どーもです。

ミズノのニューモデル「JPX919」シリーズのアイアン2モデルを試打できました。同シリーズですが、現時点ではアイアンのみの発表となっています。「ホットメタル」「ツアー」の2モデルですが、今日紹介するのは「JPX919ホットメタル」アイアンです。かなり打ちやすさを前面に出したアイアンに感じましたが、早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

形状的には先代JPX900スピードメタルを彷彿とさせますね。ですが、バックフェース的にはよりトゥ側にボリュームを寄せていて、いかにもより真ん中に芯を近づけたイメージになっていました。

フェースはセミラージ。ややトゥ・ヒールに長めな形状ですが、先代との大きな違いはトップラインのネック側です。セミグースに見えないような処理の仕方になっていました。

ソール幅はやや広め。先代に比較しても、トゥ側がやや広めに見えました。また、リーディングエッジのラインが、ややラウンド形状になっていました。

ネックはグースネックです。ボディは先代ほどファットではないように見えました。

構えてみるとこんな感じ。トップラインは結構厚めですが、これは先代譲りかな。あれだけのグースモデルにはしては、それほど気にならないのはフトコロの見え方の影響なのかな!?

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量421.0g、バランスD2。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚は、重量的にはやや軽め。グリップもボクには気持ち細めに感じました。スチールシャフトなので、手でしならせてもそう簡単にはしならないし、ワッグルしてもヘッドが動くイメージはなかったです。素振りしてみると、まぁ、イメージ的にはラクに打てそうな感じでした。

実際に打ってみると、イメージ通りラクに打てます!! ゴルフ体験主義的にはラクに打てるというのは、クラブがしっかり球を上げつつ、つかまえてくれるということです。先代も球の上がり方はかなりだったと記憶しています。過去記事を見てみると、なんと3球平均で20.2度でしたが、そこまでとは!! それに比べると数字的にはやや低めですが、イメージではなんらそんな感じはなかったですので!! 先代に比較すると、スイートエリアが広くなっているようなイメージですかね。あとは、若干つかまりも良くなっていたように感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.4m/s、初速50.6m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量5111.3rpm、サイドスピン-1127.6rpm、飛距離170.7y
【ベスト】
HS39.8m/s、初速51.0m/s、打ち出し角15.7度、バックスピン量4848.7rpm、サイドスピン-1275.0rpm、飛距離172.6y

打感は、意外とマイルド!! 見た目のイメージから弾き系を想像しましたが、意外と柔らかめでした。これ、先代でも同じようなことを書いていました。音はかなりサスティンが短めで小気味のいい中高音系です。この辺はさすがミズノって感じかな!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。クラブがしっかり球を上げてくれるイメージでした。イメージ的にはロフト角通りのイメージで、今見ると先代は上がり過ぎかな・・・って(汗) スピン量も適量イメージで、この辺のバランスが先代に対する飛距離アップの要因かなとも感じました。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。イメージ通りのドロー系で、まさにボク的には持ち球を打ちやすかったです。

シャフトフィーリングですが、このMODUS3 TOUR105は今のボクには「いいかも!!」です。硬すぎず、柔らかすぎず、切り返しのタメ感もいい感じでした。ただし、気持ちよく振れるので、なんかいつもよりも振っちゃっているようなイメージも・・・w

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにおすすめですかね。個人的には、先代よりも好印象でした。クラブのトータルバランスを見直したようなイメージで、ロフトに対する球の高さやスピン量がいい感じで、結果飛距離アップを実現したモデルなんじゃないかなって思います。かなりラクに打てるクラブで、そういう意味では使い手を選ばない懐の深さを感じさせます。が、つかまりを考慮すれば、持ち球的にはフェード系のほうが良さそうですね。ミズノの本気を感じられる1本でした!

<ミズノ「JPX919ホットメタル」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9.5▽操作性:7▽構えやすさ:8.5▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:クロモリ(4140M)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)、「NSPRO950GH HT」(S=98g/1.8/中調子)
■価格:「NSPRO MODUS3 TOUR105」装着モデル6本(#5~PW)セット10万8000円+税。「NSPRO950GH HT」装着モデル6本セッ