じました。手でしならせる分には、SRでもSとあまり変わらないイメージでした。ワッグル感も、素振り感も「エピックフラッシュ スター」とそれほど大きな違いはなかったように思います。

実際に打ってみると、ボク的には3モデルの中ではこの組み合わせがベストですかね!! ヘッド自体のつかまりがボクにはちょうどいい感じだし、振り感も良い感じ! 弾道的にも、見た目では安定していたし、スカイトラックのデータでも「エピックフラッシュ スター」ほどバラケ感がなかったのもグッド!! 限定モデルがベストマッチって、いかにボクはマイナーなのか・・・ってことの証明ですよね。まぁ、それは自分自身でも自覚していますけどw 「エピックフラッシュ スター」はかなりつかまる感じで、「同サブゼロ」はつかまりを抑えた感じでした。で、この「エピックフラッシュ」ですが、その中間というのがボクの印象です。弾道的には「エピックフラッシュ スター」に近いイメージでしたね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.4m/s、初速62.5m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量2455.5rpm、サイドスピン-321.5rpm、飛距離242.9y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速62.4m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量2614.8rpm、サイドスピン149.6rpm、飛距離244.1y

打感は、弾き系。「エピックフラッシュ スター」とほぼ同じような打感でしたが、打音はそれほど気にならなかったですね。やや金属的な音のイメージもありましたが、それほど気にならない感じの普通に高音系ドライバーの打音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、文句なしの高弾道。球の上がり方は「エピックフラッシュ スター」とほぼ同様に見えました。違いは、すばり、スピン量!! より低スピンですが、「同サブゼロ」ほどではないのがミソ!! 個人的にはちょうどいい感じ!

出球傾向ですが、ボクのスイングで、イメージ通りドロー系! 3モデルのドライバーの中では、かなりイメージ通りの弾道が得られるモデルでしたね。〝惚れてまうやろ~!!〟ってな感じw

シャフトフィーリングですが、「エピックフラッシュ スター」と0.5インチ違うだけですが、「たかが0.5インチ、されど0.5インチ」です。試打モデルがSRフレックスということで、最初は腐れフックを警戒したスイングでしたが、しっかり振っていけるしなやかさがありましたね。SRでこの弾道を得られるって、なんか複雑な思いもありますが・・・w

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメです。前述通り、いろんな意味で「エピックフラッシュ スター」「同サブゼロ」の中間かなって感じましたが、そうなるとなぜこれが限定生産なんだろうって、ちょっと疑問に思ったりもします。そんな思いは置いといて(笑)、個人的には「エピックフラッシュ スター」の打ちやすさがほしいけど、「サブゼロ」では「ちょっと無理かも。もうちょっとだけつかまって欲しい」と思うような人にオススメですかね。確実に言えることは、「GBBエピック サブゼロ」よりはかなり打ちやすくなっているということですね!

<キャロウェイ「エピックフラッシュ」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:8.5▽操作性:8.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8.5▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=811チタン、トライアクシャル・カーボンクラウン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for CW」(S=50g/5.6、SR=48g/5.7、R=47g/5.8/中調子)。
■価格:「Speeder EVOLUTION for CW」装着モデル各1本7万7000円+税。※数量限定販売