どーもです。

今日紹介するのはダンロップスポーツのニューモデル「ゼクシオプライム(2019)」シリーズのアイアンですが、このアイアンがオオトリとなります。ドライバーは全く打てませんでしたが、FW&UTの良さにはちょっと想定外でした。特にUTは良かったですね。その流れのアイアンですが、どんな感じなのでしょうか。早速いってみましょう!

まずは見た目から。

構造的にはポケットキャビティ。先代と変わらない構造ですが、バックフェースの山の部分が、先代に比べるとかなりネック側に寄っていました。これはつかまりを意識してでしょうね。

フェースはラージフェースです。形状的には、先代よりやや面長になったようにも感じました。

ソール幅は超ワイド! これ、先代以上にワイドでした。先代はソールに3層構造のウエートが配置されていましたが、その辺はおそらく一緒です。

ネックがグースネックですね。先代は〝ゼクシオプライム史上最も重心深度が深いモデル〟をうたっていましたが、このボディを見る限り、今回史上最深は更新していると思います。

構えてみるとこんな感じ。イメージ的には先代と変わりません。大きめな顔つきに、深いフトコロで、かなりつかまりが良さそうな印象を受けます。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ゼクシオプライム SP-1000」SRフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28度、ライ角62.5度、長さ37.25インチ、総重量347g、バランスC9。シャフトスペックは、重量47g、トルク3.8、中調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽めで、グリップもかなり細め。まぁ、これは想像の範囲です。シャフトを手でしならせてみると、もちろんかなり柔らかめで、しなりポイントは真ん中よりは先でした。ワッグルしてみると、ヘッドは動きますがUTと同じ感覚かな。素振りしてみると、そこそこシャープに振れそうな感じでした。

実際に打ってみると、いわゆるオートマチック系アイアンですね。ボディターンタイプの払い打ち系スライサーが、そのままのスイングでガッツリ球が上がって、しっかりつかまった球が打てそうなモデルでした。おそらくコンセプトはゼクシオと一緒だと思いますが、そのコンセプトのままに超軽量化したモデルに感じました。とにかく、打ちやすさを徹底的に追求したようなモデルに感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.9m/s、初速51.1m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量4493.1rpm、サイドスピン-920.2rpm、飛距離179.0y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速51.0m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量4104.6rpm、サイドスピン-1016.9rpm、飛距離179.8y

打感は弾き系。軽快感のある弾き感で、音もパチンとした結構軽快な音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、文句なしの高弾道。まぁ、この見た目で高弾道じゃなかったら、それはそれで問題ですけどね! スピン量も少なめですが、先代に比較するとやや多めでした。これは、シャフトの影響ですかね!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。ただし、これはヘッドを右前に放り出してやるイメージで、です。かなりつかまりがいいモデルなので、いつもの感覚で打つと、果てしなくつかまるイメージでした。

シャフトフィーリングですが、ボクの感覚では先中調子系の動きに感じました。ダウンからインパクトにかけて、中間から先辺りがしなってしっかり球を上げ、かつつかまえてくれるイメージでした。思った以上にシャープに振れました。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS37m/s以下の方におすすめです。このアイアンもオートマチック系ですね。クラブがしっかり仕事をしてくれるので、クラブを信じてしっかりスイングすればOKなイメージでした。先代との違いは・・・、ん~、シャフトフィーリングかな!?

ゼクシオプライムの総括ですが、ドライバーは全く打てなかったのでちょっと評価しにくいのですが、シリーズ全体でみれば、HS37m/s以下の払い打ち系スライサー向けクラブであることに間違いはありません。ドライバー&アイアンから推測するに、おそらく先代よりもさらに〝つかまり〟を意識したモデルのように感じました。現在ゴルファーの高齢化が進んでいますが、いわゆるグランドシニア層を意識したモデルでしょうね。ある程度振れる女性ゴルファーにもおすすめしたいモデルですが、このコスメを見る限り、女性の使用は意識していないと思われます。それにしても、価格が高価すぎかな(笑)

<ダンロップスポーツ「ゼクシオプライム(2019)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:フェース=チタン(Super-TIX PLU for XXIO)。ボディ(#5~#7)SUS630ステンレス+タングステンニッケルソールウエート+高比重タングステンニッケルインナーウエート(#8~#9)SUS630ステンレススチール+タングステンニッケルソールウエート、(PW、AW、SW)SUS630ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):「XXIO PRIME SP-1000」(S=47g/3.8、R=45 g/3.9、R2=44g/4.0/中調子)
■価格:4本(#7~PW)セット12万8000円+税、単品(#5、#6、AW、SW)各1本3万2000円+税。