どーもです。

マジェスティゴルフのニューモデル「マジェスティロイヤル」シリーズを試打できました。週をまたいでですが、今日紹介するのは、マジェスティゴルフ特有のカテゴリー「ユーティリティフェアウエーウッド(UF)」です。個人的にはこのUF、実は苦手だったりします。ですが、挑戦していますので、レポします。

まずは見た目から。

ヘッド自体はやや大きめに感じました。安心感にもつながるとは思いますが、それでもやや大きめかな・・・!?

フェースはシャローですね。トップラインがほぼストレートで、ネックのフェース側からつながっているような一体型になっていました。

ボディですが、ややディープというか、ファット気味ですね。出っ歯ですが、意外にハイバックだったりします。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ネックのフェース側から削るこのフェースの切り方になんか違和感があって・・・。あくまでも個人的な意見ですが、ボクは腐れフッカーですのでw

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「MAJESTY LV530」SRフレックス装着モデルの4UF。スペックは、ロフト角21度、ライ角58.5度、長さ41インチ、総重量311g、バランスD1。ヘッド体積135cm3。シャフトスペックは、重量46g、トルク4.5、全体しなりです。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽めでグリップも細めでした。一般的な同ロフトモデルに比べると長めですが、ヘッドがやや大きな分、それほど長さは気になりませんでした。シャフトを手でしならせてみると、FWとほぼ同じイメージでした。しなりポイントもちょうど真ん中辺りですが、素振りしてみると、まるでムチのように全体がしなりますね。その中でもFW同様、若干ヘッドが走る感じはありました。

実際に打ってみると、まずつかまりがかなりいいです。FWで感じた以上につかまりがいいイメージで、腐れフッカーのボクにはつかまり過ぎのイメージでした。その分、右前にヘッドを放り出してやるイメージが必要でした。ボクがこのUFで苦手としているのは、実はこのつかまりです。見た目でもかなりつかまりそうなイメージですが、実際にもかなりつかまるクラブなので、ボク的にはかなり逃がすようなイメージが必要になるので苦手なんです。まっとうに判断すれば、見た目のイメージ通りの弾道を打てるモデルですので、フェードヒッターやスライサーにおすすめです!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.2m/s、初速55.2m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量4164.2rpm、サイドスピン-511.8rpm、飛距離197.4y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速55.3m/s、打ち出し角14.5度、バックスピン量3863.4rpm、
サイドスピン-612.2rpm、飛距離198.8y

打感はマイルド系ですね。このUFも球のつぶれ感を存分に味わえますが、やはり芯を外すと硬さはあります。これはこのUFに限らず、これまでに紹介したドライバー&FWも含めてですが、ミスヒットでもそれほど大きく飛距離は変わりません。ミスヒットをクラブがカバーしつつ、芯を外したことはしっかりプレーヤーに伝えてくれるモデルだと思います。音はFW同様、中高音系ですが、やや高さが強調された感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、超高弾道です。このUFも球を上げようなんて意識は、一切不要です。払い打ち系でも、しっかりクラブが球を上げてくれます。この組み合わせだと、むしろ打ち込むタイプだと吹け上がるかもしれません。ボクはレベルブローを意識しました。

出球傾向は、ボクのスイングでフックです。いつも通りのスイングだとフックで、さすがに強めのドローというのもおこがましいくらいでした。意識としてインサイドアウトで右前にヘッドを放り出してやるイメージでドローですが、当然ですが、動画のようにプッシュアウト傾向も強くなります。もちろん、これはボクのスイングの問題ですので!!

シャフトフィーリングですが、SRということで硬さ的にはFWとほぼ同じかな。UFも切り返しからインパクトにかけて、ムチのように全体でしなりつつも、ややヘッドが走る感じでした。でも、トルクのわりには捻れ感が少なく、シャープに振れるイメージもありました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/s±2m/s辺りにオススメかな。スイングタイプ的にはレベルブローおよび払い打ち系のスインガー向けで、持ち球的には断然スライス系の方におすすめです。このクラブは、フッカーNGだと思います。とはいえ、このUFのロフトのわりは飛んでいますよね!! UFはシャフトを長くしてFW感覚で打てるUTだと思います。ボクは見た目から抵抗感がありますが、おそらく払い打ち系のスライサーにはかなり実戦的な武器になってくれると思います!

<マルマン「マジェスティ ロイヤル」UF>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:7.5▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=カスタム450+チタンウエート、フェース=TSP910チタン
■ロフトバリエーション:3UF=18度、4UF=21度、5UF=24度
■シャフト(重量/トルク/調子):「MAJESTY LV530」(S=48g、SR=46g、R=44g/4.5、R2=43g/4.6./全体しなり)
■価格:各1本6万円+税
■発売予定日:2019年9月6日