どーもです。

ダンロップスポーツのニューモデル「ゼクシオプライム(2019)」シリーズを試打できました。50歳になりこういうクラブも無視できない状況になりつつありますが、さすがに「ゼクシオプライム」はまだ・・・とか思ったりして!! でも、先代のドライバーとアイアンを試打していましたので、おそらく同じようなことを思ったのでしょうね(笑) 今回はFW&UTも試打しました~! というわけでまずはドライバーから紹介しましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、ブラック&ゴールドでかなり精悍なイメージに変更されていました。ソール後部のゴールドウエートが目を引きますね。

フェースはシャローフェースでした。形状的には先代と変わらないと思いますが、ややアップライトになっていたようにも見えました。確認してみると、先代比で2度アップライトになっていました!

ボディもシャローですね。形状的には先代と変わっていないイメージで、深重心を意識したモデルだと思います。

後ろ姿です。ソールウエート位置がかなりネック側に寄せられている事から、先代よりも重心距離が短く、つかまりを意識したモデルのように感じます。

構えてみるとこんな感じ。投影面積大きめの丸型クラウンと、先代同様かなりのフックフェースになっていました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ゼクシオプライム SP-1000」SRフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角60度、長さ46.5インチ、総重量252g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量38g、トルク6.5、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

持ってみた感覚ですが、かなり軽量です。先代に比較しても2g軽量化されています。グリップもかなり細めでした。シャフトを手でしならせると、かなり柔らかめです。ハッキリ言って、〝クニャクニャ〟です。それくらい柔らかかったです。しなりポイントは中間辺りでしたが、ワッグルしてみるとかなりヘッドが動く感じでした。素振りしてみると、思った以上にヘッドを感じたのと、シャフトフィーリングが全体しなりのようなイメージがありつつ、結構ヘッドが動くイメージでした。

実際に打ってみると、ん~、なんか思ったように打てません。まず構えた第一印象が〝長っ!!〟でした。先代よりも0.5インチ長くなっています。長尺が苦手なボクにとっては違和感につながってしまいました。長いのは横降りせざるを得ないのですが、いろいろ試した結論として、ボクとしてはややアウトサイドイン気味に立て振りを意識した方がしっかり打てるイメージでした。タメを作れるタイプだと若干ヘッドが暴れるイメージもあって、むしろ手打ち系の方が良さそうなイメージもありました。ボクとしては、ヘッドがけっこう暴れるイメージでした。キッチリインパクトできない感じで、どうやっても擦っている感じだったのと、やはり長さの影響が振りにくさにつながってしまったと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.9m/s、初速60.9m/s、打ち出し角15.4度、バックスピン量3305.4rpm、サイドスピン-741.7rpm、飛距離236.5y
【ベスト】
HS42.3m/s、初速61.4m/s、打ち出し角14.4度、バックスピン量3151.3rpm、サイドスピン-974.8rpm、飛距離237.7y

打感は弾き系。結構カンカンした硬さを伴う弾き系に感じましたが、芯を食った時はやや柔らかさもありました。音は高音系です。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、高弾道です。でも、当たり方でドーンと上がったり、弾丸ライナー系だったりでした。これはシャフトとの相性もあると思います。スピン量も多めですが、これもシャフトの影響でしょうね。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。タイミングが取り憎いので、出球もバラける傾向が強かったような印象でしたが、概ねドロー系でした。あっ、つかまりはかなりいいと思います。

シャフトフィーリングですが、ボクにとってはかなりやっかいなイメージでした。全体しなりイメージでしたが、ヘッドが暴れるイメージもありました。総重量が軽めなわりにヘッドが効いている感じでしたし、HS37m/s以下ならむしろ手打ちのほうが良さそうなイメージもあったかも・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS37m/s以下におすすめかな。かなり軽めな上に、先代より0.5インチ長くなっているのがポイントかな。いわゆる手打ち系の方でもしっかり球を上げられるイメージだったかな。さすがにボクにはまだ時期尚早感は否めませんが、個人的にはHS速めの女性におおすすめしたいイメージでした。ですが、女性が好む色遣いではないんですよね。ゴールド&ブラックですから、間違いなくグランドシニア層を意識していると思います。ボクにとっては0.5インチ長くなったことが致命的でしたが、こういうクラブが必要な方も確実にいると思います。先代まではそこそこ打てたんでづけどねぇ・・・

<ダンロップスポーツ「ゼクシオプライム(2019)」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ8-2チタン+SUSウエート、フェース=チタン(Super-TIX PLU for XXIO)
■シャフト(重量/トルク/調子):「XXIO PRIME SP-1000」(SR=38g/6.5、R=36g/6.6、R2=36g/6.7/中調子)
■価格:11万5000円+税