どーもです。

今話題のスチールシャフト、日本シャフト「NSPRO950GH neo」を試打できました。同シャフトはほぼ全てのメーカーのスチールシャフトで標準装着されている軽量スチールシャフトの代名詞ともいえる「NSPRO950GH」の継承モデルです。1999年の発売から20周年を向けた今年、〝継承〟モデルが登場!! 緑のロゴが新鮮ですね。「NSPRO950GH」との同時比較試打をしてみましたので、お届けしましょう!

「NSPRO950GH」の発売当時は、まだゴルフを始めたばかりでした。もちろん、道具にまで気が回っていなかったため、まったく記憶にありません。クラブに興味を持ち始めたころにはもう「NSPRO950GH」が軽量スチールシャフトの代名詞となっていて、各メーカーのスチールシャフトには標準装着されていました。

そんな2000年当初のアイアンと言えば、今のように球が上がりやすいモデルはなく、ほとんどがダウンブローに打ち込まないと球が上がらないモデルが多かった時代だと思います。この20年、特に過去10年でアイアンは大きく進化しています。ストロングロフト化が進み、ヘッド自体も大きくなり、低深重心化モデルがほとんどです。

そんなヘッドの変化に対応すべく登場したのが、「NSPRO950GH neo」ですね!「NSPRO950GH」の名を残しているのは〝後継〟ではなく、〝継承〟という同社の強い意思のようです。

コスメはこんな感じ。グリーンロゴが鮮やかですね!!

というわけで実際に打ってみました。

試打モデルはエポン「AF505」の#7。このヘッド自体も今回初体験だったので、これは明日あらためてレポします。

まずは「NSPRO950GH」ですが、スカイトラックの弾道データはこんな感じで

こちらがその各球データです。

シャフトフィーリング的には、かなりニュートラルに振り切れますね。「NSPRO950GH」はヘッドとの相性でインパクト時にグニャリ感を感じることもありますが、この「AF505」とのマッチングでは感じませんでした。さすが各メーカーが標準装着する人気モデルだけあって、シャープな振り感はかなり心地良いです。ちょうど真ん中辺りがしなる感じなので、切り返しのタイミングが取りやすく、ダウンからインパクトにかけてのしなり戻りも自然な感じでした。払い打ち系でもある程度ダウンブローに打ち込みやすいモデルだと思います。この辺が20年間支持を得た理由でしょう。

余談ですが、上級者が好むスチールシャフト「ダイナミックゴールド」は切り返しで手元がクッとしなってタメを作ってくれる感じです。その手元からしなる感じは、ある程度のパワーと技術がないとダフる傾向が強くなると思います。その辺を解決したのが「NSPRO950GH」だったように思います。これが狙いか、それとも結果論だったのかは、ボクには分かりませんけど・・・w

続いて、「NSPRO950GH neo」です。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

同じ日に同じ条件で打ちましたが、結果だけみれば「NSPRO950GH neo」のほうが3球平均で約5y飛んでいました!! これ、何気にすごいことですよね。打ち出し角も約1度高くなっているし、スピン量もわずかですが減っています。正直この結果には、打ったボク自身も驚きでした。

シャフトフィーリングですが、「NSPRO950GH」同様に中調子をうたっていますが、「NSPRO950GH neo」のほうが中間あたり、ちょうど緑色のロゴ辺りにしっかり感があったように感じました。その影響か先端部がより走るようなイメージもありましたが、まぁ、この辺はヘッドとの相性でもフィーリングは変わりそうですね。でも、少なくとも低深重心モデルとの相性はかなり良さそうです。ボールを押してくれるイメージですね。シャープな振り感は継承しつつ、今風アイアンの性能を最大限に引き出すように作られていることを体感できましたし、データ的にも確認できました!

再び、名器の予感が…!!