どーもです。

今日紹介するのは、マジェスティゴルフ「マルマン シャトル ゴールド」シリーズのUTです。最初に言っちゃいますが、このUT、ボクはちょっと苦手だったかもしれません。先代もそうでしたが、かなりグースに見えるモデルなので、腐れフッカーのボクとしては見た目から苦手だったりします。特にUTはつかまりがよくなっているモデルが多いので、頭では分かっていてもどこかに不安要素があって、気持ちよく振れないモデルでした。そんな状態での試打レポになりますが、よかったらご一読ください。

まずは見た目から。

ソールデザインはドライバー&FW同様シンプルですが、ヘッド形状的にはやや大きめでトップ側にボリュームがある感じ。

フェースはセミディープですね。日本の〝ユーティリティ〟というよりも、アメリカンな〝ハイブリッド〟を彷彿とさせる形状でした。

ボディも結構ディープですね。しかもハイバック!!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。やはりトゥ側にボリューム感のある、今風な形状ですね。フェースの切り方がグースをイメージさせるので、個人的には苦手意識も・・・

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「FUBUKI SG200」Sフレックス装着モデルの5U。スペックは、ロフト角23度、ライ角59度、長さ40インチ、総重量338g、バランスD1。ヘッド体積130cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.4、先調子。

試打会場は東京・メトログリーン、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でも再三書いているように、軽量化が進む中ではそこそこ重量級かなと思います。ちなみに、先代(SRモデル)よりも約15g重くなっていました。そして、グリップも太めでした。シャフトを手でしならせてみると、Sとしてはやや柔らかめですが、FWで感じた手元の柔らかさは特に感じませんでした。素振りしてみると、ダウンからインパクトにかけて結構ヘッドが走るイメージでした。

実際に打ってみると、苦手意識からかいまひとつしっくりと来ませんでした。が、出球的には悪くない感じでした。球もしっかり上がるし、つかまりも思ったほどオートマチックにつかまってしまうイメージはなかったですね。ヘッドを右前に放り出すイメージでいい感じのドローが打てました。いつもの感覚で打つと、腐れフックが出ることもありましたが、レンジでは意識して打てますからね・・・。スピン量ですが、バラバラでした(汗)3200~4600rpmと、かなりのバラツキです。この辺は不安の現れかもしれませんが、これはボクのメンタルおよびスイングの問題ですので、その辺は差し引いて読んでくださいw

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.1m/s、初速56.7m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量4052.8rpm、サイドスピン-519.1rpm、飛距離200.4y
【ベスト】
HS39.5m/s、初速57.2m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量4266.5rpm、サイドスピン-305.3rpm、飛距離201.2y

打感は弾き系。FW同様、ヘッドの中に何か詰まっているような感じの重さがある感じでした。音もFW同様でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、しっかり高弾道ですね。FW同様ソール全体がタングステン合金になっているので、球はしっかり上がります。動画弾道はガッツリ芯を食ったイメージでしたが、そのスピン量は約3800rpmです。そう考えると、実はロースピンモデルなのかなって・・・。FWではロースピンを意識したモデルではなさそうなんて書きましたが、結果的にロースピンモデルなのかもしれませんね。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。ドライバー、FWに比べると、シャフトとの相性もありそうですが、よりオートマチックにつかまる感じでした。

シャフトフィーリングですが、ドライバー、FW同様Sでも若干柔らかめです。でも、FWで感じた手元の柔らかさは、感じませんでした。その分、ダウンからインパクトにかけてよりヘッドが走るようなイメージもあったかな。その辺も腐れフッカーにとっては不安要素でしたが、逆を言えば、スライサーには強い味方ですよね!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめ。ドライバー&FW同様スインガーでもヒッターでも受け入れてくれる間口の広さを感じましたが、まぁ、実際に打った感覚からは、スインガータイプにおすすめですかね。ドライバー&FWよりは、よりオーマチックにつかまるイメージなので、持ち球的にはフェードもしくはスライスの方向けですね。重量帯を考えれば、Sフレックスモデルは若年エントリー層がターゲットであることに間違いないと思います。でも、ウッド系ではこのUTだけが、つかまりという意味では、やや性格が違ったように感じました。

<マジェスティゴルフ「マルマン シャトル・ゴールド」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9.5▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=450カスタム、ソール=タングステン合金
■ロフトバリエーション:4U=20度、5U=23度、6U=26度
■シャフト(重量/トルク/調子):「FUBUKI SG200」(S=58g/4.4、SR=53g/4.5、R=52g/4.6/先調子)
■価格:各1本3万円+税