どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB JGR」シリーズを試打できました。今日紹介するのはFWですが、今日が発売でした~!! このFW、レンジで打つ限り、データ的にはスピン量多めで距離的にはイマイチの結果でした。が、弾道を見る限りではドライバーなみの球の上がり方で、そこまでスピン量が多めに感じませんでした。データでは計れない感覚部分として、このFWもぶっ飛びです!! というわけで、いってみましょう。

まずは見た目から。

FWですが、デザイン的には先代とは全くの別モノですね。ドライバーのイメージを踏襲し、ドライバーで採用された新技術「SP-CORE」部分に「リジッドリブ」が採用されています。「リジッドリブ」は先代ドライバーに搭載された「パワーリブ」の一種でしょう。いずれ、「SP-CORE」を搭載したFWも出るのかな!?

フェースはシャロー。形状的には先代とほぼ同じに見えましたが、若干ディープになったのかな!? 実際に計測したわけではないので、あくまでもボクの主観ですw そうそう、先代から3W、5Wはフェースがマレージングに変更されていましたが、今作もそこは踏襲しています。

ボディもシャローですね。ただし、先代に比較するとややストレッチバック形状になったような印象でした。その分重心深度が深くなり、ミスヒットへの寛容性を高めていると思われます。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。ヘッド体積は先代比+5cm3ですが、クラウンの見え方は結構小振りみ見えました。横からみるとややストレッチバック化しているように見えたにも関わらず、構えてみるとそれほど大きさが変わらない印象でした。

今回試打したのは、オリジナカーボンルシャフト「TOUR AD for JGR TG2-5」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角59度、長さ43インチ、総重量307g、バランスD2。ヘッド体積180cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップも気持ち細めでしたね。シャフトを手でしならせてみると、やはりSにしてはやや柔らかめ。しなりポイントはちょうど真ん中辺りでした。ドライバーで感じた手元の柔らかさは感じませんでした。ワッグルしてみてもかなり素直な挙動で、素振りしてみてもわりとニュートラルなイメージでした。

実際に打ってみると、やはり球の上がり方にふれないわけにいきません。ティアップしている影響もあると思いますが、ガッツリ球が上がります!! 念のため直打ちも何球か打ちましたが、まぁ~マジで上がりますわ!! FWの直打ちに苦手意識のあるボクでもガッツリ球が上がるので、これはかなり実戦的なFWだと思います。ただし、気になるのはスピン量。このマッチングだと若干スピン量が多めでした。弾道の見た目的にはそれほど気になりませんでしたが、スカイトラックのデータ的にはやや多めかなって。

スカイトラックの弾道はこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.2m/s、初速60.3m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量3862.8rpm、サイドスピン-737.5rpm、飛距離228.5y
【ベスト】
HS41.5m/s、初速60.3m/s、打ち出し角17.7度。バックスピン量3745.7rpm、サイドスピン-815.2rpm、飛距離229.7y

打感は柔らかめ。先代はソリッド系としていましたが、今作は柔らかめに感じました。音はやや高めでしたが、それでも柔らかめに感じましたね。一昔前のマレージングのカッチカチ感はまったく感じませんねぇ~! こんなところで時代を感じるとはw

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、こちらも超高弾道といっていいかも!! ドライバー同様球を上げようなんて意識は一切不要で、その辺はクラブがキッチリ仕事をしてくれます。ただし、前述通り気になるのはスピン量。弾道の見た目で気にならなくても、数値で見ちゃうと気になってしまいます(笑)

出球傾向は、ボクのスイングでやや強めのドロー系。とはいえ、打ち出し方向も含め出球がそろうのはうれしいですね。打ち出し方向と言えば、ドライバーほど左に出なかったのはシャフトとのマッチングかもしれません。

そのシャフトフィーリングですが、Sのわりはやや柔らかめです。でも、ヘッドとのマッチングがいいのか、打ち出し方向がドライバーほど左に行きませんでした。むしろ右に打ち出して戻ってくる感じで、腐れフッカーのボクとしてはイメージ通りの弾道が打ちやすいマッチングでした。確かに、ドライバーではダウンからインパクトにかけてややヘッドが走る感じがありましたが、このFWはかなり自然な感じでいかにも中調子といった感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメです。球の上がり方を考えれば、このFWも払い打ちタイプにおすすめでしょう。つかまりはまずまずなので、持ち球的にはフェード系の人向けでしょう。でも、挙動が素直なのでヒッタータイプのフッカーでも受け入れる間口の広さを感じました。ただし、この組み合わせだとマジヒッターはスピン量が気になるところでしょう。HS43m/s以上のヒッタータイプはカスタムシャフトがおすすめかもしれませんね。何はともあれ、球の上がり方がハンパないので、FWに苦手意識のある方におすすめしたいモデルに感じました。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB JGR」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9.5▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=SUS620ステンレス フェース=3、5W:HT1770Mマレージング綱、7W:SUS630ステンレス
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「JGRオリジナルTG2-5」(S=51g/5.7、SR=50g/5.8、R=49g/6.0/中調子)。「Air Speeder JGR」(SR=45g/6.7、R=40g/7.0/中調子)。「Speeder569EVOLUTIONⅥ」(S=56g/4.9/中調子)。「ツアーAD XC-5」(S=56g/4.2/中元調子)。
■価格:「JGRオリジナルTG2-5」「Air Speeder JGR」装着モデル1本3万6000円+税。「Speeder569EVOLUTIONⅥ」「ツアーAD XC-5」装着モデル1本5万1000円+税。
■発売予定日:2019年9月13日