どーもです。

平成ラストラウンドで使用したムジークの軽量ボール「コルテオ ライト42」ですが、あの日はあまりにも酷い状態だったため、4Hで使用を断念しました。さすがにそれだけでフィーリングを書くのも何ですよね。というわけで、まだラウンドレポートをアップしていませんが、令和初ラウンドで実戦投入してきましたので、そのフィーリングも踏まえてレポしたいと思います。また、ちょっとおもしろい練習場を発見しました! そちらも合わせてお届けします!

ゴルフで絶対に必要なのが、「クラブ」と「ボール」です。クラブにこだわる人は多いですが、自分も含めボールにこだわる人はクラブほど多くはないような印象です。それは、ボールのフィーリングがアマチュアゴルファーにわかりにくいということもあると思います。

そういうボクも、ボールテストは苦手です。例えば、タイトリスト「プロV1」と「プロV1x」をブラインド試打したら、どっちかさえ分からないと思います。もちろん、打ち方でも飛距離、スピン量が変わってくるということもアマチュアゴルファーにとっての鬼門だと思っています。個人的には、我々アマチュアゴルファーは「飛距離やフィーリングを合わせる」という目的で単一ブランドにすべきだとは思っています。

ボールのルールですが、直径は42.67mm以上、重量は45.93g以下という規定があります。そのほかにも、初速制限や標準総合飛距離などがあります。ボク自身その辺は詳しくないので、詳細は語れませんので・・・w

そんな中で、ボール重量に目を付けたのがムジーク「コルテオ」シリーズです。

実際に計測したわけではありませんが、世の中に存在するボールは約45gと言われています。中にはレディースの使用を意識した軽量モデルも存在していますが、HS40m/s以下であろうと、HS50m/sあろうとみんな約45gのボールを使っているのが現状でしょう。

ムジークはここに着目し、数年前にHS37m/s以下のゴルファー向けに開発したのが「コルテオ ライト 39」です。HSごとにインパクト時のヘッドの減速度を研究したところ、ボールの重量が大きな要因になっていることにたどり着きました。その結果、反発性能の高いコアを採用した「39g」という平均的なモデルよりも6g軽いボールを発売しました。さすがにこれはテストしていませんが、今回42gの「コルテオ ライト42」が出るということで、テストしてみました。

ちなみに、今のボクのHSはほぼ42~43m/sです。

まずはドライバーフィーリング。正直な感想を言えば、インパクトでやや軽さがあるように感じました。もちろん、先入観もあるかもしれません。ですが、結果を見る限り、飛距離的には45gのボールとそん色のない飛びでした。個人的には、悪くない印象でした。上から目線になりますが、「使ってもいいかな!!」ってな感じでした。

アイアンフィーリングですが、これは45gボールとほぼ変わりません。飛距離も番手のイメージ通り!! ドライバーでは「使ってもいいかな!!」だった個人的感想ですが、アイアンは「使える!」です!

ウエッジフィーリングも、45gボールとほぼ同等でした。ですが、距離的には、自分が思っている以上に飛んでいるイメージがあったのも事実かな。スピン性能は、ボクの打ち方の問題もありますが、その差は感じませんでした。ただし、100yショットの際、ボクは高さである程度止まると思っていますが、そういう意味では45gに比べると軽い分気持ちランが出ていたような感じもありました。個人的には、「使ってもいいかな!」ですw

最後にパターフィーリング。45gボールと最もフィーリングが違ったのが、このパターフィーリングです。「コルテオ ライト42」は同じパターで打ってもまず打感が軽い印象でした。そして、明らかに違ったのは〝球の伸び〟です。「あとひと転がり」が45gに比べると、なかったように感じてしまいました。パターフィーリングは「ちょっと・・・」でした。

普段使っている45gのボールから、いきなり3g軽くなったので、当然先入観もあります。また、これまで蓄積された〝慣れ〟もあるので、とまどうのは当然の結果でしょう。その辺を差し引いてボクの結論は、ショットフィーリングは「悪くない!」ですが、パターフィーリングは「いまひとつ」です。

でも、実は令和初ラウンドでは、ここ最近出せていない80台をマーク。皮肉なもんですわ~(笑)

実際のラウンドだとアドレナリンが出ていつも以上に振ってしまうことを考慮すれば、ボク的にはHS40m/sあたりがコアターゲット層かなと感じました。特にパターでは〝慣れ〟が必要かもしれませんが、3~5ラウンドもすれば慣れるでしょう。このボールが合う方は必ずいるはずなので、HS40m/s辺りで〝もっと飛ばしたい〟と思っている方はぜひ1度試してみてください!

<ムジーク「コルテオ ライト42」>
■構造:2ピース
■コア:軽高反発コア
■カバー:ソフトアイオノマー
■ディンプル:328デュアルラディウスマルチディンプル
■カラー:ホワイト、オレンジ、イエロー、ピンク

続いては、平成ラストラウンド後の話です。節目にも関わらず、今期ワーストスコアをたたき出し、その足でへこんだまま帰省しました。

例の病気のおかげで、18歳で上京以来疎遠だった小中学校の同級生との縁が復活しました。そんな仲間たちから、「おもしろい練習場があるから行ってみたらどう」と薦められたのが、埼玉・羽生市の水上(すいじょう)ゴルフセンターです。

こちらはなんと、一面水! そう池に向かって打つという、なかなか珍しいレンジです。

対岸までは350y(?)とか! 250y付近に打席と並行になるようにブイが浮いています。そして、浮島がちょこちょことあります。豪快なショットを楽しめますが、何より

安い!!

ボクがうかがったのはまさに〝平成最後の日〟でしたが、この日は

2時間打ち放題で1290円!!(税込)

普段利用しているメトログリーン東陽町は、1階席平日1球18円ですからね。もちろん地代が違うので仕方がないことですが、ゴルファーにとってはかなり恵まれた環境だなって実感しました。

一緒に行った同級生に動画を撮ってもらいましたので、久しぶりに登場しちゃいますが・・・

スイングよりも

禿げてる!! www

白髪は禿げないなんて、ウソだわ!! このまま禿げたら、丸刈りにしますわ~!

100yショットをたっぷり1時間ほど練習して、あとはダラダラと・・・w 50y辺りに小さな浮き島があるのですが、さすがに1球も乗りませんでした。浮き島に落としても跳ねてしまうので乗りません。まぁ、その距離を打てれば問題ないので、乗せる意味も無いんですけどね!

ボールをどうやって回収しているのかは、分かりません。ちなみに、ダンゴボールでした。沈むボールがほんどでしたが、中には浮かんでいるボールがあるので、〝重量〟の個体差がかなりありそうですが・・・

ちなみに、隣は釣り堀になっていました!

で、駐車場ですが、かなり遊び心がありますね!

同級生に言われても気付かなかったですわ! 話のネタに1度ぜひ!!

■水上ゴルフセンター 埼玉県羽生市三田ケ谷2551-1