どーもです。

ヨネックスのニューモデル「Royal EZONE」シリーズを試打できました。先代シリーズを試打したのが去年だったような記憶があって過去記事をみると、ちょうど1年ほど前でした。何が言いたいかというと、「もう出たの?」です。そんな感想はともかく、先代はドライバー、ハイブリッドフェアウエーウッド、アイアンのラインアプでしたが、ニューモデルはドライバー、FW、UT、アイアンと従来のラインアップに戻っていました。邪推しちゃいそうですが…。何はともあれ、まずはドライバーから紹介しましょう。

まずは見た目から。

先代とはデザインも一新されていました。ソール後部のウエート8gは、重量は変わっていませんが、新作では若干ネックよりになっていたように見えました。フェース後部には「ミゾ」が配置されていましたが、これは某社の十八番でしたよね!! 

フェースはシャロー気味ですが、中央部がこんもりしているので、その分セミディープにも見えますね。形状的には、先代とほぼ同じですかね…

ボディはシャローでした。でも、先代に比較すると、気持ちフェース側がディープ化しているようにも見えました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積ですが、先代よりも後部に長く、ストレッチバックになっているように見えました。サイドビューではそれほど感じませんでしたが、実際に構えてみると、より重心深度が深くなったモデルのような印象も受けました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Royal EZONE」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角59.5度、長さ45.25インチ、総重量278g、バランスD2.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは重量41g、トルク5.9、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽めです。グリップもかなり細めでした。もちろん、想定の範囲内ですけどね。シャフトもSRからのラインアップです。手でしならせてみると、意外にも真ん中あたりが1番しなっていたようにも感じました。でも、ワッグルしてみると結構先が動くイメージでした。素振りしてみると、バランス以上にヘッド重量を感じるような感じでした。

実際に打ってみると、まず、そのロースピンな弾道にビックリです。見た目でも「スピン量少なっ!!」って感じるほどでした。スカイトラックデータを確認しても、ほぼ2100~2200rpmあたりで安定していました。ちなみに動画弾道は1925rpmですからね!! 軽量モデルなので振ろうと思えば振れますが、強振するとボクのスイングでは、逆球のプッシュアウトスライスの傾向でした。〝バランス数値以上にヘッド重量を感じる〟という先入観もあったかもしれませんが、結果的に振っていく、もしくは叩きにいくと、やはり振り遅れの傾向はあったように感じます。もちろん、重量帯からみても、そういうクラブではないとは思いますが、やはりボディーターン系に合いそうなモデルかなと思いました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.9m/s、初速62.1m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量2205.2rpm、サイドスピン-414.8rpm、飛距離241.6rpm
【ベスト】
HS42.0m/s、初速62.6m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量2228.8rpm、サイドスピン-385.9rpm、飛距離246.3y

打感は弾き系。思った以上に硬さも感じましたが、これは音がやや乾いた感じの高音系という影響もあったかもしれません。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道でした。でも振っていくと強弾道を得られますが、思ったほどの高さは出なかったように思います。この辺はシャフトの影響が大きいのかもしれません。スピン量は前述通りのロースピンです。総じて、少なめでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで、いい感じのドロー系でした。もちろん、いつもよりゆったり目を意識してのスイングでしたが、HSはそれほど変わっていません。ヘッド自体のつかまりは若干抑えているようイメージで、それほどヘッドの返る動きを感じませんでした。その分、シャフトでつかまえているようなイメージでした。

そのシャフトフィーリングですが、なんか不思議なシャフトでした。素振りでは結構ヘッドが動くのかなと想像させましたが、実際には想像ほどの動きはありませんでした。先中調子をうたうわりには切り返しでタメを作ってくれるイメージもあって、ダウンからインパクトにかけては中間から先のしなり戻りが速いイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめですかね。軽量モデルなのでHSがゆっくり目の方や女性にも合いそうな印象でした。おそらくボディターンタイプのゆったりスイングの方におすすめなのでしょうが、先中調子をうたうわりには、切り返しでタメを作ってくるイメージもあったんですよね。しかも、この重量帯のわりには、先代よりも球のつかまりに関して、若干ハードさも感じました。「重心角を大きくしてつかまえる」のではなく、「シャフトの動きでつかまえる」テーストを感じたので、結果的につかまるけど、そういう思想なのかな…なんて、ちょっとだけ思ってしまいました。まあ、大きく分類すれば、HSがゆっくり目の方で持ち球的にはフェード系の方におすすめなんでしょうけど、そういう意味では先代以上に気持ちハードというか、そんな感じはしました。

<ヨネックス「Royal EZONE 」ドライバー>
■KAZ’ sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=8AL-1Mo-1Vチタン、フェース=Super-TIX51AF、クラウン=オープンウィーブカーボン+namd、スリーブ=A7075アルミニウム合金、ウエートビス=タングステン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「Royal EZONE」(SR=41g、R=39g/5.9/先中調子)
■価格:1本9万5000円+税