どーもです。

ブリヂストンゴルフのニューモデル「ツアーB JGR」シリーズですが、今日紹介するHF3アイアンがオオトリです。先代ではHF1HF2と2つのモデルをラインアップしていましたが、今回はこの1モデルのみ。形状を見る限りHF2の流れを汲むモデルなのかなと想像しましたが、果たしてその通りなのでしょうか。さっそくいってみましょう!

まずは見た目から。

「HF2」に比較するとバックフェース下部の厚みがかなりボリュームダウンしているので、「HF2」ほど深重心を意識したわけではなさそうですね。また、「HF3」はトゥ・ヒールバックへのウエート配置が強調されていました。より高慣性モーメントを意識したモデルで、ミスヒットへの寛容性を高めたモデルだと思います。

フェースはセミラージかな。ブリヂストンゴルフらしい形状ですね!! 形状的には「HF2」と同じように見えました。

ソール幅はセミワイド。「HF2」とほぼ同じ幅に見えましたが、「HF3」はトレーリングエッジが設定されているので、実際のソール幅はごく一般的かなと思います。

ネックはセミグースネックですね。ボディ形状的には、「HF2」よりも低重心を意識したような感じでした。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードはやや厚めですね。#7ですが、結構ロフトが立っているようにも見えます。でも、そのわりには難しそうに感じないオーラがあるから不思議ですねぇ~!

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH neo」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量417g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトですが、最近この「NSPRO950GH neo」の標準装着モデルが増えてきましたね! 「NSPRO950GH」よりは手元のしっかり感が増しているように感じていますが、その辺は後日比較レポしましょう!! スチールシャフトなので、手でしならせてもそれほどしなりませんが、しなりポイントは中間よりやや先辺りに感じました。素振りしてみても、シャープに振れそうなイメージでした。

実際に打ってみると、非常にクセがないのが第一印象でした。〝誰の色にも染まります!!〟的な使い手を選ばない受け入れ間口の広さを感じました。ロフト角を考えれば球がガッツリ上がります。つかまりも、腐れフッカーのボクが普通に打っても程よりつかまりでした。フェースが返ろうという動きこそ感じますが、返りすぎないのはかなりの好印象でした。しかも、スピン量が少ないっす!! これにはビックリでした。「HF2」は#6で27度でしたが、「HF3」は#7で28度。そう考えると「HF2」試打時が絶不調だったことを差し引いても、球の上がり方や飛距離など、確実なクラブの進化を感じました。

スカイトラックの弾道はこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.3m/s、初速50.3m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量4400.7rpm、サイドスピン-887.1rpm、飛距離176.8y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速50.9m/s、打ち出し角16.8度。バックスピン量4214.3rpm、サイドスピン-1172.8rpm、飛距離177.1y

打感はマイルドですわ~! 「HF2」も分厚いインパクトでしたが、この「HF3」もかなり分厚いインパクトでした。音も中高音系のシャッター音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道ですが、ロフトを考えれば超高弾道といっても過言ではないかなw しかもこの動画は、たまたまですがかなり芯を食った感じの手応えで、我ながら「おっ!!」となって、データを確認すると185yって!! アイアンは飛びすぎても困りますが、MAX飛距離のポテンシャルは感じました。ぶっ飛び系の顔をしてないけど、ぶっ飛び系の要素も兼ね備えているようにも感じました。で、スピン量は総じて少なめですね!

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。前述した通り、ボクが打ってもつかまりすぎないのが好印象でした。重心角が大きめのモデルにも感じますが、ヘッドがギュンと返る印象がなかったです。この辺はシャフトとの相性かもしれません。

そのシャフトフィーリングですが、「NSPRO950GH」ではインパクト時のグニャリ感を感じることが多かったのですが、少なくとここの「同neo」では今のところ感じたモデルがありません。「NSPRO950GH」よりも手元のしっかり感が増し、インパクトでボールを押してくれるような感じでしたね。そういう意味で、このシャフトは「NSPRO950GH」に続いて大ヒットの予感がします!

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメ。前述通り、払い打ちだろうが、ヒッタータイプだろうがある程度までは受け入れてくれそうな懐の深いアイアンにように感じました。アマチュアゴルファーの最大公約数をガッツリつかみそうな性格付けのアイアンかな! あえて難を言えば、激芯なのか、ボクの打ち方なんかわかりませんが、飛びすぎるかもしれないこと。180yオーバーは動画撮影で出たたまたま1発だけですが、これがコースで出るとちょっと怖いなと・・・

週またぎで紹介してきた同シリーズですが、「飛距離モンスター」のコピー通りの実力を実感できました。ドライバーではドラコン確率50%で最大距離265yをマーク。ボクの平均飛距離は235yですからね・・・!! 全体的に球が上がりやすので、ボクとしては扱いやすいシリーズです。ですが、ドライバーとHBは若干つかまり過ぎる傾向を感じました。FWとアイアンはほどよいつかまりだったように思います。気になったのはそこですが、あとは敢えて書いたアイアンが飛びすぎる可能性があることかな。

<ブリヂストンゴルフ「ツアーB JGR HF3」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=軟鉄、ポリマー フェース=Ultimate Strong Metal2.0
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「JGRオリジナルTG2-IR」(S=62g、R=60g/3.3/中調子)。「Air Speeder JGR for Iron」(Rフレックス相当=50g/3.5/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH neo」(S=98g/1.7/中調子)。「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)。
■価格:「JGRオリジナルTG2-IR」「Air Speeder JGR for Iron」装着モデル5 本(#6~PW)セット10万5000円+税、単品(#5)1本2万1000円+税。「NSPRO950GH neo」「NSPRO MODUS3 TOUR 105」装着モデル5本セット9万5000円+税。単品1本1万9000円+税。