どーもです。

本間ゴルフのニューモデル「T//WORLD XP-1」シリーズを試打できました。ドライバーからアイアンまでフルラインアップの全く新しいブランドですが、そのコンセプトは「高ミート率」。〝ヘッドとシャフトの一体開発〟を愚直に遂行する同社だからこそのコンセプトかもしれません。実際に飛ばすのであれば、芯を食うのが1番なのは誰もが実感していること。でも、それができないのが我々アマチュアゴルファー。ぶっちゃけそのメカニズムがボクに分かるかは疑問ですが、実際に打点マークで確認もしてみましたので、まずはドライバーからいってみましょう。

まずは見た目から。

ソールのほとんどが鏡面加工され、ネック側後部にウエートが配置されています。また、最大の特徴はフェース後部のミゾでしょうね。

フェースはシャロー気味かな!? トップラインがストレートなので、シャロー気味に見えがちですが、実際にもシャローだと思います。

ボディもシャロー気味でした。こうしてみても、フェース後部のミゾの存在感がすごいですね!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。やや三角形っぽいイメージですが、むしろ安心感があるから不思議です。ボクにとっては「いかにもつかまりそう」というイメージがないのは好印象でした。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「VIZARD43」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.25インチ、総重量292g、バランスD1。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは未公表でした。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めですね。グリップもボクにはやや細め。シャフトを手でしならせてみると、Sのわりには柔らかめで、結構しなりました。しなりポイントは真ん中辺りで、素振りしてみると、クセがなくニュートラルな感じで振れそうなイメージでした。

実際に打ってみました。打点確認シールをフェースに貼ることでスピン量が変わってしまう可能性もあるので、データ計測とは別にまずは3球ほど打ってみました。まずは1発目!! まあ、悪くないですね!!

2発目! おっ、全く一緒じゃないですか~!

こうなるとプレッシャーの3発目は・・・

ボール半分トゥ側にハズレはしましたが、まずまずですね。

ん~、普段打点がバラケル傾向の強いボクでも、こんなに打点がそろうなんて・・・。その秘密はやはり45.25インチという長さとシャフトとのマッチングありそうですね。ボクの仮説ですが、今短尺を試していますが、やはりミート率が高い方が距離も期待できます。一般的に短尺にするとHSが下がるとも言われますが、それ以上に芯を外すほうが、距離が落ちるように感じています。身長170cmくらいの日本人なら44.5インチでもいいんじゃないかとも、最近感じています。このXP-1は45.25インチなので短尺とまでは言えませんが、長尺化の流れの中ではやや短めになっていますね。

また、このシャフトにもかなり秘密がありそうですね。現段階でスペックは公表されていませんが、結構トルクがあるような感じでした。でも、そのわりにはなぜかシャープにクセなく振れるイメージなんですよね。ボクにはやや柔らかめに感じましたが、実際に打ってみるとトルクのわりには実は若干硬めというか、しっかり感のあるシャフトに感じました。おそらくこれも、芯食いのメカニズムの一因なんじゃなかいかなと思っています。とかいいながら、全然違ったらなんか恥ずかしいけど・・・w

いつも通りのスカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.3m/s、初速61.4m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量3085.5rpm、サイドスピン-374.4rpm、飛距離242.2y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速61.9m/s、打ち出し角14.7度、バックスピン量2925.0rpm、サイドスピン-549.6rpm、飛距離246.3y

打感はマイルド系。結構ボールのつぶれ感も感じられました。音は小気味のいい中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね。球を上げようという意識は不要です。しっかり振り抜くことさせ考えていればOK。あとはクラブが仕事をしてくれますね。スピン量ですがボクにはやや多めなイメージでした。まぁ、このスペックなら仕方ないかなという印象はあります。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。つかまり自体がよく、打ち出し方向的にはボクのイメージよりも左で、そこからドローでした。右に打ち出すこともできますが、ボクの場合フェースが開いてしまうのか逆球連発でした。

シャフトフィーリングですが、これは不思議なシャフトですね。結構トルクフルな粘り系イメージですが、そのわりにはなぜかシャープに振れるんですよね。これがどういう仕組みでそんなシャフトができるのかはボクにはわかりませんが、結果的にボクでも打点がそろうし、芯を食うという大きな要因になっていることは間違いないでしょう。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでもHS40m/s±2m/sあたりにおすすめですかね。重量もそうですが、実際に打ったスピン量で見ても、MAX42m/sあたりで、それ以上の方だとスピン量過多になるかもしれません。スイング的にはアウトサイドインの払い打ち系にドンピシャで、持ち球的にはフェードヒッターやスライサー向けでしょうね。ターゲット層的には「BeZeal」ユーザーでしょう!! これは間違いないと断言できますw ボクの読みが当たっていれば、芯食いの秘密はシャフトとのマッチングなので、このシャフトでぜひ1度試してみてください!

<本間ゴルフ「T//WORLD XP-1」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=6-4チタン+カーボン(ET40)、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD43」(未発表)
■価格:1本7万5000円+税
■発売予定日:2019年9月20日