どーもです。

本間ゴルフのニューモデル「T//WORLD XP-1」シリーズですが、今日紹介するアイアンで終了です。昨日のUT紹介にちょっとふれましたが、このアイアンもかなりつかまりがいいアイアンです。今回スチールシャフトモデルの試打でそう感じたくらいなので、打ててはいませんが、「カーボンシャフトだったら、とてつもなくつかまりのいいアイアンでは!?」なんて思えるほどでした。そんなアイアンを紹介すると同時に、最後なので、ボクなりのブランド総括もしてみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはキャビティアイアンで、かなり低深重心を意識したモデルのようにも感じますね。

フェースはセミラージ。ややトゥが立った感じですが、ネック側の縦幅が短い分、そんなイメージも受けました。

ソール幅はセミワイド。トゥに向かって広くなっていました。

ネックはセミグースですね。横から見ると、かなりフェース下部にボリュームがあるのが分かりますよね。

構えてみるとこんな感じ。ロフト以上にフェースが立っているように見えるのはなぜなのでしょうか!? でも、そんな見た目にも関わらず、実際にガッツリ球を上げてくれるので、その辺の心配は要らないと思います。

今回試打したのはオリジナルスチールシャフト「NSPRO ZELOS FOR TW」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28.5度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量397g、バランスD2。シャフトスペックは未公表。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽めです。グリップも細め。ウッド系よりも細く感じました。スチールシャフトですが、手でしならせても結構しなります。おそらく「ZLEOS7」がベースかと思われますが、ワッグルしてみても結構ヘッドが動いて、いかにもヘッドが走りそうなイメージでした。

実際に打ってみると、イメージ通りでした! ダウンからインパクトにかけて、フェースが返ろうとするのが分かります。重心角がかなり大きいモデルなんじゃないかと思います。さらにスチールシャフトでもヘッドが走るので、ボクの場合、できるだけフェースを返さないように意識して、さらにUT同様右前にヘッドを放り出すイメージで打つ必要がありました。ボクの場合ですが、アウトサイドインを意識してもそのままつかまってしまいました。昨日UTでちょっと書きましたが、UT&アイアンはかなりつかまりを意識したモデルに感じましたね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.3m/s、初速50.3m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量4850.6rpm、サイドスピン-960.8rpm、飛距離170.9y
【ベスト】
HS39.6m/s、初速50.8m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量4986.8rpm、サイドスピン-1085.3rpm、飛距離171.9y

打感はソリッド系。ゴルフ体験主義的には柔らかさと弾き感がいい感じなのをソリッド系としていますが、まさにそんな感じでした。音はやや高めだったかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですね。ロフト角を考えれば、超高弾道といってもいいほどかな! スピン量も少なめですね。このロフトで5000rpmはなかなかのロースピンだと思います。

出球傾向はUT同様ドロー系ですが、右前にヘッドを放り出すイメージで打ってです。いつも通りだとやはりつかまり過ぎで、左に打ち出してそこから腐れフック!! でも、ボクレベルで調整できるのは、何気にうれしいかもです。

振り感ですが、UT同様、ダウンからインパクトにかけて結構ヘッドが走るイメージですね。「Zelos」自体にもそんなイメージがありますが、この専用開発モデルはさらにそこが強調されているように感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/s±2m/s辺りにオススメ。UT同様払い打ち系のスイングで、持ち球的には断然スライサー向けモデルでしょうね。アイアンは狙っていくクラブで、ボクレベルのアマチュアでも#7辺りは狙いたい意識が強いです。そういう意味で、170yを安定しれ狙えれば、これはかなり強い味方になるんじゃないかな・・・なんて実感しました。ロフト角を考えればもうちょっと飛んで欲しいかななんて欲求もありますが、前述通り〝アイアンは狙うクラブ〟を考慮すえれば、左右はともかく、打点がそろうことが縦の距離がそろうのは本質かもしれません。実は〝芯食い〟のメリットを最も享受できるのがアイアンかもしれません!!

というわけで、「T//WORLD XP-1」シリーズのブランド総括です。ボクが打った限りでは、いわゆるオートチック系で、クラブが球を上げ、さらにつかまえてくれるイメージです。いわゆる払い打ち系のフェードヒッター、スライサー向けブランドでしょう。その上で、ドライバー&FWはより飛距離、UT&アイアンはつかまった球が打てるモデルだと感じました。これまでの「BeZeal」と被るように感じましたが、どうやら「BeZeal」は休止のようです。それも納得ですね!! すでに試打会も始まっているようですので、1度〝芯食い〟を体験してみてくださいねぇ~!!!!

<本間ゴルフ「XP-1」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:(#4~#7)ボディ=17-4+&タングステン、フェース=C300 SW(#8~)ボディ&フェース=17-4+
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO ZOLOS FOR TW」(未発表)。カーボンシャフト「VIZARD43」(未発表)
■価格:スチールシャフト装着モデル5本(#6~10)セット10万円+税、単品(#4、5、11、SW)各1本2万円+税。カーボンシャフト装着モデル5本セット12万円+税、単品各1本2万4000円+税。
■発売予定日:2019年9月20日