どーもです。

PINGのニューモデル「G410 LST」ドライバーを試打できました。すでに「G410 PLUS」「同SFT」は試打済みですが、この「G410 LST」が出るのを待っていました。ボクのドライバーはいまだにPING「G30」ですw 「そろそろ変えたいな~」と思っていましたが、その第1候補がこの「G410 LST」です。というわけで、今回の試打は購入前提の試打です(笑) ですが、私情は挟まず冷静にレポしますw!

まずは見た目から。

「G410 PLUS」と同様のデザインですが、この「G410 LST」はヘッドが10cm3小さくなっています。ちなみに、写真では明度上げ過ぎてかなり白っぽくなっていますが、色は「G410 PLUS」同様の黒です。

フェースは、気持ちディープですかね。「G410 PLUS」に比較しても、若干ですがディープに見えました。

ボディ自体はシャローですが、「G410 PLUS」に比べると、フェースがややディープな分だけボディもディープになっていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。見た目的には「G410 PLUS」とほぼ同じイメージですね。ヘッド自体が10cm3小さくなっていますが、見た目的には、言われなければ気付かない程度です。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「ALTA J CB RED 」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.75インチ、総重量307.0g、バランスD2.5。ヘッド体積450cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には若干軽めでした。グリップはまずまずの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、Sでも結構しなる感じでしたね。しなりポイントはちょうど真ん中あたりかな!! ワッグルしてみると、中間から先当たりがしなるイメージしたが、素振りしてみると、ワッグルで感じたほどのヘッドの動きは無かったです。

実際に打ってみると、かなりいい感じ!! ボクのスイングの影響で打ち出し方向のバラケはありますが、打ち出した方向に真っ直ぐグングン前進するイメージでした。ボクのスイングでも曲がりが少ないイメージでした。ロースピンが売りの「G410 LST」ですが、同じタイミングの試打ではありませんが、なぜか「G410 PLUS」よりもスピン量は増えていました。これ、謎です。が、まぁ、同じタイミングの試打じゃないし、約300rpm程度なので、ここではスルーしておきましょう(笑)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.3m/s、初速60.6m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量2861.1rpm、サイドスピン-67.3rpm、飛距離242.9y
【ベスト】
HS43.1m/s、初速59.8m/s、打ち出し角16.8度、バックスピン量2775.2rpm、サイドスピン-119.0rpm、飛距離241.9y

打感はソリッド系。ゴルフ体験主義のソリッド系はマイルド感と弾き感が混ざったような打感です。PINGには弾き系で硬めの打感イメージでしたが、この辺は先代「G400」シリーズから変わってきていると思います。音は、PINGらしい小気味のよい高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高めの中弾道ですかね。「G410 PLUS」ほど球がガッツリ上がるイメージではなく、どちらかといえばライナー性に弾道でした。スピン量ですが、〝LST〟のわりには〝PLUS〟よりも若干多めでした。この辺はシャフトとの相性もあるでしょうね。

出球傾向は、ボクのスイングでもほぼストレート。スイングによる打ち出し方向のバラけはありますが、打ち出した方向にほぼストレートでした。曲がりが少ないのはこの「G410」シリーズの特徴だと思いますが、中でもこの「G410 LST」は直進性が高いと感じました。

シャフトフィーリングですが、Sにしては柔らかめなイメージでした。切り返しからダウンにかけて素直に真ん中がしなるイメージで、いわゆるニュートラル系に感じですが、心なしか「G410PLUS」のマッチングよりは若干しなり感があったようにも感じました。

今回購入前提での試打だったので、もう1つ気になっていたシャフト「PING TOUR 173-65」Sフレックスも試打してみました。スペックは、長さ45.25インチ、総重量310.6g、バランスD3。シャフトスペックは、重量61g、トルク3.4、中元調子です。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.0m/s、初速61.0m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2429.3rpm、サイドスピン-346.0rpm、飛距離246.2y
【ベスト】
HS42.4m/s、初速61.6m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量2319.0rpm、サイドスピン-539.5rpm、飛距離248.7y

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

実際に打ってみた感覚として、ボクにはこのシャフトの方があっているイメージでした。このマッチングのほうがヘッドを感じつつシャープに振れました。シャフトの捻れ感がより少ないイメージで、それがシャープ感につながっていたと思います。弾道的には「ALTA J CB RED」よりもやや低めですが、高めの中弾道。イメージとしては、ライナー系強弾道でした。スカイトラックでスピン量を確認してみても、「PING TOUR163-65」は3球平均で2429.3rpmと約400rpm減っていました。これぞ、〝LST〟です! シャフトフィーリング的には中元調子をうたっていますが、ボク的にはかなりニュートラルなイメージでしたね。でも、弾道の高さが抑えられているのを見ると、元調子系であるのも納得でした。

今回ボクが試打した限りで、「ALTA J CB RED」S装着モデルでHS40~43m/sあたり、「PING TOUR 173-65」S装着モデルで最低HS43m/sは必要かなと思います。「G410 PLUS」よりもスピン量少なめがコンセプトですが、ボクの場合「ALTA J CB RED」シャフトではコンセプト通りの結果は得られませんでした。でも、「G410」シリーズが〝直進性が高いモデル〟ということを、あらためて確認できました。まだタイトリストを打っていませんが、今年のラインアップの中では、安定感がピカイチなモデルだと思います。

で、購入についてですが、自己最小パット数の結果を出したロマロ「TANK FLANKER」パターの購入をマジで考えています。あのパターもかなり高額ですが、あれだけいい結果をたたき出すと欲しくなってしまいます(笑) 「この際まとめて・・・」と思うと、さすがに〝スコアは金で買える〟と豪語していますが、先立つものがありません。マジで悩み中ですわ~!

<ピン「G410 LST」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)※ALTA J CB RED装着モデル
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=フォージドT9Sチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB RED」(X=60g/4.4、S=55g/4.7/中調子、SR=50g/5.2/中先調子、R=45g/5.9/先調子)。「PING TOUR 173-75」(X=80g/2.8/手元調子、S=75g/2.9/中元調子、R=68g/3.3/中調子)。「PING TOUR 173-65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子、R=57g/4.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(40g/5.9/先調子)。「The ATTAS」(6S=63g/3.6/中調子、5S=54g/5.6/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅤ」(661S=66g/3.7、569S=59.5g/4.5/先中調子)。)。「TENSEI CK Pro Orange」(70S=72g/2.9、60S=64g/3.5/手元調子)。
■価格:「ALTA JCB RED」「PING TOUR 173-75」「PING TOUR 173-65」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本6万9000円+税。「The ATTAS」「Speeder EBOLUTIONⅤ」装着モデル各1本8万1000円+税。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本8万4000円+税。