どーもです。

マジェスティゴルフ「マルマン シャトル ゴールド」シリーズを試打できました。ゴルフフェア2019で発表されていたモデルですね。「シャトル」シリーズですが、以前ボクも「メガ・ブラッシー」を使用していたので、結構思い入れのあるモデルです。先代が「シャトルNX-1」シリーズでいいのかは不明ですが、仮にその間に発表されたモデルがあっても、ボクは打てていないので・・・。今回の比較対象は「シャトルNX-1」となります。というわけで、まずはドライバーからいってみましょう。いきなり余談ですが、〝マルマン〟は以前社名でしたが、〝マジェスティゴルフ〟に社名変更しましたよね。その結果、〝マルマン〟がブランド名になるという、複雑な事態になっていますよね。

そんな話はそこそこに、まずは見た目から。

ソールデザインですが、かなりシンプルになっていました。これはこれで、結構好きかもしれません!

フェースはセミディープですが、今となっては結構ディープかもしれませんね。フェース中央のトップラインがこんもり盛り上がっているので、そう感じました。何気に先代もそんな感じでしたけどね!!

ボディも結構ディープ気味ですよね!! 最近少なくなったように思う形状でした。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は、ボディを考えると思った以上に大きめかなって。カーボンの質感がいいですね! 形状的には丸型で、これも先代のイメージをそのまま継承した感じですかね。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUBUKI SG200」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45.25インチ、総重量301g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量57g、トルク5.2、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めですが、最近のモデルではまずまずかもしれません。で、意外にもグリップが太めでした! シャフトを手でしならせてみると、Sでもやや柔らかめですかね。しなりポイントは中間よりも先辺りでした。素振りしてみると、軽量モデルのわりにはヘッド重量感もいい感じで、気持ちよく振り抜けそうなイメージでした。

実際に打ってみると、意外だったのは打音です。かなりの高音系で、レンジで打つと周りが振る返るくらいの存在感でした。レンジの場合、壁もあるので反響の影響もあると思いますが、思った以上の音の大きさとやや金属的な高音にちょっとビックリしました。ですが、弾道的には文句なしですね!! 素振りのイメージからはもっとオートマチックにつかまる印象でしたが、腐れフッカーのボクが思っていたほどではなかったです。ヘッドを右前に放り出すイメージで、いい感じの弾道を打てました。弾道的には文句なしですが、個人的にはあの音がちょっと気になるかな・・・

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.3m/s、初速62.4m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量2883.6rpm、サイドスピン-209.7rpm、飛距離243.5y
【ベスト】
HS42.5m/s、初速62.3m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量2856.9rpm、サイドスピン-40.8rpm、飛距離245.4y

打感は弾き系。音の影響もあると思いますが、結構弾き感は強めに感じました。音は前述通りです。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、総じて高弾道ですね。ボクのスイングの問題で、弾丸ライナー系の高さになることも何球かありましたが、総じて球はしっかり上がると思います。スピン量は適量だと思います!! 3球平均でも2800rpmあたりでしたし、ガッツリ芯を食った動画弾道でも2900rpmあたりでした。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートです。もちろん、打ち出し方向のバラケはありますが、これはボクのスイングの問題ですので! もっと勝手につかまるような印象でしたが、実際に打ってみると決してつかまりすぎるモデルではないことが分かりました。

シャフトフィーリングですが、これはSでも若干柔らかめで、ダウンからインパクトにかけてヘッドが自然に走るようなイメージでした。ヘッドの重心距離が長めだと思いますが、その分シャフトでつかまるような思想に感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめ。このくらいのHSであれば、スインガーでもヒッターでも受け入れてくれる間口の広さを感じましたが、まぁ、持ち球的にはフェード系のほうがより合うでしょうね! 先代が「シャトルNX-1」でいいのかが分かりませんが、それよりも意外とクラブにしっかり感があるように感じました。アベレージゴルファーにとっての〝EASY〟を徹底追求したモデルがメーカーのうたい文句ですが、その片鱗は感じられました。でも、ここ最近のドライバーの重量帯を考えると、Sフレックス装着モデルは、ある程度HSが必要かなと思います。そういう意味では若年エントリー層がターゲットなのかもしれません。

<マジェスティゴルフ「マルマン シャトル・ゴールド」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=6-4チタン、フェース=フォージドチタン、クラウン=高強度カーボン
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI SG200」(S=57g/5.2、SR=52g/5.3、R=50g/5.4/先中調子)
■価格:1本7万5000円+税