どーもです。

今日紹介するのはロマロのニューモデル「RAYα」シリーズのアイアンです。先代はデフォルトモデルでスチールシャフトモデルをラインアップしていましたが、今回はカーボンシャフトのみとなっていました。これはかなりの割り切りですね。何はともあれ、レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ウッド系は見た目的には先代と変わらないイメージでしたが、アイアンは全くの別モノになっていました。先代はポケキャビでしたが、今回は中空アイアンになっていました。バックフェースの青いラインが流麗ですよね! 

フェースはラージフェースですが、形状的にはネック側の縦幅が狭くなり、よりトゥが立って見えるように感じました。しかも、アイアンにも「クワトロ・カップフェース」を採用しています!!

ソール幅は、まあ、顔の大きさを考えれば妥当な幅だと思います。

ネックはグースネック。いかにもつかまりが良さそうなイメージです。かなりフェース下部にボリュームを寄せているので、相当低深重心を意識したモデルだと感じました。

構えてみるとこんな感じ。イメージでは「やさしく、つかまる」感じですね。先代以上にそんなイメージを受けました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「RJ-Ti5」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角62度、長さ37.5インチ、総重量354g、バランD0。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.3、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽いです。グリップもかなり細めですね。シャフトを手でしならせてみると、Sでもかなり柔らかめ。ドライバーやFWで感じたグリップ幅内の先端部あたりの柔らかさは、ほとんど感じませんでした。しなりポイントはほぼ中間かな。素振りしてみると、バランスD0のわりにはヘッドが動くイメージがありました。

実際に打ってみると、ドッカン系アイアンですね! 低深重心モデルらしく打ち出しから高弾道で、スピン量が少なめの棒球を味わえるアイアンです。つかまりもかなり良い感じでしたが、腐れフッカーのボクにはつかまりすぎだったのは否めません。ヘッドを見る限り重心距離が短いとは思わないので、重心角が大きめだと思います。まぁ、ボクには重量的に軽いので、振り過ぎということもありそうですけど(汗) ボク的にはアウトサイドインを意識したスイングでも、つかまっちゃう感じでした。なにはともれ、いわゆる棒球が打てるアイアンに間違いありません!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速52.0m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量4072.8rpm、サイドスピン-844.9rpm、飛距離184.4y
【ベスト】
HS40.3m/s、初速51.7m/s、打ち出し角17.4度、バックスピン量3948.4rpm、サイドスピン-800.4rpm、飛距離185.5y

打感はマイルド系ですが、若干厚めのインパクトかな。いわゆる吸い付くような打感ではなく、これは中空構造特有の厚めのインパクトでした。この打感を中空アイアン以外で感じると、たいていスピン量が増えていますが、このアイアンは逆にスピン量が少なめでした。音は中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、高弾道です。ロフト角を考えれば、しっかり球を上げてくれますね。スピン量もかなり少なめ!! これを棒球と言わず、何を棒球というのかといった感じ。これは究極の低深重心モデルかなってw

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー。まぁ、振り過ぎの感も否めませんが・・・。ドライバー&FWの直進性の高さを考えると、アイアンはつかまりすぎかなとも思いました。が、つかまるアイアンを逃がすことはアマチュアでもできそうですが、つかまらないアイアンでつかまえるのはアマチュアには無理だと思うので、これはこれでありかなと!!

シャフトフィーリングですが、アイアン用もSのわりには柔らかめですが、ウッド系よりは扱いやすかったですね。ダウンからインパクトにかけて、ややヘッドが動くイメージもありましたが、思った以上にシャフト自体は素直に真ん中からしなる挙動でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS38~40m/sあたりにおすすめ。このアイアンは、ウッド系とは若干趣が違って、オートマチックにつかまる系ですね。シャフト挙動の違いかな!? ボク的にはアウトサイドイン系のスインガータイプで、持ち球的にはスライス系の方におすすめです。先代とはコンセプトから完全に見直しされて、よりエントリー層が使いやすいアイアンに生まれ変わっていたように感じました。

生まれ変わったロマロ「RAYα」シリーズですが、先代でも難しいという声があったのかもしれません。それがニューモデルの軽量化につながったのではと推測しています。先代はある程度パワーのある若年エントリー層でも使えるモデルでしたが、今回は軽量化を果たしたことから、若年層といよりはHSがゆったり目のエントリー層の使用を意識したようにくみ取れます。

そうなると、若年層はどうしたらいいのか? そこはカスタムするしかないでしょうが、その際気になるのかコスト面です。欲しいと思った若年層がカスタム対応で金額が上がるとしたら、他を手にする可能性もあるかな・・・などど、要らぬ心配をしてしまったのでした。

<ロマロ「RAYα」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=431ステンレス、フェース=RZR446チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「RJ-Ti5」(S=50g/4.3、R=47g/4.8/中調子)
■価格:6本(#5~PW)セット18万6000円+税、単品(AW、SW)各1本3 万1000円+税 ※カラーミーリング(ブルー)6本セット21万6000円+税、単品各1本3万6000円+税。