どーもです。

キュロウェイのニューモデル「エピックフラッシュ」シリーズですが、今日紹介するのは「エピックフラッシュ サブゼロ」FWです。同ドライバーではちょっとハード気味に感じましたが、FWは「同スター」同様かなりいい感じ!! しかも、これまたぶっ飛びって・・・。悩ましいですな! 購入前提でクラブのことをあれこれ考えるのも、ゴルフの楽しみのひとつですよね。結果、先立つものがなくて買えなかったりもしますけどねw そんなわけで、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソール後部にウエートが装着されているのは「エピックフラッシュ スター」と同じですが、この「同サブゼロ」にはドライバー同様フェース後部にもう1つウエートが装着されています。もちろん、より浅重心を意識してでしょうね。

フェースですが、「GBBエピック サブゼロ」はもちろん「エピックフラッシュ スター」に比較すると、よりトゥ側にボリュームあって、その分ディープに感じました。

ボディは、「エピックフラッシュ スター」よりは気持ちディープに見えましたが、「GBBエピック サブゼロ」とはほぼ同等に見えました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は「エピックフラッシュ スター」よりは気持ち小さめでしたが、「GBBエピック サブゼロ」よりは大きめかな。いずれにより、より安心感のあるモデルになったと思います。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「ツアーAD SZ」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角55度、長さ43インチ、総重量317g、バランスD2。ヘッド体積169cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には気持ち軽めですが、まぁ、こんなもんでしょうね。グリップはいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様しっかり感がありますね。しなりポイントはちょうど真ん中辺り。ワッグルしてみると、「エピックフラッシュ スター」ほどヘッドの動きはなかったですね。素振りしてみると、これもかなりシャープに振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、これまた、その弾道にビックリ!! ドライバーよりもドライバーチックな弾道でした。こちらも「エピックフラッシュ サブゼロ」ドライバーの弾道よりもドーンと大きな弾道で、奥のネットの着弾点がさらに上!! 気持ち的には、「これならドライバーいらないじゃん!!」でした。スカイトラックの飛距離データ的にはドライバーのそれを超えてはいなんですけどね。「エピックフラッシュ スター」FWよりもややプッシュアウト傾向もありますが。これはシャフトの影響もあるのかなと思っています。ヘッドのつかまり自体もやや抑えられているようにも感じますが、シャフトが全く違うイメージなので、むしろシャフトの影響が大きいかなと思っています。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.3m/s、初速60.5m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量2878.8pm、サイドスピン-56.1rpm、飛距離236.3y
【ベスト】
HS41.2m/s、初速60.4m/s、打ち出し角18.0度、バックスピン量2833.0rpm、サイドスピン-40.5rpm、飛距離237.3y

打感は、よりマイルド系に近いソリッド系。この辺はドライバーと同じような感覚です。音もやや低めで、ドライバーよりも気持ち低めな中音系に感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には、これまた文句なしの高弾道! ドライバー以上にドライバーな弾道でした。また、「エピックフラッシュ スター」よりもロースピンの強弾道で、見た目的にもなんか重そうな球でした。ん~、悩ましい・・・w

出球傾向は、ボクのスイングでいい感じのドロー系。「エピックフラッシュ スター」FWに比較するとプッシュアウト傾向が強めですが、ドライバーほどではないように感じました。この程度なら使えそうな気配も・・・!?

シャフトフィーリングですが、ドライバー同様Sフレックスなりのしっかり感がありますね。手元剛性がかなりしっかりしていて、パキッとした感じでした。右手で叩くイメージでも動画程度の曲がりなので、これならガッツリ叩けそうなイメージでした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低HS42m/sは欲しい感じでした。ドライバー同様、自分のスイングで球をつかまえられるタイプ向けで、いわゆるヒッター向けかと思われます。物理的にドライバーほど重心距離が長くないので、ボクにとっては想定の範囲内の曲がりで抑えられそうなイメージでした。スカイトラックの飛距離データ的には、もちろんドライバーのそれを超えていませんが、弾道を見る限りではドライバー以上の飛距離を期待できそうなモデルですね。また、「サブゼロ」はやはり球が強いですね! ドライバーはちょっとオーバースペック気味にも感じましたが、FWはかなりいいフィーリングでした。もちろん「エピックフラッシュ スター」FWもいいFWですが、ん~、購入前提となるとかなり悩ましいですわ~w

<キャロウェイ「エピックフラッシュ サブゼロ」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、トライアクシャル・カーボンクラウン、フェース=カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:3+W=13.5度、3W=15度、5W=18度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD SZ」(S=51g、SR=49g/5.9/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅤ FW60」(S=68g/4.0/先中調子)。
■価格:「ツアーAD SZ」装着モデル各1本4万8000円+税。「Speeder EVOLUTIONⅤ FW60」装着モデル各1本5万3000円+税。