どーもです。

千葉・習志野カントリークラブキング&クイーンコースのキングコースをラウンドしてきました。最初に言っておきますが、今回、写真がありません。もちろん、いつも通り写真を撮りながらラウンドしましたが、その写真を整理している際に全て消去するという、とんでもないミスを犯してしまいました。なお、同ラウンドはPRGR「egg5500」シリーズの試打ラウンドでしたが、クラブの写真がセーフ!! 写真が全くないのも寂しいので今年2月、同コースをラウンドしているので、その時のティイングエリアからの写真をアップしておきます。真夏なのに芝が寒々しいのですが、イメージということで・・・。本当にアホですわ(涙)

今回PRGR「egg5500」シリーズの試打ラウンドですが、同シリーズはドライバー2モデル、FW、アイアン型UT、アイアン2モデルをラインアップしています。ということで、前半アウトコースは「egg5500」ドライバー

「egg」アイアンを使用。

パターもPRGRですが、4モデルをランダムに使用です。ボールは「RSスピン」使用でした。

今回もキングコースAグリーンのレギュラーティ使用で、アウト3,299y、イン3,379y、トータル6,678y。コースレートは「71.3」。グリーンセッティングはスティンプメーター9.5フィート表示でした。

なおプレー当日は、ムチャクチャ風が強く、最大風速10m/sでした。その分、過ごしやすい気候でしたが、ゴルフ的にはちょっと厄介かな。

1番は379yミドル。

風はフォロー。同伴者のみなさんがUTでティショットを打っていたので、ボクも5Uティショットでしたが、カス当たり!! でも、辛うじてFWキープ。残り198y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)ですがここは左ドッグレッグなので狙えません。というわけで刻みですが、この「egg」アイアン、超ストロングロフトなのでどれだけ飛ぶかがわかりません。ロフトを確認してA/Sで刻むも、飛びすぎて右ラフ。残り120yは「A/S」でピン左手前3yにオン。2パットでボギー。

2番は347yミドル。

風はフォロー。ここはeggスプーンでティショット。いい感じでFWキープ。これ、メッチャ飛んでいました。フォローの風に乗ったとはいえ250y(ガーミン値)って!! 残り88yは「S」でしたが、これをコスってグリーン右ラフ。ピンまで13yは「A」寄せでしたが、ピン手前5yと寄らず。2パットでボギー。

3番は159yショートですが。この日は138y。

風は右から左。いつもなら#9ですが、距離がまだつかめていません。「A」ティショットはいい感じでしたが、林から上に出た瞬間風に持って行かれました。結果ピン左11yにオン。2パットでパーセーブ。

4番は583yロング。

風はフォロー。「egg5500」ドライバーのティショットはプッシュアウトからのフェードで右ラフ。残り348yeggスプーンもカス当たり。残り176yから風もみて#8ショットでしたが、フライヤー&フォローの風でまさかのグリーンオーバー!! 隣のティイングエリアまで行っていました。残り43yは「S」で林抜けでしたが乗らず。ピンまで21y「A」寄せは、打ちすぎてピンを5yオーバー。2パットで素ダボ。

5番は420yミドル。

風は右から左。風に乗せることを意識した「egg5500」ドライバーのティショットでしたが、風に負けずプッシュアウト状態。結果、右の林の中。#9で1回出したけど左ラフ。残り93y「A/S」ショットは飛びすぎてピン奥16yにオン。3パットで連続素ダボ。

6番は159yショートですが、この日は140y。

風は右から左。「A」ティショットは当たりが薄くグリーン手前。ピンまで12y「A」寄せはピンに絡んで、1パットのパー。

7番は377yミドル。

風はフォロー。「egg5500」ドライバーのティショットは、ここもプッシュアウトからのフェードで右ラフ。残り150y「A」のショットですが、これは頭をぶっ叩くミス。残り101y「S」ショットはピン奥12y。かろうじて2パットでボギー。

8番は498yロング。

風はモロアゲ。「egg5500」ドライバーのティショットは、いい感じでしたがやや左で左ラフ。でも風の影響で210yしか飛んでいませでした。残り284y打ち下ろしの4UTショットはやや右で右ラフ。残り98y打ち上げを「A」で打ちましたが、これは下を抜けた感じでバンカー。残り26y「S」のバンカーショットはホームラン!! グリーン奥の崖の上から33y「A」寄せは悪くない感じですが、ピンを3yオーバー。2パットで素ダボ。

9番は377yミドル。

風はモロ上げ。「egg5500」ドライバーの当たりはイマイチで左ラフ。残164yは#8でしたが、さすがに届かずグリーン手前。ピンまで10y「A」寄せがピンに絡んで1パットのパー。

前半は9オーバー「45」で17パット。1度も打っていない試打クラブのラウンドにしては、それほど悪くない結果だと思います。そもそも試打ラウンドでスコアを付けること自体、ゴルフ業界ではまれだったりします。ボクの場合、ラウンドネタも重要ですからね~!!

と言うわけで前半投入した「egg5500」のドライバー&アイアンの簡単なインプレッションです。

「egg5500」ドライバーですが、今回投入したのは10.5度でカーボンシャフト「M-43」を装着したモデル。ワッグルしてみると、かなり柔らかく、フッカーのボクには正直つかまりすぎる印象でした。その結果、4番は「右に打ち出そう!!」を意識した結果、右に打ち出してからまさかのフェード!! ボクは意識してもフェードが打てないので、頭の中は「?」が渦巻いていました。前半使ったイメージとしては、この長さでデカヘッドの低深重心ヘッドの組み合わせは、一端フェースが開くといくら重心角が大きくてもヘッドが戻らないんだなと感じました。出球を見る限り、かなりスピン量少なめの強弾道で、直進性の高さは実感できました。シャットに引いて打てる人向けで、いわゆる今風なドライバーでした。なお、ガーミン「アプローチS80」による飛距離使用5Hの結果ですが、アゲもフォローも打ち上げも打ち下ろしも込みで224.4y。最長は7番の234yでした。

「egg」アイアンですが、飛びます!! これは間違いありません。ですが、番手とロフト、シャフト長を考えれば、それにも納得です。試打ラウンド時に「TUNE」のアイアンもありましたが「TUNE」の#9よりもeggアイアのPのほうが、ロフトが立っているし、シャフトも長かったです。そういうクラブですが、ボク的には番手の概念が・・・w でもですよ、冷静に考えれば、それだけロフトが立っているにもかかわらず、あれだけ球が上がりやすいのはマジでクラブの進化だと思います。このアイアンもカーボンシャフト「M-43」モデルでしたが、ワッグルほどフェースの返りを感じなかったのは、フッカーのボクには悪くない感じでした。