どーもです。

ヨネックスのニューモデル「Royal EZONE」シリーズを試打できました。先代シリーズでは設定がなかったFWですが、ニューモデルでは設定されましたね。今回試打で手配できたモデルが5Wだったので、いつもの3Wとは違います。でもこの5W、めっちゃ球が上がります!! 上がりすぎて練習場の上部ネットに当たって落ちるほどでした! そんなFWですが、レポしたいと思います。

まずは見た目から。

先代はFW時代が存在していないので、比較のしようがありませんね! というわけで単体でいきますが、ソールデザインはドライバー同様です。当然と言えばそれまでですが…。ソール後部のウエート、フェース後部のミゾもね!!

フェースはシャローですが、スコアラインが斜めに刻まれています!! これは「トライプリンシプル」UTで採用されていたのと一緒ですね!!

ボディもシャローかつストレッチバックでした! これはかなり薄いっすね!!

後ろ姿も、薄いっす!

構えてみるとこんな感じ。5Wですが、それにしてもクラウンの投影面積は大きめに感じました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Royal EZONE」SRフレックス装着モデルの5W。スペックは、ロフト角18度、ライ角59度、長さ42.5インチ、総重量296g、バランスC9.5。ヘッド体積177cm3。シャフトスペックは重量42g、トルク5.6、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽めで、グリップもかなり細めでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様意外にも真ん中あたりが1番しなっていたようにも感じました。ワッグルしてみても結構先が動くイメージでしたが、素振りではドライバーのようにヘッド重量を感じるようなことはなく、むしろ「あれっ!? こんなにヘッドを感じないの!?」とそのドライバーとの感覚の違いに、むしろとまどったくらいでした。

実際に打ってみると、冒頭書いた通り、その球の上がり方にビックリです。決して吹け上がっているという感じではないのですが、ティアップして打つと2球に1回は上部ネットの当たるという球の上がりでした。そんなわけで、直打ちもしてみましたが、とにかく球が上がります!! これ、ボクにとっては打ちやすいクラブの条件ですので、5Wとはいえ、FWでこれだけ球が上がりやすいのはうれしいですね!! また、ドライバーとは全く違った振り感でした。正直いえば、「ここまで違っていいのかな!?」とさえ感じてしまいました。ドライバーはかなりヘッドを感じるイメージでしたが、このFWはむしろ逆でシャープに振れるイメージでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.7m/s、初速59.7m/s、打ち出し角20.6度、バックスピン量3491.6rpm、サイドスピン-891.2rpm、飛距離221.4rpm
【ベスト】
HS40.9m/s、初速60.0m/s、打ち出し角20.3度、バックスピン量3384.9rpm、サイドスピン-890.1rpm、飛距離224.5y

打感は弾き系ですが、ドライバーほど硬さは感じませんでした。ちょうどいい感じw 音はやや高めですが、ドライバーほど高音系ではなかったように思います。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、直高弾道ですわ~! めっちゃ上がります。しかも、決して吹け上がっているわけではありません。それがすごいっすね!!

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系かな。もちろん、いつも通りのスイングではなく、ゆっくり目を意識して振っていましたけど。ドライバーでは「ヘッドではなく、シャフトが球をつかまえる感じ」と書きましたが、このFWも若干そんなテーストは感じました。でも、ドライバーほどではなかったかな。

シャフトフィーリングですが、しなり戻りの速さはあると思いますが、意外と素直、かつシャープに振り切れるイメージでした。ドライバーのような切り返し時のタメ感はなく、ダウンからインパクトにかけて素直に中間から先にかけてしなり戻る感じですが、〝ギュン〟ではなく、〝シュッ〟とシャープかつ自然な感じでした。この感覚、好きかも…!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめですね。敢えて書きますが、ドライバーとは別モノですね。結果的にスインガータイプでフェードヒッター系におすすめなのは一緒ですが、フィーリングは全くの別モノです。かなりシャープに振り切れるイメージでした。基本性格的にはいわゆるオートマチック系で、クラブを信じて振り切ればあとはクラブがなんとかしてくれるという安心感がありました。

<ヨネックス「Royal EZONE 」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:8.5▽ミスの許容度:9.5
■ヘッド:ボディ=6AL-4Vチタン、フェース=Super-TIX51AF、クラウン=高強度カーボン、ウエートビス=タングステン合金
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Royal EZONE」(SR=42g、R=40g/5.6/先中調子)※5Wの場合
■価格:1本5500円+税