どーもです。

ロマロのニューモデル「RAYα」シリーズと、「アルコバッサasa」ウエッジ、「TANK FLANKER」パターを試打できました。今回ウエッジとパターは実戦投入していますので、「RAYα」シリーズを紹介後、1度ラウンドレポートを挟んで、ウエッジ&パターを紹介したいと思います。というわけで、まずは「RAYα」シリーズです。4年ぶりになると思いますが、前モデル発売時はなんかドカーンと紙面でレポした記憶が・・・。今回の「RAYα」はドライバー、FW、アイアンの3モデルをラインアップです。今日はドライバーを紹介しましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、しっかり先代を踏襲していますね。でも、ソール後部のバッジは新作のほうが大きくなっていました。

フェースはシャロー気味ですね。形状的にも先代とほぼ変わっていないように見えました。また、カップフェース構造も変わっていませんが、素材が変更されています。より軽く、薄く、強じんで大きくたわむ素材を独自開発していました。また、フェース裏側が4段階の肉厚構造の「クワトロ・カップフェース」になっているようです。

ボディはややシャロー気味かな。ボディの外見はおそらく先代と変更はありませんが、軽量化したことで生まれた余剰重量を重心位置の延長線上後部に配置することで、高効率インパクトを実現する「コアシステム」を採用しています。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。見た目的には先代同様、クラウンの投影面積は大きめで、ロマロとしては扱いやすそうな雰囲気のモデルだと思います。

なお、カットモデルはこんな感じです!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RJ-TF」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45.75インチ、総重量279g、バランスC9。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量44g、トルク5.4、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽め。先代のイメージからすると正直「あれれ!?」でした。グリップもやや細めですが、この重量帯であれば納得です。シャフトを手でしならせてみると、Sのわりにはかなり柔らかめでした。何より持ってすぐに、拳の先でグリップ幅内の先端部あたりの柔らかさを感じました。なかなかここで柔らかさを感じるシャフトは数少ないですが、同じように感じたものはなくなないですw しなりポイントですが。中間よりも手元側に感じました。素振りしてみると、このスペックだとC9のわりにはヘッド重量を感じたかな。ただし、かなりグリップ先端部の柔らかさが気になりましたね。

実際に打ってみると、いきなりプッシュアウトからのスライスを連発!! んっ!? です。いろいろ試してみましたが、ぶっちゃけどこに当たっているのかがいまいち分かりませんでした。で、打点マークで確認すると、ボクの場合このシャフトで打つとヒール側下部にはずしている傾向が強いと分かりました。そこで、いつもは左足かかとの延長線上にセットするボールを思い切って左股関節の延長線上にセットしてみると、良い感じに芯を食いました。ヘッド的に確実に進化していると思います。重心の延長線上にウエートを置くことでより高効率なインパクトを実現させているので、スピン量自体は少なめ。その効果の片鱗は確認できましたが、いかんせんボクにはシャフトが合いませんでした。その辺がメンタル面に影響していると思います。でも、打ち方が分かったあとの結果を見る限りでは、他のドライバーとなんらそん色のない飛距離はマークしていました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.0m/s、初速61.0m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量2812.4rpm、サイドスピン-104.7rpmm、飛距離244.7y
【ベスト】
HS42.2m/s、初速61.3m/s、打ち出し角14.5度、バックスピン量2856.9rpm、サイドスピン40.8rpm、飛距離245.4y

打感はマイルド系ですが、芯を外すとやや弾き感もあります。ただその弾き感のある範囲がかなり広く、自分もそうでしたが、かなりヒール気味でも、若干ヒール気味で打感がそれほど変わりませんでした。それだけスイートエリアが広いのだと思います。音は気持ち高めかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、まぁ、高弾道かな!! ボクの打ち方による部分が大きいですが、芯を食った時はやや高めの中弾道イメージで、弾丸ライナー系が多かったと思います。スピン量は安定して2700~2800rpmあたりですね。ヒール気味に外しても2000rpmでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングでは、右も左も出ちゃいました。でも、打ち方が分かった後はほぼストレートでした! ボクのスイングに起因する打ち出し方向のバラけはありますが、その方向に真っ直ぐだったので、直進性は高いモデルだと思います。

シャフトフィーリングですが、冒頭書いた通り、拳の先、グリップ幅内の先端部に柔らかさを感じました。実際に打ってみると、Sのわりには全体的に動きが大きく、C9というバランスのわりにはヘッドが動くイメージでした。いつものボール位置でヒールヒット気味ということを考えると、思った以上に先端部も動いているんですかね。先代にはいっていた「RJ-TC」Sフレックスの重量55g、トルク4.0を考えると、かなりシャフト自体見直されていることがわかりますね。とにかく、全体的に柔らかめで、ボクにとってはつかみどころのないシャフトイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめです。先代よりも総重量で約25g、シャフト重量も11g軽量化されています。「RAY」はアスリート向けのイメージが強く、「RAY」をより簡単にと立ちあげられたのが「RAY タイプR」でさらにエントリー層に広げたのが「RAYα」だったと記憶しています。今回のニューモデルは、4年前に発表された「RAYα」を使っていた人を対象に軽量化しただけなく、新たに軽量エントリーモデルとして位置づけし直したようにも感じました。アウトサイドイン系の払い打ちタイプが、オートマチックに球を上げ、かつつかまえられるモデルだと思います。かなり軽量なので、このスペックであればHS速めの女性ゴルファーにもおすすめですね。

ボクにはシャフトがマッチしませんでしたが、もうちょっとしっかりしたシャフトで、ある程度スピンが入るシャフトを併せたら、とんでもない強弾道が得られそうな予感も・・・!

<ロマロ「RAYα」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=RZR446チタン、クラウン=15-3-3-3チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「RJ-TF」(S=44g/5.4、R=41g/5.7/中調子)
■価格:1本10 万1000円+税