どーもです。

マジェスティゴルフのニューモデル「マルマン シャトル・ゴールド」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。以前「シャトル」シリーズの2W「メガ・ブラッシー」を愛用していました、先代で2W(ブラッシー)はすでにシリーズから外れていましたので・・・(涙) もっとも、ブラッシー自体が特殊でしょうからねw 先代試打は5Wだったので今回、単純比較はできませんが、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインは、ドライバー同様シンプルです。丸型ヘッドを思わせる形状でした。

フェースは若干セミディープ気味にも見えました。でも、ドライバーほど、トップライン中央がこんもりしていませんでした。

ボディですが、意外にもシャローです。そして、いかにも重心深度が深そうなストレッチバックボディですね!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は、やや大きめかな。若干フックフェース気味にも感じました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUBUKI SG200」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ42.75インチ、総重量316g、バランスD2。ヘッド体積200cm3。シャフトスペックは、重量57g、トルク5.2、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚は、重量的にはやや軽め。でも軽量化が加速する最近の中で考えれば、何気に重量級なのかなって思います。しかも、グリップも太め!! シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様Sでもやや柔らかめに感じました。しなりポイントは、中間から先あたり。素振りしてみると、ドライバーよりも手元に若干柔らかさを感じたのと、ダウンからインパクにかけてヘッドがより走るようなイメージでした。

実際に打ってみると、ドライバーとは違って打音はかなり平均的でした。サスティンが短めな小気味のよい音で、ドライバーを打った後だと「んっ!?」って思うほどの違いでした。どちらの音が好きかと言われれば、FWですわ! で、ドライバーよりもつかまる感じですが、それでも直進性の高さを実感できました。〝やさしく、真っ直ぐ飛ばす〟がうたい文句ですが、その辺の実力は実感できると思います。飛距離も満足ですね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.7m/s、初速61.2m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量3060.8rpm、サイドスピン-379.9rpm、飛距離235.6y
【ベスト】
HS41.3m/s、初速60.6m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量2819.2rpm、サイドスピン-282.9rpm、飛距離237.0y

打感は弾き系。前述通り、ドライバーとは別モノです。なんかヘッドの中に何か詰まっているような感じの重さがあったのですが、それが若干気になったかな。音も前述通りです。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。ソール全体がタングステン合金の影響か、球はしっかり上がります。スピン量は、まぁ、ロフトに対して適量ですかね。最近15度でも3000rpm以下のモデルもありますが、そういう意味では、過度にロースピンを意識したモデルではなさそうに感じました。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートです。ドライバーでも書きましたが、打ち出し方向のバラケはありますが、これはボクのスイングの問題ですので。ドライバーよりもつかまりは感じましたが、これはシャフトとの相性かもしれませんね。

そのシャフトフィーリングですが、ドライバー同様Sでも若干柔らかめ。しかも、手元が気持ち柔らかめなのと、ダウンからインパクトにかけてヘッドがより走るようなイメージでした。ドライバーフィーリングと若干違うイメージだったのはよりつかまるヘッドと、ある程度つかまりを意識したシャフトとの相性なのかなって思いました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめ。このくらいのHSであれば、ドライバー同様スインガーでもヒッターでも受け入れてくれる間口の広さを感じました。球がしっかり上がるという意味ではゆったり振れるスインガー向けなのかもしれません。でも、ボクレベルのヒッターであれば。十分対応してくれるようなイメージでした。ドライバーよりもよりオーマチックにつかまるイメージなので、持ち球的にはフェード系もしくはスライス方によりおすすめです。重量帯を考えれば、Sフレックスモデルはドライバー同様、若年エントリー層がターゲットであることに間違いないと思います。

<マジェスティゴルフ「マルマン シャトル・ゴールド」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8.5
■ヘッド:ボディ=6-4チタン、ソール=タングステン合金
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI SG200」(S=57g/5.2、SR=52g/5.3、R=50g/5.4/先中調子)
■価格:各1本4万2000円+税