どーもです。

今日紹介するのはPRGRのヘッドパーツモデルTUNE」シリーズのニューモデルアイアン「TUNE05 CB」アイアンです。これまで同シリーズには「TUNE01 MB」「TUNE02 CB」の2モデルがラインアップされていましたが、今回登場した「TUNE05 CB」は「TUNE02 CB」の流れを汲むモデルでしょうね。何が違うのかは、ロフトです。飛距離を意識したディスタンス系モデルになっています。というわけで、さっそくレポしてみましょう。

まずは見た目から。

デザイン的には「TUNE01 MB」の流れを汲むモデルに見えますが、まぁ「TUNE02 CB」の兄弟モデルになるでしょうね。バックフェース下部のウエートが、なんか男心をくすぐりますね!!

フェースはミッドサイズかな。形状も含め「TUNE02 CB」を思わせます。

ソール幅は、フェースの大きさのイメージとちょうどいい感じで、広すぎず狭すぎずでした。トゥ側後方がすっと落とされている形状も、「TUNE02 CB」を思い出させます。

ネックはわずかにグースが入った感じで、「TUNE02 CB」との大きな変更はここですね。ストロングロフトにした分、つかまりを意識してだと思います。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードがやや厚めに変更されているのと、やはり気持ちグースネックにした分、球を包み込むようなイメージもありますね。

今回試打したのは、日本シャフト社製スチールシャフト「NSPRO050GH」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量420g、バランスD0。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.8、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚は、やはり数字ほどの重量を感じませんでした。これも、思ったより軽めです。グリップもちょうどいい太さでした。スチールシャフトですが、手でしならせてみるとまぁイメージ通りの硬さです。しなりポイントはちょうど真ん中辺り。ワッグルしてみると、程よいヘッドの動き感ですが、素振りしてみると、バランス値以上にヘッド重量を感じました。

実際に打ってみると、シリーズ初のディスタンス系アイアンでロフトを立てたモデルですが、球の上がり方と操作性などのバランスが絶妙ですね! 28度のストロングロフトですが、しっかり球が上がるのと、バックフェースのウエートの影響かかなりミスヒットの寛容性が高いのを実感しました。その上で、ある程度のコントロール性も意識しているようなイメージでした。この辺のバランスが絶妙です!! 数値的にはロフトが立っている分、打ち出し角は低めですが、見た目的には「TUNE02 CB」とほぼ同等の上がり方に見えました。そして、ロフトが立っている分、明らかに飛んでます!! 何度でも書きますが、このバランス感が絶妙ですわ!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.7m/s、初速51.0m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量4145.8rpm、サイドスピン-1109.0rpm、飛距離178.0y
【ベスト】
HS40.0m/s、初速51.3m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量4359.9rpm、サイドスピン-1014.3rpm、飛距離178.7y

打感はマイルド系。マレージング綱のようですが、スイートエリアの厚みが絶妙なんでしょうね。シュッパといういかにものフィーリングは秀逸です!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。ロフトを考えれば十分高弾道と言えるでしょう。スピン量はやや少なめかな。まぁ、1球目はフェースやや下目に当たったトップ気味な感じでした、それでもしっかり球を上げてくれいましたからね! かなりミスヒットの寛容性は高いと思います。スピン量は少なめかな!

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー系。ですが、気持ちアウトサイドインを心がけるといい感じのドロー系でした。同シリーズ従来モデルに比べると操作性的にはややオートマチック感がありますが、一般的なモデルの中ではある程度操作性も意識したモデルのように感じました。

シャフトフィーリングですが、「NSPRO950GH」でいつも感じるインパクト時のグニャリ感はなかったです。あれ、なんなんでしょね!? 何はともあれ、この組み合わせはクセがなく、いい感じでした!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめ。基本性格ですが、このアイアンも決してオートマチック系ではないようなイメージでした。ですが、昨日のUT同様「難しくて使えない」モデルではありません。もちろん、ボクレベルで十分に使えそうなモデルです。「TUNE02 CB」よりもロフトが立っている分、確実に飛距離が期待できるモデルです。ロフトが立つとその分打ちづらさも出てくるでしょうが、シャフト長を短くし、しかもヘッド自体のミスヒットの寛容性も高めるという、絶妙なバランス感を感じました。ヘッドパーツなのでシャフト長は変えられますが、今回試打試打したモデルからはそんなメッセージを感じました。これ、絶妙っす!!

<PEGR「TUNE05 CB」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9.5
■ヘッド:ボディ=軟鉄(8620)、フェース=マレージング綱(K301)
■価格:5個(#6~PW)セット10万円+税、単品(#5)2万円+税