どーもです。

今日紹介するのは、PRGR「RS RED」シリーズのFWですが、これがまたぶっ飛びFWでしたわ~!! 弾道的には、着弾場所を見る限りは、正直ドライバー以上!! ここ最近そんなFWばかりの印象が強いのですが…。まぁ、その辺の一考は後述しましょう。というわけで、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

デザインは先代とは別モノですね! 当たり前ですが、ドライバーと同じようなデザインです。

フェースはシャローです。でも、フェース下部のラインが、先代に比較すると気持ちきつくなっているような印象で、その分ディープにも見えました。

シャロー&ストレッチバックなボディですね。先代はややヒップダウン気味に感じましたが、「RS RED」はミドルバックですかね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。投影面積、形状は先代とほぼ変わらないような印象でした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for PRGR」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角59.5度、長さ43.25インチ、総重量297g、バランスD1。ヘッド体積193cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク6.0、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽めで、グリップも細めでした。この辺は想定の範囲内ですけどね。シャフトを手でしならせてみても、Sにしてはかなり柔らかめです。ワッグルしてみてもヘッドがかなり動くイメージですが、素振りしてみると素直に振り切れるイメージ。この辺はドライバーのイメージと同じかな!

実際に打ってみると、まぁ、その弾道にビックリですわ~! ドライバーよりもドライバー然とした弾道に見えました。ガッツリ球が上がって、スピン量もかなりいい感じ。しかも弾道の見た目的には、ドライバーの着弾点よりもやや上で、ちょうど230yの表示あたりに見えました。もちろん、ドライバーの弾道は弾丸ライナー系だったので、かなり前に行くイメージで、FW弾道は最大到達点からやや下り初めたところだったという違いはありますが、FW弾道のほうがよりボクのイメージに合う弾道でした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.7m/s、初速61.2m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量2884.3rpm、サイドスピン-591.9rpm、飛距離237.2y
【ベスト】
HS42.3m/s、初速62.1m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量2741.3rpm、サイドスピン-805.3rpm、飛距離240.9y

打感は弾き系。ドライバーとは若干違うイメージで、気持ち硬さを伴うようなイメージでした。でも、音はドライバーと同じような高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。ドライバーよりも上がりやすいイメージでした。スピン量もほぼドライバーと変わらないイメージで、スカイトラックで確認してみても3球平均で約2800rpm程度でした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。ドライバー同様、やや逃がすようなイメージでいい感じのドロー系でした。

シャフト挙動ですが、このシャフトもメーカー的には元調子をうたっています。でも、元調子の動きは、少なくともボクは感じませんでした。結構素直にしなるイメージですが、ややヘッドが走るようなイメージもあって、ボク的には先中調子系の動きにも感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/s前後におすすめです。個人的にはドライバー以上の弾道が味わえるFWかなと。そんなイメージでした。ドライバー以上に振り切れるモデルですが、これは長さの影響かもしれません。ドライバーの話になってしまいますが、このFWの弾道をみると、「本当に46インチでいいのかな」という疑問が浮かびます。最近〝短尺化〟の流れもチラホラ見えていますが、45インチ、もっと言えば44インチで芯を食ったほうがドライバーも飛ぶんじゃないかと、思ってしまいますよね。これを検証するには購入するか、シャフトメーカーの協力が必要ですね。どこか協力してくれるところはないかな…。そういえば、JGFでフジクラが短尺シャフト「Speeder SLK」を発表していましたよね。これで試してみましょうかな! と、すっかりドライバーの話になってしまいましたが、このFW、マジぶっ飛びです!!

<PRGR「RS RED」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:チタン(Ti-6AL-4V)
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=17度、7W=20度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Speeder EVOLUTION for PRGR」(S=52g/6.0、
SR=46g/6.2、R=45g/6.2、R2=43g/6.2/元調子)
■価格:各1本5万5000円+税