どーもです。

キャロウェイのニューモデル「エピックフラッシュ」シリーズですが、今日紹介するのはアイアンです。このアイアンですが「エピックスター」アイアンかと思いきや、「エピックフォージド スター」アイアンという名称になっていました。ネーミングでフォージド(鍛造)を打ち出すということは、「打感の良さを打ち出したいのかな?」などと勘ぐってしまいます。見た目では、いかにもぶっ飛びそうな雰囲気ですが、果たしてどんな感じのアイアンなのでしょうか。早速、いってみましょう。

まずは見た目から。

バックフェースを見る限り、かなりの低深重心モデルというメッセージが伝わってきますね。ちなみに、バックフェースのタングステンインナーウエートは、ウレタンに包むことで、より適正配置を実現しているようです。

フェースはセミラージ。ネック側の縦幅も狭く、トゥが立ったイメージですね。

ソール幅はセミワイド。ソールの後ろ半分が黒くなっていますが、ここにウエートが装着されています。これによって球が上がりやすく、トレーリングエッジも丸みを帯びているので、抜けも良さそうですね。

ネックは若干グースが入っていましたね。ボディはファットなので、球の上がりやすさとミスヒットの寛容性が高そうです。

構えてみるとこんな感じ。かなりロフトが立っているように見えますが、それでもしっかり球が上がりそうなイメージを感じさますね。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH neo」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角26度、ライ角60.5度、長さ38インチ、総重量397.8g、バランスD0。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽め。このグリップもいい感じの太さでしたね。シャフトを手でしならせてみると、NSPRO950GHよりはしなる感じだったかな。しなりポイントはちょうど中間辺りでした。38インチと#7にしては長めですが、素振りしてみるとかなりシャープに振れそうなイメージでした。

実際に打ってみると、このアイアンも打感にビックリ!! めっちゃ柔らかかった~!! マイルドな打感で、「そりゃ~フォージドを前面にアピールしたくなるわな~」と妙な感心をしてしまいました。しかも、飛びますわ~!! まぁ、ストロングロフトなので、ロフト角通りの飛びと言ってしまえばそれまでですが、今回個人的に注目したいのは、やはりシャフトとのマッチングでしょうね。従来のNSPRO950GHに比較すると、若干走り感があって、ストロングロフトモデルでもいい感じにつかまえてくれる感じだったのと、そのおかげで適正なスピンも入っていそうなイメージでした。結果として「オートマチック系で打ちやすいアイアン」となりますが、さらに「めっちゃ柔らかい打感なのにぶっ飛び!」と欲張りなアイアンだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速51.9m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量5127.8rpm、サイドスピン-751.2rpm、飛距離182.4y
【ベスト】
HS41.3m/s、初速52.9m/s、打ち出し角13.8度、バックスピン量4198.2rpm、サイドスピン-976.9rpm、飛距離184.9y

打感は前述通り。ウソみたいにちょ~マイルド!! 音も小気味のいい中高音系で、めっちゃ気持ちいいかも!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、こちらも文句なしの高弾道! ロフト角を考えれば超高弾道といってもいいくらい、オートマチックに上がります。低深重心の影響だと思いますが、スピン量も少なめ。ダウンブローを意識しても決して、吹け上がらなかったですね。

出球傾向ですが、ボクのスイングでやや強めのドロー。つかまりはいい感じだけど、昨日紹介したUTほど勝手につかまるイメージはなかったですね。アイアンとしては好感触でした。

今回初めて「NSPRO950GH neo」を打ちましたが、このマッチングはかなりグッドフィーリングでしたね。フィーリング的には、「NSPRO950GH」よりも先端部のしなりを感じつつもシャープに振れる印象でした。ダウンからインパクトのかけての中間から先のしなり感が多く、しなり戻りもよりクイックなイメージでした。ですが、それがヘッドとのマッチングなのかは今回のヘッドしか打っていないので、現段階では判断できません。そうそう、それからヘッドによって感じるインパクト時のグニャリ感ですが、今回は感じませんでした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~43m/sあたりにおすすめ。このアイアンも「エピックフラッシュ」シリーズらしく、扱いやすいモデルであることに間違いありません。その上で、「ぶっ飛びなのにメッチャ打感がマイルド」なアイアンです。もちろん、払い打ち系のスライサーでもしっかり球が上がって、つかまった強弾道を味わえます。まぁ、そういう方向けに作ったブランドではあると思いますが、実際に打ってみても、ボクレベルで実感できました。これ、重要ポイントだと思いますよ~!! とにかく、飛ばしたいゴルファーはぜひお試しを!

<キャロウェイ「エピック フォージド スター」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:10
■ヘッド:(#5~PW)ボディ=軟鉄、ウレタン・マイクロスフィア、タングステンウエート フェース=17-4ステンレス (AW、GW、SW)ボディ=軟鉄(S25C)フェース=軟鉄(S25C)、タングステンプレート
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH neo」(S=98g/1.7/中調子)、「NSPRO ZELOS7」(S=77.5g/2.6/先調子)。カーボンシャフト「Speeder EVOLUTION for CW」(S=63g/3.5、SR=60g/3.7、R=58g/3.9/中調子)。
■価格:スチールシャフトカーボンシャフト装着モデル5本(#6~PW)セット18万円+税、単品(#5、AW、GW、SW)各1本3万6000円+税。
■発売予定日:2019年8月30日