どーもです。

ダンロップスポーツの「スリクソン Zフォージド」アイアンを試打できました。振り返ってみると、そう言えば現行モデルZ585、Z785はありましたが、マッスルバックは存在していませんでしたね。従来の流れで行けば〝Z985〟なのでしょうが、「Zフォージド」になっています。その辺の理由は定かではありまんが、おそらく松山英樹プロの使用を意識したモデルということに間違いないでしょう。見た目的にはバリバリのマッスルバックアイアンのです。問題はボクレベルのようなアマチュアゴルファーが、打てるかどうかですね。というわけで、早速いってみましょう!

まずは見た目から。

おそらく先代に当たるZ965に比較すると、バックフェースが曲線を主体に構成されているせいか、流麗なイメージでした。また、先代は雄々しい力強さがありましたが、どことなくマイルドなイメージを受けました。

フェースは小顔です。形状的には、先代と変わっていないように感じました。

ソール幅はかなり狭めです。もちろんこれは、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを意識して、ですよね。どうやら新開発「ツアーVTソール」となっているようです。ここで、ちょっと気付きましたが、先代のトゥ側がやや逃げ気味だったのに対して、このZフォージドはつかまりを意識したようになっていました。

ネックはストレート。先代に比較すると、ややバックフェース下部の厚みがボリュームダウンしています。これは低深重心を見直したのかもしれません!

構えてみるとこんな感じ。見た目的にはかなりシビアそうなイメージでした。ソールで感じたトゥ側ですが、構えてみるとそれほど分かりませんでした・・・

今回試打したのはスチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR120」Sフレックス装着の#7。スペックは、ロフト角33度、ライ角62度、長さ36.75インチ、総重量424.7g、バランスD2。シャフトスペックは、重量105g、トルク1.7、中手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重さ的にはしっかり重量級です。今のボクにはやや重めなイメージもありました。グリップはいい感じの太さです。シャフトは手でしならせてもそう簡単にはしなりません。ワッグルしてみてもそれほどしなりは感じません。素振りしてみると、まぁ、シャープに振れそうなイメージでした。

実際に打ってみると、ん~、最近こういうアイアンを打っていなかったせいか、とにかくシビアさだけが目立った印象でした。まず、芯に当たりません。1発目からペチッと情けない当たりでした。とにかく振り

切ることを意識して10球ほど打ち込むと、やっと弾道が安定した感じでした。最近のオートマチック系アイアンに慣れると、お助け要素が少ないこの手のアイアンには面食らいますね・・・。まず最低限ダウンブローに打ち込める技術が必要かな。オートマチック系アイアンに比べると重心位置が高めなので、必然的に打ち込まないと芯で捉えられません。結果、1発目のようなペチッとしたヘロヘロ球になります! ロフト角33度なので、170y弱はボク的にはロフトイメージ通り。いわゆる操作性が高いマニュアル系アイアンですが、それでも最低限球が上がるという意味では、ちょっとだけアシスト性があると思いますが、それも先代のイメージからすると、「あれ!? もうちょっと上がりやすくなかったっけ?」といった感じでした。まぁ、マニュアル系であることは間違いないです。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.6m/s、初速49.3m/s、打ち出し角18.3度、バックスピン量5044.7rpm、サイドスピン-1100.7rpm、飛距離167.3y
【ベスト】
HS38.8m/s、初速49.4m/s、打ち出し角18.8度、バックスピン量4990.rpm、サイドスピン-1161.0rpm、飛距離170.8y

打感ですが、意外と弾き感もあったかな・・・。正直バリバリ柔らかいと思っていましたが、ボクの中のマッスルバックのイメージよりは、若干弾き感もあった感じでした。音は見事なシャッター音でした。もちろん、芯を食えば、です!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですが、それも、しっかりダウンブローに打てれば、です。ちょっと芯がズレると、高さも変わってくるので、まぁ、スイング通りの弾道が得られるといった感じです。見た目的には先代ほど低重心を意識したモデルではなさそうでしたが、先代に比較するとスピン量が減っているんですよね。これは謎です。実はより低重心化しているのかな!?

出球傾向は、ボクのスイングで概ね強めのドロー系でした。まぁ、操作性が高いのは承知の上ですからね。フェードが打てないボクでも、インテンショナルにフェードが打てるほど操作性は高いモデルでした。

シャフトフィーリングですが、若干ですが、切り返しで中間から気持ち手元がしなる感じで、タメを作ってくれるような感じでしたが、それほどしなりは感じませんでした。またややトゥ側に外すとなぜかNSPRO950GHで感じるあのインパクト時の中折れ感がありました。

続いてですが、今回はダメもとで#5にも挑戦しました! 同シャフト装着モデルで、スペックはロフト角26度、ラック61度、長さ37.75インチ、総重量413.0g、バランスD2でした。

バックフェース

フェース

ソール

横顔はこんな感じで

構えてみるとこんな感じでした。

スカイトラックの弾道データはこちらで、

その各球データはこんな感じ。

【3球平均】
HS40.2m/s、初速51.6m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量4065.0rpm、サイドスピン-915.6rpm、飛距離179.2y
【ベスト】
HS40.5m/s、初速51.9m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量4014.4rpm、サイドスピン-1117.1rpm、飛距離182.3y

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

かろうじて打てた感じですかね・・・(汗) まぁ、レンジでこの調子では、実戦ではとうてい打てそうなイメージがわかないんですけどね。まず、しっかりダウンブローに打てないと、球が上がりません。払い打ち系はもちろんヘタすればレベルブローでも上がらないかもしれません。そもそも、そういう方を対象にしたモデルではないのは見た目からも分かっていましたが、実際に打ってみてあらためて実感しましたね。でも実は同じタイミングで試打したあるモデルよりはまだ良いかな・・・なんて感じましたけどね! そのモデルは来週、紹介しますので・・・!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS45m/s以上は欲しいでしょうね。最低限ダウンブローに打ち込めるタイプで、ボクのように打点がバラける傾向が強いタイプはおすすめできないかな。しっかり芯を食えばしっかり距離が出るけど、当たり損ねれば距離が出ないだけです。あとボクの場合はとてつもない腐れフックだけが心配ですが、右のミスはかなり出にくいアイアンでもあるので、そんな意味では安心感はありました。これを安心感といっていいのかは疑問もありますが・・・w まぁ、この見た目ですから、それなりの技術をもった方が手を出すモデルには間違いなく、球筋をコントロールしたいとかスイングのミスはミスで良いと割り切れる片手ハンデ以下の方がターゲットでしょう!

<ダンロップスポーツ「スリクソン Zフォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9.5▽ミスの許容度:7
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドDST」(X100=116g/1.9、S200=112g/2.1/中手元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR 120」(X= 110g/1.6、S=105g/1.7/中手元調子)。
■価格:「ダイナミックゴールドDST」装着モデル6本(#5~PW)セット10万2000円+税、単品(#3、#4)各1本1万7000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR 120」装着モデル6本セット10万8000円+税、単品各1本1万8000円+税。