どーもです。

本間ゴルフのニューモデル「T//WORLD XP-1」シリーズを試打できました。今日紹介するのはFWです。昨日紹介したドライバーでは芯食いの秘密に迫れたように思いましたが、このFWを打って「本当にあっていたのかな!?」なんて、ちょっと不安になってしまいました。というのは、おそらくですが、わずかに芯を外していたようなショットの連発だったのです。そんな試打ですが、とりあえず、お付き合い下さい!

まずは見た目から。

デザイン的には、ドライバーがそのまま小さくなった感じでした。

フェースはシャローですが、ドライバーと違ってトップラインの中央がややこんもりしている分、セミディープにも見えました。

でも、ボディを見る限りはシャローですね。結構ストレッチバック形状かつヒップダウンしていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ドライバーとは違った印象ですね。クラウン形状が丸型でした。

今回試打したのはオリジナルカーボンシャフト「VIZARD43」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量307g、バランスD1.5。ヘッド体積188cm3。シャフトスペックは未公表でした。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、やはりSのわりには柔らかめ。しなりポイントもちょうど真ん中あたりでした。ドライバーでは結構トルクがあるように感じたので、手で捻ってみましたが、ドライバーほど捻れ感は感じませんでした。その分よりシャープに振れそうなイメージもありました。

実際に打ってみると、弾道的にはドライバーとそれほど大きな差はないのですが、なぜかスカイトラック的には距離が出ていませんでした。その原因は〝ミート率〟にありそうです。3球平均ミート率1.39はFWでもいまいちですよね。ボクの感覚ではおそらくダウンブロー気味にフェーストゥ側下目に外しているじゃないかと思っています。打点シートで確認していないので、あくまでもボクの感覚ですが・・・。スピン量が多めなのは、今意識しているダウブローの影響かもしれません。ボク的にはドライバーの時と同じ日に同じ意識で振っているので、それほど大きく変わるとは思えませんので、これはボクのスイングとクラブのマッチングかなと。そんな結果になってしまいました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.6m/s、初速57.8m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量3368.8rpm、サイドスピン-546.3rpm、飛距離223.1y
【ベスト】
HS41.6m/s、初速57.8m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量3063.8rpm、サイドスピン-440.7rpm、飛距離227.1y

打感はマイルド系。ドライバー同様ボールのつぶれ感を存分に感じました。音も中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。これまた、しっかりクラブが球を上げてくれる感じでした。ですが、ドライバーとの大きな違いは、スピン量。明らかに多いですが、その理由がいまいち分からないんですよね。ボクの打ち方の問題だとは思いますが、かなり振りやすいモデルであり、重量的にやや軽めなので振れちゃうということもあるかもしれませんね。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。ドライバー同等つかまりがよく、打ち出しからやや左でそこからドローのイメージでした。ただし、ドライバーとは違って、右に打ち出すイメージで打ってもスライスは出ませんでした。

シャフトフィーリングですが、ドライバーよりも捻れ感がすくなくシャープに振れるイメージです。ですが、ボクの場合、いまいち芯を食っていないような感じで、打点がそこで安定するという感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/s±2m/sあたりにおすすめかな。ドライバーではしっかり芯を食っていましたが、このFWでは打点の安定感を実感も、芯を若干外した場所で安定していたような気がします。ボール位置等で改善できそうな雰囲気もありますが、そこまでは試していません。スイングタイプ的にアウトサイドインの払い打ち系で、持ち球的にはフェードおよびスライスの方でしょうね。結果的には不本意ですが、ガチ試打なのでこういうこともあります。ボクの場合FWは今ひとつでしたが、ぜひ皆さんはご自身で1度実際に打ってみて判断してください!!

<本間ゴルフ「XP-1」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(3W)ボディ=AM355+カーボン、フェース=AM355 (5、7W)ボディ=SUS630、フェース=高強度カスタムスチール455
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「VIZARD43」(未発表)
■価格:各1本4万円+税
■発売予定日:2019年9月20日