どーもです。

PRGR新製品を試打できました。今回試打できたのは昨日まで実戦投入をレポした「RS E」ドライバーに加え、「RS RED」シリーズのドライバー、FW、UT、アイアンです。まずは「RS」シリーズ最大のつかまりを実現したという「RS E」シリーズを紹介しましょう。すでに「RS」「RS F」が市場投入されていますが、同シリーズでつかまりを意識したモデルはこの「RS E」が初めてですね。どんなモデルなのか、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

デザイン的には「RS」「RS F」とほぼ同じですかね! ウエートポジションも同じ位置に見えたので、インナウエートの配置をよりネック側に配置することで、つかまりを実現していることが推測できますね。

フェースはセミディープかな。「RS」よりは気持ちディープに感じました。形状的には「RS F」に近いイメージでした。

ボディは、フェースがセミディープのわりにはシャロー。これは「RS」と同じようなイメージでした。「RS F」よりは若干シャローに感じました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。「RS」「RS F」は逃げ顔系でしたが、「RS E」は逃げ顔には見えませんでした。実際のフェースアングルはスクエアでした。クラウン形状ですが、ネック側の稜線がなんか違うような印象をうけました。「RS」「RS F」はやや絞った洋ナシ型っぽいイメージだったように感じましたが、「RS E」はやや丸型になっていてように感じました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for PRGR」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.5インチ、総重量308g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク5.2、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚は、重量的にはまずまずで、グリップもいい感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、Sのわりには結構しなるイメージでした。1番しなっていたのは中間からやや先辺り。素振りしてみると、結構ヘッドが動くイメージでした。

実際に打ってみると、まぁ、弾道が強いですね! これは「RS」シリーズの特徴でしょうね。つかまり系ということで、フッカーのボクは腐れフックを警戒しての試打になりました。その影響か最初はなぜかスライスを連発。ボクの感覚としては、ヘッドのつかまりはもちろん、シャフトでもつかまえるよう動きを感じました。ボクのようにタメて叩くタイプだと、つかまり系でもヘッドが若干遅れてくるようなイメージでした。ボクの場合、あまりタメを意識せず、かつインサイドアウト系で右に打ち出すイメージで良い感じのドローを打てました。つかまりを意識したモデルですが、ボクにとってはこのシャフトとマッチングは若干ピーキーさもあったかな。アウトサイドインでもヘッドが走って、つかまえてくれるイメージでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.5m/s、初速63.2m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量2645.4rpm、サイドスピン-654.3rpm、飛距離246.7y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速63.5m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量2730.0rpm、サイドスピン-512.9rpm、飛距離248.9y

打感はマイルド系ですね。この辺は「RS」シリーズらしい打感で、シャフトが薄めなの「シャコッ!」とした感じ。音も安定の中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道は、高弾道。「RS」「RS E」に比較するとやや球が上がりやすかったようなイメージもありましたが、これはシャフトとのマッチングもあるかもしれませんね。スピン量的には、かなりいい感じでしたね。

出球傾向はボクのスイングでドロー系ですが、これは逃がすことを意識してのスイング結果です。

シャフト挙動ですが、ボク的にはかなり動くイメージでした。結構中間から先がかなりしなるイメージで、しなり戻りのタイミングに若干のピーキーさを感じてしまいました。タメるとワンテンポ遅れる感じで、ボクはちょっと苦手だったかな。

今回ボクが打った限りでは、このスペックでHS42m/s±2m/sあたりにおすすめです。でも、これはタメて叩くタイプはNGかな。ボディターンで素直に振れるタイプ限定ですかね。自分で球をつかまえられる方にとっては必要の無いモデルだと思います。ヘッドの重心角も大きめな上に、シャフトも走る感じです。でもタメるワンテンポ遅れて、ヘッドがギュンと返ろうとするので、この動きがボクには〝ピーキー〟に感じてしまいました。きっとボクが特殊タイプだと思いますが、「RS」「RS F」とは確実に性格の違うモデルに感じました。

<PRGR「RS E」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MO)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for PRGR」(S=54g/5.2、SR=47g/5.5、R=44g/7.0/中調子)。
■価格:1本6万8000円+税。
■発売予定日:2019年4月19日