どーもです。

今日紹介するのは、ダンロップスポーツのニューモデル「ゼクシオプライム(2019)」シリーズのFWです。昨日紹介したドライバーは全くボクには全く打てないモデルになってしまいましたが、このFWはどうでしょうか? 先代はFW、UTを打てていないので、比較することはできませんが、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインはドライバー同様ですが、ソールウエートはかなり遠慮気味に感じました。

フェースはシャローフェース。かなりのシャローフェースですね。トゥ・ヒール方向にやや面長にも感じました。

ボディもシャローです。顔があれだけシャローで、ボディがファットというのもないでしょうけど! かなりのストレッチバックで、重心深度の深さを見た目からも感じられます。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめですね。ちょっと気になったのは、クラウンのカーブの頂点とボールマークの位置のズレですね。ボールマークはフェース中央ですが、カーブのトップはややネックよりなんですよね・・・

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ゼクシオプライム SP-1000」SRフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角59度、長さ43.25インチ、総重量274g、バランスD2。ヘッド体積202cm3。シャフトスペックは、重量39g、トルク6.3、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

持ってみた感覚としては、重量的にはかなり軽めです。まぁ当然といえば当然ですが。で、グリップも細め。シャフトを手でしならせてみると、まあ柔らかいです。ドライバーとほぼ変わらないしなり方で、しなりポイント真ん中辺り。ワッグルしてみると、ドライバーほどヘッドは動かない感じで、それは素振りしてみても一緒でした。

実際に打ってみると、あら不思議!! いいじゃですか!! やっぱりドライバーが打てなかったのは、「長さの問題だったのでは・・・」と思ってしまいました。この3Wも43.25インチと一般的な3Wよりは0.25インチ長いのですが、元々43インチの0.25インチと46インチ0.5インチは意味が違いますよね!! ほぼいつもと同じ感覚で振れるので、結果も上々・・・。というか、スカイトラックを見る限り、ドライバーと変わらない結果でした。肝心なフィーリングですが、つかまりがかなりいい印象で、ボクがアウトサイドインを意識してもつかまって、打ち出しから左に出てしまいました。インサイドアウト系で右前にヘッドを放り出すイメージで、いい感じの持ち球を打てました。スピン量はやや多めですが、このシャフトですからそれは致し方なしですよね。かなり打ちやすさを前面に出したモデルだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.9m/s、初速60.0m/s、打ち出し角16.9度、バックスピン量3185.7rpm、サイドスピン-635.4rpm、飛距離236.3y
【ベスト】
HS41.6m/s、初速60.5m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量3276.0rpm、サイドスピン-615.5rpm、飛距離238.1y

打感はソリッド系。ドライバーのようなカンカンした感じはなく、弾き感とマイルド感がいい感じの混ざった感じでした。音もドライバーほど高音ではなかったかな!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道です。クラブがガッツリ球を上げてくれるイメージですね。オートマチックに球は上がります。スピン量はやや多めですが、それはこのシャフトだからでしょうね。

出球傾向は、ボクのスイングで強めのドロー系。かなりつかまりがいいので、頑固なスライサーでもこのクラブならつかまったいい球が打てそうですね。

シャフトフィーリングですが、思った以上にいいです。ボクには柔らかすぎですが、それでもドライバーのようなヘッドの暴れ感はなかったですね。ダウンからインパクトにかけて素直にヘッドが走る感じですが、これは球を上げてくれる要因にもつながっていると思います。HSのある方が手打ちしたら果てしなくつかまりそうな気配もありますが、まぁ、そういうシャフトではないでしょうから・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS37m/s以下の方におすすめです。スイングタイプ的にはアウトサイドイン系のボディターンタイプで、持ち球は断然スライスの方向けですね。そういう意味では、ゼクシオのコンセプトそのままに、HSがゆったりめをターゲット層にしたモデルということを実感できました。まぁ、それも当然と言えば当然なんですけどねw その辺をボクレベルでも体感できたというのが、大きなポイントでしょう! これもHS速めのアスリートマインド女性ゴルファーにおすすめしたいのですが、まぁ、コスメとコストがねぇ・・・

<ダンロップスポーツ「ゼクシオプライム(2019)」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9.5▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ8-2チタン+W-Ni内部ウエート、フェース=チタン(Super-TIX PLU for XXIO)
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度、9W=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「XXIO PRIME SP-1000」(SR=38g/6.5、R=36g/6.6、R2=36g/6.7/中調子)
■価格:各1本7万5000円+税