どーもです。

今日紹介するのはフォーティーンのニューアイアン「HI540フォージド」アイアンです。「HI」は通称〝バナナ〟の名称親しまれたUTがありましたが、アイアンは今回の540が初登場だと思います。少なくともゴルフ体験主義では打っていませんので(笑) どうやら中空構造アイアンのようですが、果たしてどんな実力の持ち主なのでしょうか。さっそく、いってみましょう。

まずは見た目から。

かなり特徴的なバックフェースですね! とはいえ、シンプルです!! このシンプルさはフォーティーンのアイデンティティさえ感じます。

顔はミッドラージかな。安心感のある大きさでした。形状的にもオーソドックスですね。

ソール幅もセミワイド。多少ダフり気味に入っても、滑ることで抜けの良さを実現するコンセプトでしょうね。

ネックはセミグース。ボディはいかにも中空アイアンらしい、かなりファットなボディになっていました。

構えてみるとこんな感じ。ボディはファットですが、思ったほどトップラインの厚みも、バックフェースの厚みなかったですね。〝やり過ぎない〟バランス感覚が好印象でした。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH HT」Sフレックスモデルの#7。スペックは、ロフト角28度、ライ角61.5度、長さ37.75インチ、総重量405g、バランスD0.5。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.8、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感じですが、重量的には軽め。でもグリップはやや太め。これ意外でしたね。シャフトを手でしならせてみると、スチールのわりにはそこそこしなるイメージでした。しなりポイントは中間よりもやや先辺りに感じました。ワッグルしてみると、それなりにヘッドが動く感じですが、素振りしてみると、それほどヘッドの存在感を感じませんでした。これ、不思議な感じでした!!

実際に打ってみると、その第一印象は〝EASY〟です。ミドルアイアンを簡単に、とうたっていますが、このキャッチコピーに〝いつわりなし〟でした! ボクはまず球が上がりやすいことが扱いやすいアイアンの第一条件だと思っていますが、今となってはこれをクリアしていないアイアンのほうが少なくなったと感じています。中空構造ですが、ぶっちゃけ見た目でそう思いました。でも、実際に打ってみると「これ、ホントに中空なの?」ってくらい打感はかなり柔らかめで、中空特有の打感はありませんでした。これ、好印象でしたわ~!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.5m/s、初速50.7m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量4478.5rpm、サイドスピン-769.3rpm、飛距離173.8y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速50.9m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量4606.6rpm、サイドスピン-607.2rpm、飛距離175.5y

打感はマイルド!! 中空特有の空洞感は一切ありません。音的にはいわゆる中高音系で、サスティングが短めで小気味のいい軽快な音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、高弾道です。中空アイアンの強みを生かして、かなり球は上がりやすくなっていると思います。また、かなりミスヒットの寛容性が高いイメージでした。特にフェース下部!! ハーフトップでも「ん!? そこまで上がるの?」ってな感じでした。スピン量ですが、見た目ではもう少し多いように感じましたが、スカイトラックで見る限りでは少なめですね・・・w

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。それほど重心距離が長めには感じませんが、どちらかというと重心角でつかまえる感じなのかなって。アウトサイドインのカット打ちイメージでも、ボクのスイングでは良い感じのドローでした。

シャフトフィーリングですが、NSPRO950GHよりも球が上がりやすいような印象ですかね。NSPRO950GHよりはやや先がしなって、球を上げてくれるようなイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめかな。メーカーが掲げるキャッチコピー通り、ミドルアイアの打ちやすさにこだわったモデルで、それをしっかりボクレベルでも体感できるモデルでした。中空構造のメリットは重心深度を深めることができることでしょう。そのメリットでもあるミスヒットに対する寛容性の高さは相当でした。また、その深重心とさまざまな要素が絡みあうことで、ストロングロフトでも高い打ち出し角を実現したアイアンだと思います。しかも、打感もマイルドとなると・・・!! 初心者はもちろん、中・上級者でも楽しめるアイアンですね。弾道を意のままに扱いたい上級者およびアスリート以外の全てのゴルファーがそのメリットを享受できそうかなって、感じました。

<フォーティーン「HI540フォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=SUS630、フェース=SUP10
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH HT」(S=98g/1.8、R=94.5g/2.0/中調子)。カーボンシャフト「FT-26i」(S=60g/3.3、R=55g/3.6 /中調子)
■価格:スチールシャフト&カーボンシャフト装着モデル3 本 (#7~#9)セット7万2000円+税、単品(#5、#6)各1本2万4000円+税。