どーもです。

ミズノのニューモデル「ミズノプロ」シリーズ最新モデルアイアンですが、今日紹介するのは「ミズノプロ120」です。「ザ・マッスルバック」ですね。マッスルバックも最近は、球が上がりやすいという最低限の打ちやすさはどのモデルでも確保されていると思います。その上でどんな性格なのかは、正直重箱の隅をつつくような作業ですが、敢えてそこに挑戦してようと思います。が、分からなかったらすみません(笑) では、いってみましょう!

まずは見た目から。

ザ・マッスルバックですが、「ミズノプロ118」はバックフェースの厚みのラインがストレートでしたが、「ミズノプロ120」は山がトゥ側に設定されています。これは重心位置をややトゥ側に持ってきたということでしょう。若干重心距離が長くなったことを感じさせますが、とはいえマッスルバックですからね!

フェースですが、小顔です。「ミズノプロ118」同様第一印象は「小っちゃっ!!」でした、形状的には「ミズノプロ118」とほぼ同じで、この辺はミズノのマッスルバックの伝統でしょう。

ソール幅は狭め。「ミズノプロ118」に比較しても、気持ち狭めに見えました。

ネックはストレート。そしてこの「ミズノプロ120」の変化を最も感じられるのがボディです。「ミズノプロ118」に比較すると、明らかに重心深度が深くなっているが視認できると思います。また、トップブレードの厚みに逆テーパーブレードが採用されていました。

構えてみるとこんな感じ。見た目からは難しさしか感じませんが、それでも「ミズノプロ118」に比べると、若干の安心感がありました。

今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールド120」S200フレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量430.7g、バランスD2.5。シャフトスペックは、重量118g、トルク1.7、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には良い感じ。数値的にみると、やや重いかななんて思いましたが、不思議とそれほど気になりませんでした。グリップの太さも良い感じ。「ミズノプロ520」とほぼ同じ太さでした。シャフトを手でしならせてみましたが、かなり力をいれないとしなりません。まぁ、当然ですけど。ワッグルしてみてもヘッドが動く感じはなく、素振りしてみても、素振り程度ではしなり感は感じません。その分、シャープに振れそうなイメージですけどね!

実際に打ってみると、もちろんマッスルバックならではの操作性の高さに加え、打点のシビアさや、スイングのミスに対するシビアさがあります。良いスイングをすれば、良い結果が出る。それがマッスルバックの個性だと思っています。そう考えると、ボクでも弾道がそろうのがうれしい結果ですし、良いスイングができた結果だと思います。たまたまかもしれませんが、それでも褒められているようにも感じますねw 冒頭、「敢えて重箱の隅を突っつく」なんて言いましたが、ここに告白します。ボクには重箱の隅を突っつく実力がありませんでした!! ただし、これはあくまでも個人的なフィーリングですが、「ミズノプロ118」よりはミスヒットの寛容性が、若干ですが高くなっていたようにも感じたかな。あれっ!? これが、重箱の隅を突っつくってことかな(笑)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.0m/s、初速49.8m/s、打ち出し角20.2度、バックスピン量5607.2rpm、サイドスピン-880.3rpm、飛距離169.3y
【ベスト】
HS39.4m/s、初速50.5m/s、打ち出し角20.1度、バックスピン量5531.1rpm、サイドスピン-923.0rpm、飛距離174.3y

打感はマイルド!! 「ミズノプロ520」同様フェースに吸い付くようなマイルドさでした。なお、音は「ミズノプロ520」よりも気持ち中音域が強調された感じでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですが、これはある程度ダウンブローに打ち込めてでしょうね。さすがに払い打ちではちょっと球が上がらないかもしれません。まぁ、重量も重量だし、マッスルバックだし、払い打ち系にはおすすめしません!! スピン量ですが、ロフトに対して適量かと思います。

出球傾向は、ボクのスイングで主にドロー系ですが、スイング次第です。つかまえようと思えばつかまるし、逃がそうと思えば逃がせます。最近フォード系の打ち方もなんとかく分かってきたボクとしては、意識してフェード系も打てました。

シャフトフィーリングですが、さすが「ダイナミックゴールド」です。50歳にはなった今のボクには若干厳しくなった感はありますが、やはりボクには手元のしなり感があるシャフトが合っているようです。切り返しのタイミングが取りやすかったです!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS43~45m/s以上におすすめ。マッスルバックという見た目から来るシビアさに耐えうるメンタルと技術の持ち主向け。まぁ、最低でもレベルブローに打てる技術は必要かと思います。ボクレベルで感じたのは「ミズノプロ118」よりも若干ですが、ミスヒットの寛容性が高くなっていたことかな。最近のぶっ飛び系アイアンでは、ヘタすると飛びすぎのミスもあり得ますが、この「ミズノプロ120」は一切その心配がありません。それがこのアイアンのというか、マッスルバックの強みかと思います。芯を食えばロフトなりの距離が出て、芯を外せばそれが出ないだけです。ミスをカバーしてくれる範囲が狭い分、〝飛びすぎ〟というある種の〝ミス〟に対する読みの振り幅は少なくなるアイアンでしょう。

<ミズノ「ミズノプロ120」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=マイルドスチール(S25CM)
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールド」「NSPRO MODUS3 TOUR120」「NSPRO950GH neo」。カーボンシャフト「MFUSION i」「OTi85」「MCI80」「ツアーAD75」ほか。
■価格:スチールシャフト「ダイナミックゴールド」装着モデル1本1万9000円+税、「NSPRO MODUS3 TOUR105」「NSPRO950GH neo」装着モデル1本2万円+税。カーボンシャフト「MFUSION-i」装着モデル1本2万1000円+税、「OTi85」装着モデル1本2万6000円+税、「MCI80」装着モデル1本2万4000円+税、「ツアーAD75」装着モデル1本2万5000円+税。