どーもです。

今日紹介するのは、キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」FWです。このFWも最近のぶっ飛び系に分類できると思います。スカイトラックデータ的にはまずまずの飛距離ですが、弾道的には完全にドライバーと遜色がないんですわ~! そんな1本をがっつり紹介しましょう!

まずは見た目から。

「JAILBREAKテクノロジー」ですが、「GBBエピック」FWではまだ採用されていませんでしたね。FWでの採用は「ローグ」シリーズからでした。ソール後部にウエートが搭載されているのがポイントかな!

フェースは、「GBBエピック スター」に比べるとややディープ化していましたね。もちろんこのフェースも〝フラッシュフェース〟ですから、別モノなのは言わずもがな、ですけどね。

ボディですが、意外にもストレッチバック形状になっていました。「GBBエピック スター」FW同様のボディ形状でした。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。「GBBエピック スター」FWよりもヘッド体積はわずかに増えていますが、クラウンの投影面積はやや大きくなったよう見えました。見た目的の安心感も増したと思います。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Speeder EVOLUTION for CW」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43.25インチ、総重量306g、バランスD1。ヘッド体積181cm3。シャフトスペックは、重量49g、トルク5.6、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでしたね。シャフトを手でしならせてみると、Sフレックスにしてはやや柔らかに感じました。しなりポイントは中間より若干手元に感じましたが、これはドライバーで感じたのと一緒ですね。ワッグルしてみると、ドライバーほどではありません、ややヘッドの動きが大きいような気もしました。素振りしてみると、かなりシャープに振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、その弾道にビックリでしたわ~!! ちょっとしたドライバーよりも弾道の見た目的にはドライバー並みの弾道でした。「エピックフラッシュ スター」ドライバーの弾道よりもドーンと大きな弾道で、奥のネットの着弾点がドライバーよりもさらに上でした。少なくとも、ボクの目にはそう見えました。でも、スカイトラックの飛距離データ的にドライバーの飛距離を超えることはありませんでした。もちろん、シミュレートデータですからそれは想定内なんですけどね。というわけで、ボク的にはドライバー以上にぶっ飛び認定FWです!!!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.4m/s、初速60.8m/s、打ち出し角17.8度、バックスピン量2832.1rpm、サイドスピン-637.2rpm、飛距離234.6y
【ベスト】
HS41.6m/s、初速61.0m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量2657.8rpm、サイドスピン-658.5rpm、飛距離237.7y

打感は、弾き系。ドライバーとほぼ同じような打感ですが、音はドライバーのような大きな金属音ではなく、かなり落ち着いた感じの心地よい音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、文句なしの高弾道ですね。これは胸を張って言います!! ボク的はドライバー以上にドライバーな弾道ですわ~! スピン量もまぁ、ちょっとしたドライバー並みのスピン量ですが、これ、もうちょっとしっかりしたシャフトを合わせたら、ロースピンの強弾道も出る可能性が高いと思います。

出球傾向は、ボクのスイングでいい感じのドロー系。「エピックフラッシュ スター」ドライバーの出球感覚というよりは、何気に「エピックフラッシュ」ドライバーの出球感覚に近かったですね。

シャフトフィーリングですが、Sでもやや柔らかめですね。しなり感はドライバーほどではありませんが、いい感じのしなり感ですね。ドライバーは先中調子系の挙動に感じましたが、このFWはかなりニュートラルな挙動でした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメ。
何はともあれ、ボクにとっては、「ドライバー以上にドライバー感覚のFW」って、「何言ってるんだ」って感じですよね。1つ後悔しているのは、なぜこのFWも実戦投入しなかったんだろうということ。実戦投入でしっかり弾道も体感して、飛距離も確認すればよかったなって・・・。後悔先立たず、とはよく言ったもんです。ついにボクのFWが変わるかもしれません! とはいえ、先立つものがないんですけどね・・・w でも、これ、欲しいですわ~!

<キャロウェイ「エピックフラッシュ スター」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、トライアクシャル・カーボンクラウン フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for CW」(S=49g/5.6、SR=48g/5.7、R=46g/5.8/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅤ FW50」(S=60.5g/4.6/先中調子)。
■価格:「Speeder EVOLUTION for CW」装着モデル各1本4万8000円+税。「ツアーAD VR5」「Speeder569 EVOLUTIONⅤ」装着モデル各1本5万3000円+税。