どーもです。

今日紹介するのはマスダゴルフ「M425/S」ウエッジです。マスダゴルフと言えばグースネックモデルのウエッジのイメージが強いのですが、チーピン持ちのボクとしては、見た目的にはストレートネックモデルの方が、より安心感があります。今回打った「M425/S」ウエッジですが、なんかいいです!! その〝なんか〟を伝えるべきですが、〝コレ〟というポイントが解明でませんでした。でも、〝なんかいい〟んです!! そんなふわ~としたレポですが、ぜひ付き合ってくださいな!

まずは見た目から。

バックフェースがガッとえぐれた、キャビティタイプのウエッジですが、これがマスダゴルフの特徴ですよね。

フェースは安心感のある大きさでした。形状的には、丸型ですね。ネック側の縦幅があって、安心感のある見た目でした。

ソール幅はセミワイド系かな。まずまずの幅を確保しているモデルに感じました。グースネックモデルで実力を見せた三日月型ソールも継承されていました。ネック側の削りも絶妙!!

ネックはストレート。トレーリングエッジを見ると、いかにも抜けが良さそうな印象でした。

構えてみるとこんな感じ。ストレートネックだけど、ネック側の処理の仕方で、フトコロがしっかり球をつかまえてくれそうなイメージも受けますね。とにかく、なんか安心する顔つきでした。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR125」ウエッジフレックス装着のAW。スペックは、ロフト角52度、ライ角63度、バンス角7度、長さ35.25インチ、総重量469.2g、バランスD2.5。シャフトスペックは、重量133g、トルク1.3、中調子。

このウエッジは実戦投入もしていて、来週アップ予定のラウンドレポでも登場します。今回順番がいつもと逆ですが、レンジ試打に加え、実戦でのフィーリングも踏まえて紹介します。

というわけで、実戦使用のボールはテーラーメイド「TP5」(先代)。レンジ試打はいつもの東京・メトログリーン東陽町で、ブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは15yイメージのアプローチですが、もう、ここから良かったですわ~! スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS13.1m/s、初速12.9m/s、打ち出し角26.3度、バックスピン量2954,.1rpm、サイドスピン-593.4rpm、飛距離15.0y

まずライン出しがしやすいかったですね。実戦ならチップインも夢ではなさそうでしたが、まぁ、そんなに甘いもんじゃないっすね(汗) でも、実戦でもかなりいい感じでした。あるホールではちょうど15yが、マジでカップインしそうな寄せもありましたからね!! なんか、いい感じに球をひろってくれるイメージでしたね。さらに言えば、見た目通りに抜けもいいし、開いてもよしで、かなりいろんなアプローチができそうな感じでした。

次は50yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS23.8m/s、初速23.4m/s、打ち出し角26.0度、バックスピン量6255.6rpm、サイドスピン195.4rpm、飛距離48.0y

この距離はボクが最も苦手としている距離ですが、その距離でもかなり打ちやすかったです。アプローチ同様、なんか球をしっかり拾ってくれるイメージでしたね。いつもの感じで打っても、なんかいい感じでした!! そのなんかが解明できていないんですけどねぇ・・・(汗) 実戦では100y残しマネージメントを徹底しているので、ミスしなければ50yは残りません。というか、苦手なので、残さないようにしていますw よって、今回は実戦で50y±10yはなかったです。でも、レンジで打つ限りでは、かなり打ちやすいイメージでした。

最後は100yイメージですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで、

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS30.5m/s、初速35.9m/s、打ち出し角28.3度、バックスピン量7389.9rpm、サイドスピン-1169.0rpm、飛距離98.1y

レンジ試打では、他の52度モデルよりもなんか飛距離が出ているような気がしました。100yイメージもいつもよりも振り幅などの調整が必要に感じました。実際フルショットすると110~115yと、なぜか飛んでいました。実戦でも100y残したホールで115y飛んでしまい、グリーンオーバーなんて事態もありました。なぜそんなに飛んでしまうのかも謎ですが・・・。そうそう、打感はかなりマイルド!! 打感はかなりご機嫌でしたわ~!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちらです。

SWも実戦投入していますが、こちらのレンジ試打は弾道動画用だけです。見た目はこんな感じ。

バックフェース

フェース

ソール

横顔はこんな感じで

構えてみるとこんな感じでした。ロフト角以上にぺったりした感じで、イメージ的にはロフト60度モデルのようでした。

スペックは、ロフト角58度、ライ角63度、バンス角14度、長さ35.25インチ、総重量469.8g、バランスD2.5。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

SWですが、バンス角が14度と付いているわりにはかなりぺったりした感じでしたね。レンジ試打でそう感じましたが、それは実戦でも同じでした。なんか、FWでもダルマ落とししそうなイメージがあって、ちょっとボクには難しさがありました。実際、ラウンドでは80yイメージショットは何度かあったけど、ことごとくミスしてしまいました。

でも、バンカーは打ちやすいです!! 何度が距離のあるバンカーショットがありましたが、確実に脱出できましたね。そう考えると、「やはりバンスのおかげなのかな」って。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/sは欲しいかな。AWは〝なんか打ちやすい〟ウエッジでしたが、その打ちやすさの理由がボクには最後まで分かりませんでした。ボクとしては〝トータルバランスがいい〟としか言いようがないウエッジでした。確実に言えるのは、〝抜けがいい〟ですね! でも、SWはちょっと難しさを感じたかな。実戦ではバンカー専用になりそうなイメージでした。そうそう、スリックフィットグリップがメッチャメチャ良かったです!! 息長い人気を誇る「M425」ウエッジですが、このストレートネックモデルも人気になりそうな気配が・・・!!

<マスダゴルフ「M425/S」ウエッジ>
■KAZ’s インプレッション(各10点満点)※AW
▽スピン性能:9▽操作性:9▽抜けの良さ:10▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9.5
■ヘッド:軟鉄(S20C)
■ロフトバリエーション(ロフト/バンス):P/A(48/5)、AW(52/7)SW(58/14)■シャフト(重量/トルク/調子):「NSPRO MODUS3 105」(WEDGE=111g/1.6/中調子)「同115」(WEDGE=122g/1.5/中調子)「同125」(WEDGE=133g/1.3/中調子)。「ダイナミックゴールド」(X100=130g、S200=129g/元調子)。「NSPRO950GH」(S=98g/1.8、R=94.5g/2.0/中調子)。
■価格: 「NSPRO MODUS3 105」「同115」「同125」装着モデル各1本2万9800円+税。「ダイナミックゴールド」「NSPRO950GH」装着モデル各1本2万7800円+税。